梓川河童のページ

アクセスカウンタ

zoom RSS タダが有料になった失望感

<<   作成日時 : 2017/09/12 21:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

米国ワシントンポスト紙にメールで無償購読登録したのが2004年9月4日だから既に13年になる。パソコンの受信ホルダーに“Thank you for Registering!”として、「今後アクセス頂くだけで、当社が提供する全ての質の高い情報を無料でご覧頂けます」と登録確認の入電が残してある。

その挨拶文の通り、10年以上の長い間、毎日朝・昼・夕の三回、記事の見出しと夫々のurl の案内がメールで来信している。これはと思う記事のサイトを呼び出せば、長文の記事や写真、動画がタダで見られた。同じ日に同時登録したNYタイムズが、早くから「一ヶ月に10回以上クリックすると有料」としたのに比べ、太っ腹な営業政策と感服していた。

そのワシントンポストが、先月より希望のサイトを呼び出しても、一瞬見出しが現れて直ぐに画面が真っ白になるようになった。どの記事を選んでも同様である。メールで来信の見出しリストだけでない。ネット上の同社のサイトを呼び出して選んだ記事も、同じ現象となる。

この9月に入ってアクセスすると従来通りフル画面が現れた。念の為アクセス回数をメモして置くと5回までは正常、以降は記事が霧の中に消えるように見えなくなった。

NYタイムズは月10回まで無料との予告があった。事実今でも、“今月は後何回まで見られます”の表示が出る。しかし、ワシントンポストは予告なしの措置だった。

今までタダだったのが有料となると、なんとなく損をした気になる。しかし、日本の日経や朝日も記事の途中で、「ここからはログイン」など有料サイトとなっているのが多い。タダで読もうとするこちらがセコイのかも知れない。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
タダが有料になった失望感 梓川河童のページ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる