高齢者運転は本当に危険か?

殆ど毎日のように報道されている高齢者ドライバーによる交通事故であるが、最近次のような記事があった。
過去10年で最少
 75歳以上のドライバーが今年1~5月に起こした交通死亡事故は、過去10年で最少の151件で、前年同期に比べ14.2%減少したことが警察庁への取材で分かった。死亡事故全体に占める割合も12.2%と前年同期の13%から0.8ポイント減少した。3月に75歳以上の高齢ドライバーに対する認知機能のチェックなどが強化されたことが背景にあるとみられる。警察庁の担当者は「通年で減少するか注視する」としている。(毎日新聞-デジタル毎日)

コンビニの店内に突っ込んだとか、ブレーキとアクセルを踏み間違えた、高速道路の逆走などの報道の主役は確かに高齢者である。異常に増える事故報道に何か意図的な印象があったが、今回の毎日の報道により、そのウラが透けて見えて来る感じがした。

画像


上掲の画像は、警察庁発表の「運転者の年齢別免許保有者10万人当たりの事故件数年度別推移」である。少々見辛いが(画像をクリックすれば大きくなる)、ダントツで多いのが“16~19歳”、次にぐっと下がって“20~29歳”、その次に“80歳以上”、“70~79歳”が続いている。全体的に減少傾向が顕著で、尚且つ年次が新しくなるに連れて、高齢者の人口比率が増加していることを考慮すれば、老人の数値は相対的にもっと下がることになる。

高齢者群にある私の観測では、高齢者事故の過熱報道は高齢者に免許証返納を促すこと、運転を自粛させること、そのために警察庁がマスコミに過熱報道を煽っているのではないかとの被害妄想的な考えを持っている。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック