梓川河童のページ

アクセスカウンタ

zoom RSS 問題隠しの森友保育園事業停止

<<   作成日時 : 2017/05/12 21:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

大阪市長は、森友学園系列の認可保育園が、基準を満たす保育士の人数確保を命じた業務改善命令の履行ができていないとして、事業停止命令を出す検討をすると発表した。森友問題については、国有地の格安払下げから端を発し、安倍晋三記念小学校の認可、政治の関与など、官への疑惑が一転して、森友学園の不正経理疑惑、学校法人申請不備など、森友学園に矛先が向けられた。ここに何か作為の匂いがする。

つい一年前まで、鐘と太鼓で官を挙げて小学校設立が応援され、認可妥当とのお墨付きを与えた大阪府までが、掌を返したような学園への攻撃的な態度に、籠池理事長ならずとも、「大阪府に梯子を外された」との印象が強い。

今や、マスコミ報道は森友学園側の詐欺まがいの違法行為に焦点を当てているが、これが政権側の思う壺である。国有地の法外な格安払い下げ問題、阿倍総理夫人の百万円寄付問題、稲田防衛大臣の学園との関与の問題など未解決の問題から国民の眼を逸らせようとする姿勢がありありと見える。

この点にメスを入れないマスコミもマスコミである。政権の圧力により報道の自主規制で問題の本質に深入りしないのなら、残る道は市民オンブスマン・グループによる特捜部への法的手続きか、田中金脈問題を追及した立花隆チームのようなペンの力である。ここには、今の野党による追及の期待はない。

総理夫妻の森友学園への関与にフタをして、学園側の違法手続きばかりに矛先を向けるのであれば、かかる学園に教育理念に共感し、国有地をタダ同然で払い下げ、名誉校長まで引き受けた責任を追及すべきである。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
問題隠しの森友保育園事業停止 梓川河童のページ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる