韓国でBMW連続炎上の謎

画像


ドイツの高級車BMWが、韓国で走行中或いはエンジンをスタートさせた瞬間に爆発炎上する事件が相次いでいる。今年に入ってからも既に40台に上り、韓国BMWは全車両のリコールを決めた。ただ、この種の事故はドイツ本国や米国・日本では発生しておらず、何故韓国だけに起こるのか。

考えられる理由の一つに、「昔から、韓国のガソリン添加剤や軽油添加剤は質が悪いと言われてきた。偽物のガソリンが出回ったり、精製基準の違いによる燃料の質に起因する問題」が挙げられている。

一方、「韓国の交通事情と運転スタイル」を指摘する声がある。韓国人は運転が荒っぽいというもので、これは韓国人も一部認めている。

BMW直系ディーラーが、修理交換の際、純正部品を使わないという韓国特有の事情もある。安い中国製を使うことが多いとの元従業員の証言もある。

「ディーゼルエンジンの排ガス再循環装置」(EGR)に欠陥があるとの専門家の見解もあるが、英国やアイルランドなど韓国と同じ販売比率を持つ国でEGRによる火災は起きていないことで説得力がない。

燃料の質が悪いのは何もBMWだけが燃える理由にならない。韓国の交通事情や乱暴な運転で火災を起すなら、他のメーカーの車種が燃えても良い理屈である。となれば問題はどうしてもBMWに集約される。

逆にBMWは、「同じ車種でも他の国で起こっていないのだから、韓国人に問題がある」と言ったので、文字通り韓国の世論を“炎上”させている。

駐車場の中には、“BMWは駐車禁止”の貼紙を出したところもあるが、政府は遂に各自治体に対し、BMWの運転中止命令を出すよう要請したと言われる。

「韓国で軽自動車に乗っているとバカにされる」と高級車を志向する気位の高い国民である。大枚を払って鼻高々とBMW運転していて突然エンジンから炎が出ると余計に頭に来ることは容易に理解される。

BMWが韓国だけに連続炎上している理由はいまだに謎である。









ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック