梓川河童のページ

アクセスカウンタ

zoom RSS 世界遺産建造物を競馬の広告に

<<   作成日時 : 2018/10/10 21:38   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

画像


オーストラリアのシドニー湾に面して建てられているオペラハウスは世界的に有名なコンサート・ホールであり、ヨットの帆や海の波を連想させる独特のデザインで、世界で最も建造年代が新しい世界遺産に指定されている。波の背に相当する天井が7〜8ヶ所あり、無色のなだらかな形状が巨大なスクリーンの機能を発揮するので、州政府は州主催の競馬レースのCM映像を投影した。

オーストラリアは世界に冠たるギャンブル王国で、競馬だけでなくカジノやポーカーマシーンがギャンブル業界に大きな収益をもたらしている。ギャンブル業界は政府に多額の献金を行い、政府は長年にわたってギャンブル業界を支持し、持ちつ持たれつの関係にある。丁度米国の全米ライフル協会と米政府の関係に似ている。国民一人当たりのギャンブルで負ける額は年平均11万円で先進国の中で一番多い。シンガポールが次に続く。

国家歳入も州政府の収入も、競馬からの収益に依存するところが大きい。その意味もあってか、州政府首相は10月13日開催の第二回エベレスト杯競馬の広告を認めるようオペラハウスに命じ、昨9日夜に広告が映し出されることになった。

これに反対する30万人の署名を背景に、多数の市民がオペラハウス前に参集し、投影された競馬広告に向かって投光器や懐中電灯、ペンライトなどで光を投影して妨害した。

関係者は、広告が単なる光の投影だけで建物に損傷を及ぼすものでないと主張する一方、反対派は歴史的建造物をギャンブルの広告に利用することにより世界遺産登録が危なくなるだけでなく、世界的に有名なオペラハウスの権威に関わるとしている。

出典:英国ガーディアン電子版(こちら







テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
世界遺産建造物を競馬の広告に 梓川河童のページ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる