テレビの“ヤラセ”番組

テレビ番組、特にバラエティやドキュメンタリには“ヤラセ”と分かっている内容があっても容認される風潮があると思っていたが、最近日本テレビの「世界の果てまでイッテQ」なる番組だけは何故か“ヤラセ”疑惑があったと炎上している。

私はこの番組を見たこともなく題名すら知らなかったが、放送倫理検証委員会が日本テレビに報告を求める事態にまで発展して、今更の感があり驚いている。他の番組と比べて内容がどう違うのか、番組を見ていないだけに一連の動きが理解出来ないでいる。

一時期、テレビで世界の紀行番組を良く見ていた時、「兼高かおる世界の旅」という人気番組があった。かなりの長寿番組で世界各地の人気スポットや行事を紹介していて、“たまたま取材班が訪問した時に、一年に一度の祭りなどの行事に出くわした記録”などの番組が何回となくあった。前調査もなく偶然にロケ隊が訪問した時に、年一度の伝統行事に出会うケースがそう何度もあるものではない。しかも、カメラのアングルや撮影のための移動シーン、現地人とのインタビューなどを見て、事前に仕組まれたものであることは瞭然だった。

似たような内容を「NHKスペシャル」などでも見られ、テレビ番組ではヤラセは普通のことで、視聴者も了解済と思っていた。バラエティやドキュメンタリだけでなく、その日のニュース番組でも連休などの混雑期の新幹線の混み具合を表すため、東京駅ホームの階段にキャスターが待機し、大勢の乗客が降りてくる波に揉まれる状況を撮影しようとしたが、来る列車も来る列車も思った程の混雑がなく階段がガラガラだったので、別の日の記録で間に合わしたと白状するテレビ番組を見たことがある。珊瑚礁に自分で落書きして放映したニュースがヤラセと判明して社会問題になったこともある。

広い意味では、人気のアイドルグループが歌唱力がないために“口パク”で放映するのが常とファンも承知している番組もヤラセ番組の範疇だろう。

という訳で、テレビ放映はヤラセ満載と思っている。佐川前国税庁長官の国会証人尋問時の釈明もこの範疇に入れても良い筋合いのものであろう。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック