アクセスカウンタ

<<  2018年5月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ

タイトル 日 時
今日読み終わった本―「教養人の世界史」
今日読み終わった本: ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/05/30 17:42
迫真の事故現場実況録画
迫真の事故現場実況録画 技術の発達で、事故現場の衝撃的なシーンが生々しく再現出来るようになった。監視カメラ、ドライブ・レコーダ、常時携帯しているスマホで現場に居合わせた人による録画などである。ただ問題の光景が、何故予期していたように撮影出来たのか疑問に感じた動画がある。日大のアメフト選手による反則タックルの光景である。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/05/29 22:19
C56型蒸気機関車引退
C56型蒸気機関車引退 JR北陸線の観光列車、「SL北びわこ号」を引張っているC56型蒸気機関車が昨日の運行を最後に引退した。最後のお勤めを果たして、多くのファンに見守られながら終着駅で休んでいる報道写真を見て、一気に50〜60年前の世界に引き込まれた。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/05/28 21:07
嘘の積み重ねが常識の社会に
「ナンボなんでも、それはミエミエでは?」と内部からも批判が出そうな発表があった。「担当者が誤情報を県に報告した」と開き直った加計学園のコメントがそれである。「実際にはなかった首相と理事長の面談があったような嘘の情報を提出した」との説明だが、この釈明自体が嘘臭い。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/05/27 16:52
消え去るだけで良い年代
企業の定年が56才だった頃、会社人間として日夜過ごした職場が懐かしいのか、定年になってからもブラリと立寄る人がいた。かって自分が勤務した事務所の雰囲気を懐かしみ、当時の部下達の顔も見たかったらしい。彼らは「お久し振り!」と一様に歓迎してくれたが、腹の底では「また来たのか!」と鬱陶しかったのである。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/05/26 16:29
「どぜう」「泥鰌」の読み方
60才代以下の世代で、「どぜう」や「泥鰌」を正しく読める人は殆どいない、いや70才代前半でも同様かも知れない。正しくは「ドジョウ」であるが、今の子供達には、どんな生物かも知らないに違いない。環境省が、絶滅懸念があるとして準絶滅危惧種としたのはうなずける。「どぜう(泥鰌)」の表現j自体はいち早く絶滅している。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/05/25 22:18
悪質タックル、米紙報道の裏側
日大と関学のアメリカン・フットボール定期戦での悪質タックル問題は、米国の有力紙NYタイムズにも取上げられた。題して、「潰されるQB、アメフトの暴力に日本中が震撼」。記事は、無防備QBへのルール違反タックルの模様から、加害者の日大選手の記者会見及び監督・コーチのコメントなどを詳しく報道している。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/05/24 21:28
馬耳東風のマスコミ
日頃、社会の不正を究明し、正義の使者を自認するマスコミであるが、その言動には批判の声も多い。事実を知らせる立場にありながら、自己に不利な情報は蓋をして知らせないことが出来る。マスコミは官邸や企業・団体が公表しないで何か隠したと察知すると、その原因や当事者・責任者を探索して糾明するが、自分達の隠したことは報道しないので、受身の我々は知らないままとなる。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/05/23 16:41
「首相動静」に出ない行動
愛媛県が国会の要請により提出した「安倍首相は獣医学部構想を3年前に知っていた」ことを明らかに示す文書が出て来た。首相は今年1月までこの計画があったとは知らなかったと答弁していた。今回の新文書は、首相が加計理事長と15年2月25日に会って、「新しい獣医大学の考えはいいね」と応じた記述がある。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/05/22 20:47
英国王室に初の混血妃?
日本でも皇室に関するニュースには特別に関心を寄せる人が多いらしく、皇室アルバムなどテレビの視聴率は高いと言われる。英国でも同様らしく、最近のヘンリー王子とメーガン・マークル妃の結婚式の模様は全世界の目を引いた。特に、マークル妃が血統を重んじる英国人から見れば異質の平民であることから、王子に見染められたシンデレラとして羨ましく見る一方、嫉ましさも呼んで話題が拡がっている。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 1

2018/05/21 22:09
中南米に多い中古航空機
キューバのハバナ空港で100人の死者を出した国営航空クバーナの機体は1979年に製造されたボーイング737でメキシコからリースされたものだった。ペルーを拠点として中南米全域を守備範囲とする駐在事務所に勤務していた私は、三年間で280回以上の搭乗実績を持っている。殆どが現地航空会社の便であった。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/05/20 21:24
「ペーパーレス」は死語に
パソコン導入による文書作成・文書管理が可能になり、事務所から紙を失くそうという動きが起こったのはもう20年以上も前である。紙の原料となる木材を守る地球環境保護の運動とほぼ軌を一にしていた。それが一向に進展していない。日本で平成28年度一年間で国の行政機関から生み出された公文書・行政文書は271万ファイルだったとの調査がある。一日当たり1万ファイルの勘定である。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/05/19 20:40
交通違反反則金総額700億円
自動車のハンドルを握っている人で、塀や壁にぶつかる軽微な物損事故或いは取締りの警官に呼び止められた経験のない人は殆ど皆無だろう。最近聞いた話では、全国の交通違反による反則金収入が2013年以降毎年ハンを付いたように700億円前後で推移しているらしい。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/05/18 19:46
久し振りに日の目を見た漢字
前にもこのページで書いたが、私が本を読み始めた年頃が早かったためか、当時小学校に入って始めて習うカタカナや“ひらがな”や一部の漢字は小学校に入る前から読み書きが出来た。字が読めるとなると読む本の数も増える。語彙が益々増えた。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/05/16 20:58
「私は金正恩。でも韓国人です」
「私は金正恩。でも韓国人です」 韓国の姓名は漢字にして3文字だけなので同姓同名の人が沢山いる。苗字で一番多いのは「金」で全体の22%、次いで「李」15%、「朴」8%と続く。全体の1/4近い人の姓が「金」なので、名前が漢字2語「日成」、「正日」、「正恩」を加えて北朝鮮代々のリーダーと同姓同名の人が多くいる。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/05/15 22:39
司法界から見た柳瀬証言
日曜日の毎日新聞に、日頃のもやもやをスッキリさせる記事があった。「人の罪や責任の有無を巡って厳密な立証を求められる司法の世界から、柳瀬氏の発言はどう見えるのか」を専門家の弁護士の見解を集約したものである。結論は、『柳瀬氏の証言は法廷では到底通じない』であった。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/05/14 22:07
一瞬、今浦島の世界に立ち入り
今日の朝刊に、『宇都宮線で自転車衝突事故 赤羽―浦和間の跨線橋で自転車投げ込みか』の見出しが目に留まり、一瞬私の地理勘が混乱した。この区間は、朝晩通勤で通っていたが、宇都宮線などは走っていなかったので、首都圏の中でも代表的な超“痛勤”区間のこと、新線が出来ていたのかと思った。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/05/13 19:35
愛媛県知事の勇気
愛媛県知事の勇気 「加計学園」問題に関する柳瀬元総理大臣秘書官の参考人質疑で、曖昧な答弁が続いて国会運営が停滞しているのを打開すべく、「柳瀬氏が県職員に会った会わないというムダなやりとりに終止符を打ちたい」として、中村愛媛県知事は職員が柳瀬氏から受取った名刺と会談メモを公表した。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/05/12 21:43
名刺の交換
名刺の交換 日本のビジネスマンが、初顔合わせの場では必ずお互いに名刺入れをポケットから出して名刺を交換する風景を、「書いたものがなければ相手の名が覚えられないのか」と揶揄する外国人の話を直接聞いたことがある。海外からの来訪者の受入れを担当する部署にいたので、名刺に関する外国人の意見が聞ける機会が多かった。来訪者の中には、訪日するためには名刺が必要と聞いて、初めて自分の名刺を作って来た人もいる。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/05/11 21:57
今日読み終わった本―「神州天馬侠」
今日読み終わった本: ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/05/10 20:59
氷山のトランプ大統領像
氷山のトランプ大統領像 世界の環境保護団体は、北極の氷山にトランプ大統領像を彫刻する奇抜なアイデアを持っている。サウスダコダ州キーストンにあるラシュモア山に彫られた米国の歴史に残る四大大統領像からヒントを得たパクリである。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/05/08 20:20
究極の穴あきジーンズ
究極の穴あきジーンズ 日本でジーンズが若い世代で一般的になったのは1970(昭和45)年頃からと言われているが、古くは終戦後に日本に駐留した米国の進駐軍の余った衣料品を流出した中にあったのが初まりらしい。ただ、昭和45年には若者から脱皮して働き盛りの中年に入っていた私の世代は、丁度ジーンズ(我々はGパンと言っていた)を着用しない年代の最後であった。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/05/07 22:00
Windows セキュリティシステム破損
Windows セキュリティシステム破損 ネットで海外新聞社の電子版を読んでいると、突然パソコンの画面中央に上掲のような二つの画像が並んで現れた。一つには「Windows 7 によってWindowsシステムが古くなり破損していることが検出されました」とあり片方には、“システム警告”として「Windowsシステムが破損しています」と出て、「更新」ボタンをクリックして最新のソフトをインストールするよう案内が出る。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/05/06 22:42
「羽織の丈」とは何センチ?
童謡「背くらべ」の歌詞に出て来る“♪・・・昨日比べりゃ何のこと やっと羽織の紐の丈”とはどれ程背が伸びたかは長年の疑問だった。着物を着ない世代になって、羽織の紐の長さとは人の写真か時代劇の役者が着ている姿から類推するしかない。しかしどうみても片手の掌を広げたくらいの長さはある。とすると約10センチ、“おととしの5月5日”から二年経って10センチも伸びることは物理的に不可能との思い込みもあった。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/05/05 17:09
恐怖のパワハラの一族
恐怖のパワハラの一族 韓国の大韓航空経営者家族の相次ぐ不祥事の報道が一度に噴出した内容を見てみると、財閥により牛耳られている韓国の社会構造、どの事件にも共通する“すぐ怒る”症候群と言われる民族特有の韓国人の精神構造が見事なまでに露呈している。 ...続きを見る

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/05/04 20:11
本当に「押付け憲法」か
本当に「押付け憲法」か 今日5月3日は憲法記念日。今年は改憲を急ぐ安倍自民党が、自分の蒔いた種による不祥事連発で論議が尽くせず、時間がないと焦る記事が目に付く。「憲法記念日」とは我が国の平和を導いて来た憲法を記念する日の筈だが、その制定過程を懐疑的にみて見直し論議の日となっているようである。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/05/03 17:43
京大名物「タテカン」撤去
京大名物「タテカン」撤去 京都大学の名物と評判の「立て看板」(タテカン)が、京都市の歴史的景観条例違反で撤去されることになり賛否両論が出ている。実は2012年頃から市当局から口頭指導が出ていたが、大学側ではタテカンには学生文化として許容されて来た長い歴史があり、役所の指示に従うのは、京大の“自由の学風”に反するとして放置して来たが、昨年10月に文書により本年5月1日と日限を区切った行政措置を受け方針転換したものである。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/05/02 17:30
いつの間にか世間知らずに
いつの間にか世間知らずに 京都をスペイン語では“KIOTO”と表記する。東京は“TOKIO”である。南米駐在から30年、久しくお目にかからなかったその“TOKIO”の文字が、このところテレビの画面や新聞紙上でやたらと目に付くようになった。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2018/05/01 19:37

<<  2018年5月のブログ記事  >> 

トップへ

梓川河童のページ 2018年5月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる