輸送中のキリン、橋桁にぶつかって死亡

南アフリカで、キリンを輸送していたトラックが高速道路の高架をくぐる際、荷台から突き出ていたキリンの頭が橋桁に激突して死亡させる事故が起こった。当局は関係者を、動物保護違反で告発する予定である(CBSニュースこちら)。

画像
事故の直前に、後ろから走っていた自動車から撮った写真が記事に掲載されている。直ぐ前方に、高速道路の高架橋が見えるが、どう見ても荷台から首を突き出しているキリンの方が高そうである。撮影した人は、キリンが首を覗かせているのが珍しいと思って、偶然に撮ったものであろう。こんな光景に出くわすと、誰でもシャッターを撮りたくなるものである。

トラックの運転手は、車の高さ制限は十分承知している筈である。写真を見ている限りでは、バンそのものの高さは十分に高い。しかし、突き出たキリンの首はそれ以上に高いが、運転手は自車のバンの高さしか念頭になかったに違いない。

この記事には、運転手が告発されたとは書いていない。複数の”責任ある関係者”が告発されたとある。当り前だろう。運転手は単にトラックを動かす責任があるが、キリンの輸送を依頼した当事者は別にいる筈である。荷台の高さとキリンの首の長さを十分念頭に置いた輸送手段と注意事項をおろそかにした関係者の責任は問われるべきである。

『キリンの首が橋桁に当った時の衝撃音は大きく、誰かが発砲したのではないかと一瞬思った』とは、後続の車に乗っていた人の証言である。『真っ直ぐに突き出ていた首は、崩れるようにトラックの荷台に沈み込んで行った』という目撃者のコメントは悲惨である。ただ運ばれていたキリンは二頭いて、内一頭は数ミリの差で危うく難を逃れたとあるのは不幸中の幸いであった。それでも、野生動物病院に運び込まれたという。

世界には、ありそうでない事故がどこかで起こっているものである。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック