怪しいヤマト運輸からのメール

画像


ウィルスに感染させて、ネットバンキングのIDやパスワードを盗み取ろうとする手口が蔓延しているが、今回新たに専門家でも、その巧妙さに「当面は処置なし」と舌をまかせる詐欺メールが私のパソコンにも着信した。

冒頭に掲げたヤマト運輸クロネコメール配送センターからの、「宅急便受取り指定ご依頼受付完了のお知らせ」と題したメールがそれである。発信者は、“ヤマト運輸株式会社お客様サービスセンター”で、発信者アドレスはmails@kuronekoyamato.co.jpと、いずれも現存する組織とメールアドレスである。メールには「お受け取りご希望日時:8/13(土)12時から14時、伝票番号:9987-8346-5325と表記され、その伝票の内容らしいZIP形式の添付ファイルが付いている。

第三者から送られる宅急便は判らないのでツイ添付ファイルを開けて中味を確認したくなる。これが敵の狙い目なのである。ファイルを開けると瞬時にウィルスに感染して、大事な自分の個人情報が吸い取られてしまう。

ヤマトのホームページには、『ヤマト運輸の名を装った添付ファイル付きのメールにご注意下さい』の警告が出ていて、“ヤマトでは添付ファイル付きのメールを送ることはない”という点が偽メールの判断の基準らしい。

もう一つのチェックポイントは、通信文に私宛の個人名が書いてないこと、宛先のメールアドレスは私のもの(前述画面では画像処理で抹消してある)の他に、他人のアドレスも出ていることである。

それにしても、引っ掛かりやすい巧妙な手口が開発されたものである。こんな優れた着想が、何故人のためになる他の分野に応用出来ないのか残念に思う。









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック