炎天下での塩分の補給



異常高温気温の毎日である。炎天下の被災地で作業をしている人、高校野球の地方予選で競技し応援している人、街を歩く人達などに対し、テレビは繰り返し、「こまめな水分と塩分の補給に心がけて下さい」と呼び掛けている。水分の補給は判る。手持ちの水筒やペットボトルの水を飲めば良い。しかし、屋外で塩分の補給はどうすれば良いのかは誰も教えてくれない。

家にいる場合は、冷やした麦茶の入ったコップに食卓塩を振りかけて混ぜて飲めば良い。私好みの冷たい麦茶の飲み方の一つである。しかし、まさか食卓塩の小瓶を持参して外出する人もいないだろう。第一、ペットボトルに食卓塩を注ぐことは出来ない。

ではどうして塩分を補給するか。幸いにして入院中である。看護師数人に聞いてみた。

一番良いのはスポーツ・ドリンクという。水分と適量の塩分・ナトリウムが摂取出来る。スポーツ・ドリンクが大量に持参出来ない場合は、塩飴か塩分チャージ・タブレッツというのをどこのドラッグ・ストアでも売っている。塩飴は糖分も多く含まれているため、摂り過ぎに注意が必要だが、塩分チャージ・タブレッツなら少々摂り過ぎても良いらしい。要するに、水を二回飲む度に一粒舐めれば良いと言っていた。

塩分チャージ・タブレッツは、「この病院内のコンビニでは、一袋100円位で売っていますよ」とも言っていた。

成る程、手軽な塩分補給の方法もあったものである。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック