梓川河童のページ

アクセスカウンタ

zoom RSS 加計理事長唐突記者会見の謎

<<   作成日時 : 2018/06/20 16:09   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2


後ろに総理が付いている強さか、加計問題が浮かび上がって以来、加計理事長は世論を無視して公の前に姿を見せることはなかった。これが世論の批判をかわす戦法との風潮が日本社会に浸透して来た。その好例が、日大田中理事長、日本レスリング協会の栄強化本部長の対応に現れている。

総理の後ろ盾を持たない田中理事長と栄本部長は耐え切れなくなって、かなり遅れて公の場に姿を見せ釈明・陳謝会見を行ったが、強力な支えがある加計理事長は固くなに姿を見せることがなかった。それが遂に姿を現したのである。加計問題が浮上して一年三ヶ月、愛媛県への報告が計画を進めるためのウソだったと説明して約1ヶ月経過していた。

記者会見は19日午前9時に発表され、午前11時に岡山市内とされた。これを記者クラブの幹事メディアである共同通信社が緊急電として全国に配信したのは午前9時23分だった。愛媛県知事より理事長説明責任として突き放されて一ヶ月後の今、何故火が点いたように行動を起したのか。理由は明白である。昨日大阪府北部にM6.1の激震が発生し、死者・負傷者を出したニュースはテレビでも番組を変更して終日放映していた。加えて、その夜にはロシアW杯で日本とコロンビアの試合がある。国民の眼は一斉にこの重大ニュースに集中され、加計問題への眼が一時的にも逸れる期待があったに違いない。

メデイアの東京本社は時間的にも交通手段でも会見に参加出来ない。急遽大阪支局員が駆けつけたが、他府県の記者入室拒否を喰らった。このタイミングで記者会見を開いた理由は、理事会で関係者の処分が決まったからとの説明である。事件の本質は、関係者の処分より、何故一担当者が首相や理事長の了解なしで名前を引用した虚偽文書が作成出来たのか。また、何故虚偽文書を作成したのかについては「記憶もなければ記録もない」と平気で逃げを図っている。

安倍官邸は「ないものは証明出来ない」を隠れ蓑に、虚偽と隠蔽の上塗りで日本社会と日本人の精神を毒し続けている。そう言えば最近「美しい国造り」の掛け声は聞かなくなった。





テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
梓川河童様
この記事を最後に投稿が止まっています。何事が起きたのかと心配でなりません。体調を崩しておられるのなら出来る早く復調されることをお祈りします。
ko- mei27
2018/07/02 20:55
ko-mei27様
ご心配をおかけしました。去る6月22日から、肺炎のため入院しており、本日7月21日退院しました。病院内の涼しい毎日で冷え切った身体を猛暑の中に放り出されて困惑しました。ブログはボチボチと身体の様子を見て再開します。
梓川河童
2018/07/21 13:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
加計理事長唐突記者会見の謎 梓川河童のページ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる