大阪メトロ誤訳を英紙が報道

昨日のこの梓川河童のブログ・ページで、大阪メトロの英文ホームページに、「堺筋」を“Sakai Muscle”と表示して話題になったことを取り上げたが、そのブログを投稿直後に海外ニュースの電子版を開いたら、英国BBCニュースが同じテーマの記事を出したのを見付けた。

ブログで同じテーマを二日続けるのはクドイが、大阪メトロが当該の英文ページを削除してしまって、他の珍訳が見られない欲求不満を多少補ってくれる記述があったので再度取り上げる。尚、このBBC記事は米国Yahooのサイトにも引用されたので、全世界に飛び交ったことになる。お蔭で昨日のBBC記事の“今日、最も良く読まれた記事”の第6位にランクされた。

今年のラグビー・ワールドカップや来年の東京オリンピックを控えて、日本の公共・民間を問わず、外国人来訪者がアクセス可能なサービスを展開している。そのために、英語だけでなく、多言語による表記をマイクロソフトの自動翻訳ソフトを利用している。

その結果、英語では話題の「堺筋」の珍妙な表示だけでなく、例えば「動物園前」を“Before the Zoo(動物園以前に)”とか「大国町」を“Powerhouse Town”、「太子橋今市」を“Prince Bridge Now City”、「天下茶屋」を“World Teahouse”など滑稽な表示があった。

大阪メトロのホームページには、英語の他に中国語、韓国語、タイ語のページもあり、同じような誤訳があるかどうかは不明だが、防衛策として念の為全て削除された。大阪メトロは外国語のページがいつ再開されるか発表していないが、現在は外国語ページをクリックすると全て日本語のページにリンクされている。

マイクロソフトはBBCの取材に対し、“我々は常に適当な手段で顧客をサポートする努力をする”と答えた。

大阪メトロだけの問題ではない。英語と日本語の置き換えで常にエラーが起こるのは常識である。例えば、英国の歌手アリアナ・グランデが自分の腕に、持ち歌の“七つのリング”を日本語で刺青したら、ファンから「バーベキュウ・グリル」だと評判になった。

BBCニュース電子版より(こちら

最後の下りにある「バーベキュウ・グリル」とは、“七つのリング”を「七輪」と彫ったと見られる。目黒のサンマを思い出した。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック