ウェブ・ニュース動画に出るCM



ウェブ・ニュースの画面に、ビデオの動画が埋め込まれるケースが増えている。海外メディアの電子版も同様である。海外版は、ニュースの初めにCMが出て、画面右下に“Skip”のボタンがあり、興味なければ直ぐにCMをカットすることが出来る。国内の動画の場合は「あと15秒で広告をSkip出来ます」と出るのが多い。イヤでも15秒間、強制的にCMを見なければならない。

どの道、タダでウェブ・ニュースを見せて貰っているのである。15秒間のCMぐらい我慢すれば良いではないかと言う人があるかも知れない。そうでなくても、テレビの番組で延々と5分間も寸切れのCMを次々と見さされて慣れている筈である。

ところが、受身のテレビ番組と違って、ウェブ・ニュースは数あるタイトルから、自分が意識して選んだページであるとの自負心がある。そのページにCMが飛び込んでくると、ウザイという感覚が拭えない。例えば、TBS配信のニュースは大概ビデオ・ニュースが付いていて、初めに必ず15秒のCMが付く。従って、最近はニュースの見出しに興味を持っても、TBS配信の表示があれば読まないことにしている。

動画の中へのCMは、ウェブ・ニュースだけではない。私が好んで聞いているクラシック音楽のYouTubeの画面にもCMが出てくるものがある。楽章や組曲の切れ目に挿入され、曲目の途中に出るものは流石にないが、それにしても興醒めである。大体、15秒も待たなくても即座にSkip出来る。

こんなCMは反発を喰らうだけで逆効果と思われるのだが、高額な費用をかけるスポンサーの意図が良く判らない。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック