梓川河童のページ

アクセスカウンタ

zoom RSS 就寝中に急激に足がつる

<<   作成日時 : 2017/05/17 22:36   >>

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


昨年暮れあたりから、就寝中に急に足の親指が反れ返ったり、ふくらはぎが痙攣する、つまり“こむら返り”の症状に襲われるようになった。それが嵩じて、昼間に立っていてもふくらはぎの筋肉に鈍痛のような違和感を持つようになっている。

毎朝1万歩のウォーキングや過去には中山道始め旧街道歩きを続けて、足には自信があり、適度な運動と医師から薦められていたのに意外な身体の反応である。手持ちの血圧手帳には、「適度な運動をすること。ウォーキングや軽いジョギングなどは高血圧に有効だが、自分勝手な運動は危険。医師の指導を受けること」という気になる記述もある。知人は、「歩き過ぎでは?」という。

椎間板ヘルニア除去手術で世話になった医師は、「1日1万歩を提唱する専門家が多いが、科学的根拠は希薄。整形外科医としては賛成しない」と言っていた。脚の痙攣はその報いと思いたくない。

かかりつけの内科医に相談すると、漢方薬の芍薬甘草湯を毎夕食前に服用するよう薦めた。3ヶ月経っても効かないというと、朝も飲むよう増量してくれた。ネットで調べると、“芍薬甘草湯エキスは第二類医薬品で、継続して服用するのは一寸怖い”とある。慌てて服用をやめた。

尚も調べると、夜中の“こむら返り”はマグネシウムの不足“とあり、サプリメントの服用が薦められている。私はサプリメントに本能的な不信感がある。『一か月分通常価格7千円を初回限定で送料込み980円』とあると益々信用が持てない。

結局、従来通りウォーキングを継続して運動量を確保し、毎夜“こむら返り”を覚悟することにした。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
就寝中に急激に足がつる 梓川河童のページ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる