梓川河童のページ

アクセスカウンタ

zoom RSS 百万円は大金か小遣いか

<<   作成日時 : 2017/03/19 22:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


『百万長者』という言葉があった。過去形で表記したのは、今や殆ど死語になっているからである。今では、軽自動車の一番グレードの低いタイプでも百万円では買えない。JR西日本が発表した豪華寝台列車の2泊3日の料金は125万円である。海外旅行ではなく西日本を一巡するだけの料金である。その予約競争率が最高で68倍の人が殺到したという。

月々二十数万円の年金受給者で、折込広告を見て目玉商品を目当てにスーパーへ走る我々庶民が、突然篤志家から百万円の札束の提供を受けたとしたら、その充足感は計り知れないものがある。例えば、私が百万円を貰ったとしても、その資金で何に使うかは急には思いつかない。

百万円ものまとまった金を提供した人は、その人にとっては些細な額だったとしても、何のために渡すのかの理由を説明する。どんな資産家でも百万円の金額はポケットから直ぐに取り出せる額ではない。普通は支払先とその理由を申告する必要がある。

ところが、貰ったと言っている人に対して、私は払っていないと強弁している人がある。百万円というまとまった金額なら、通常は大手を振って「私が払いました」という筈なのに、百万円もの大金を支払いながらそれは知らないと否定する庶民感覚からずれたやりとりが今世間を騒がせている。貰った人の話では、「主人からですよと言って奥様から頂きました」と言う。その主人はムキになって否定しているが、当の奥様は常に一言多いのに、この件については何のコメントもない。

空気の読めないこの奥様は、百万円はハシタガネで主人のために自分の小遣いから出したと見える。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
百万円は大金か小遣いか 梓川河童のページ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる