北朝鮮に最大限の圧力継続執念

米国トランプ大統領が、『北朝鮮に対する“最大限の圧力”という言葉はもう使いたくない』との考えを示した。これを聞いて、国際社会でことある毎にこの言葉を繰り返し表明して来た安倍首相は、トランプ大統領に泣き付くために慌てて訪米する。

安倍首相は、表向きには朝鮮半島の非核化を叫んでいるが、真意は北朝鮮の核武装の脅威が継続されることを願っている。それに対抗するために、自衛隊の軍備増強や軍事行動の自由度拡大、そのための究極的目標として憲法改定を目論んでいる。安倍政権にとって、北朝鮮はいつまでも日本の脅威となる存在でないと困るのである。

かってトランプ大統領の、“対北朝鮮圧力強化”発言は、安倍首相にとっては最大の援護射撃だった。その拠り所の大樹であるトランプ氏は言動にブレがあることは良く知られている。今回の米朝首脳会談でも、一旦は開催に同意していながら、直前にキャンセルを表明、今回改めて再開に動くなど態度が定まらない。

国際社会の中で、対北朝鮮圧力強化を叫んでいたのは日米だけだったが、その米国が態度を転換する発言が出た。とすると日本だけが孤立することになる。自国の防衛力を強化し、そのために憲法改定を至上の目的とするためには、北朝鮮に脅威の的との役割を演じて貰う必要がある。金正恩が穏健化して貰っては日本の軍備強化、自衛隊の地位を合憲にする憲法改定の理由付けが無くなる。

今回の安倍首相訪米の真の目的は、対北朝鮮への圧力強化継続に対するトランプ氏の真意の確認と要請に違いない。米朝首脳会談が平和裏に合意されれば、国際社会の中で一人“最大限の圧力強化”を叫ぶ日本に、北朝鮮がどんな攻撃を加えて来るかは自明の理である。ただ、強気一辺倒の安倍首相のこと、これ幸いを軍備強化の口実にするかも知れない。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック