グレン・ミラー遭難機発見

“ムーンライト・セレナーデ”や“真珠の首飾り”、“イン・ザ・ムード”、“茶色の小瓶”など数々のヒット曲で我々青春時代を色付けてくれたグレン・ミラーは、第二次世界大戦中に英国からパリへ飛び立ったが、目的地に到着することはなかった。ドーバー海峡に墜落したと見られ、何度も捜索が行われたが発見されず、航空機史上のミステリーとなっている。その飛行機と見られる残骸が、数十年前に発見されていたことが最近判明した。

英国の漁師が、遭難機発見の非常に確実な手掛かりを、失踪機探索・引揚げに関する国際グループに情報提供したのである。

その漁師は、1987年に英国海峡でトロール漁を行っていた時、飛行機の残骸の一部を引き揚げた。その飛行機がグレン・ミラー搭乗機に酷似していることを知ったのは随分後になってからであるが、直ぐに英国沿岸警備隊に報告した。警備隊からは、「う~ん、第二次世界大戦時の遺物なら最早戦没品である。適当に処分されたい」と言われたので、ドーバー海峡に投げ捨てたという。

漁師は投棄した場所をメモしていたが、グレン・ミラーの乗った飛行機の写真を見るまで、その事実に何年も気付かなかった。写真を見て初めてグレン・ミラー搭乗機に違いないと確信して申し出たものである。

残骸投棄場所がはっきりしているので、今後の捜査は比較的容易である。米国の航空機失踪ミステリーの一つが解決する日も近い。

出典:CBSニュース電子版(こちら

この記事を読んで、若い時代に映画「グレン・ミラー物語」を何回も見に行ったことを思い出した。同じ映画を繰り返し見たのは「第三の男」に次ぐ回数である。 “ムーンライト・セレナーデ”のメロディーに乗って現れる懐かしい場面を次の動画で振り返りたい。決して美人ではないが仕草が何とも可愛いジューン・アリスン、特別出演の今は亡きルイ・アームストロングやジーン・クルーパが現れると胸に来るものがある。







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック