馬耳東風のマスコミ


日頃、社会の不正を究明し、正義の使者を自認するマスコミであるが、その言動には批判の声も多い。事実を知らせる立場にありながら、自己に不利な情報は蓋をして知らせないことが出来る。マスコミは官邸や企業・団体が公表しないで何か隠したと察知すると、その原因や当事者・責任者を探索して糾明するが、自分達の隠したことは報道しないので、受身の我々は知らないままとなる。

社会の良識、行動規範に反して、自分達の恣意で報道する姿勢を示した事例が最近二件目に付いた。

一つは、新潟市で小学2年生の女児が殺害され線路に遺棄された事件で、遺族が新潟県警を通じて出したコメントを、どのテレビ局も最後の一文を読まなかったことである。

遺族のコメント要旨は、「私たち家族は、大切な存在である娘を今回の思いがけない出来事で失い、悲しみの中におります。犯人が捕まっても娘は戻りません。今は一日も早く、地域の方々や私たち家族が穏やかな生活を取り戻せることを願うばかりです」で、全国に放映された。

ただこのコメントの最後にあった、「どうかこのような心情をご理解いただき、今後、家族や親族等に対する取材・撮影等についてはご遠慮いただきたいと思います」はどの局もカットした。結果として、「被害者の自宅前から・・・」の報道が続いたのである。

二つ目は、アメフト試合で反則行為をした日大選手の記者会見の実況中継である。冒頭、同席の弁護士が、「長い将来のある若者です。ずっとアップで撮るようなことは避けて頂きたい」とテレビ局に配慮を要請した。しかし『情報ライブ ミヤネ屋』(読売テレビ系)や『グッディ』(フジテレビ系)では選手の顔をアップで放送し続けた。

これらの事例の責任者は誰か、その理由は何かの検証は、どの報道機関も行った形跡はなかった。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック