空虚な「説明責任を果たす」



宮腰沖縄北方担当相が、談合企業から献金を受けていた疑惑で、菅官房長官は「ご本人から適切に説明責任を果たして頂く」と述べた。気の毒にも菅官房長官は、今まで多くの閣僚や省庁幹部の不祥事疑惑に何回も同じ言葉を述べさせられ、その内何人から適切な説明で応えて貰ったか。

数ある該当者の中で特に顔を出す毎に「説明責任」の言葉を思い出させる人が二人いる。一人は、とらやの羊羹の菓子折りに添えられた現金入り封筒を受け取った甘利経済再生担当大臣であり、一方は政治資金を公私混同で巨額浪費した舛添東京都知事である(肩書きはいずれも当時)。二人とも「その内に説明責任を果たす」と言いながら、その素振りも見せない点で共通している。双方とも、動かぬ物的証拠があるため説明がつかないらしい。“日にち薬”という言葉の通り、時間の経過が世論の鎮静薬と決め込んでいる。

菅官房長官から「本人が説明責任を果たす」と言われた閣僚、官僚は枚挙のいとまがない。その中で胸を張って“適切な説明”をした関係者は一人もいない。いずれも釈明なく辞任したり、政治資金収入不記載などいかがわしい収入が指摘されれば返金して終わりとしている。指摘される前に自らチェックして返金すべきものは返すという姿勢は微塵もない。

安部第四次閣僚の中から、早々と前述の宮腰沖縄北方担当相の他、片山さつき地方創生担当相の口利き疑惑が表面化している。こちらは名誉棄損で訴えて裁判の中で説明責任を果たす構えである。ただ謝礼を払った方も、受け取った元秘書も金銭授受を肯定しているので、片山大臣の方が分が悪い。しかし、どのように説明責任を果たすか、「名誉棄損提訴を準備している」と留保せず堂々と釈明し、今まで空虚で意味がなかった“説明責任を果たす”という言葉を文字通り現実のものとすれば片山大臣の株が上がることになる。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック