刺青に憑りつかれた女

刺青(“入れ墨”とも書く)は、日本人にとっては反社会階層を連想して一般に忌避されている。温泉旅館の浴場でも「刺青、タトゥを持つ人はご遠慮下さい」の注意書きがある。暴力団がらみだけではない、生理的に受け入れ出来ないのが一般である。

刺青の入湯禁止は人権にもとる差別との意見もあるが、刺青を忌避する大多数の利益を優先すると言われている。それ程、反刺青人口は多いということであるが、これは日本人社会の特異な例らしい。米国の大リーグやサッカー、アメリカン・フットボール、バスケットの選手で刺青を見せてプレーする選手は多い。

刺青を忌避する日本でも、「この金さんの桜吹雪、見覚えがねぇとは言わせねぇぜ」と啖呵を切って片肌を脱ぎ、お白洲の階段に長袴の片足を下ろす片岡知恵蔵の遠山の金さんに喝采する側面も持っている。“のりピー”と持てはやされ、覚醒剤所持と使用で逮捕・拘束されたアイドルの酒井法子の足首と小指に刺青があることは外から見えるので良く知られているが、女性の秘所にもあると噂され清純派のイメージを損なっている。本人が否定した報道はない。

それ程、刺青は女性を魅了するものらしい。英国BBCニュースに物凄い記事が出た。刺青に憑りつかれ、若い肉体の60%以上に墨を入れた女性の記事である。「自分の顔に墨を入れちゃった。就職も結婚も出来ない」との見出しで本人の独白がある。

画像


記事には豊富な写真が添付され、乳房の上にも派手な彫り物があるので、よくも恥ずかしい部分を刺青師に開示したものだと思ったが、彼女自身が刺青アーティストであり、自分で彫り込んだものである。腕や肩、胸や脚だけでは満足出来ず、顔の頬や眉の上の目立つ部分にまで及んだという。

「人からはヤクザを見られているに違いない」と述べているところから、刺青の寛容な英国でも、やはり特異な存在のようである。

出典:BBCニュース(こちら)で英文であるが、気味の悪い豊富な写真から記事の内容が推測出来る。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック

  • 『家畜の王』のあらすじはこんな感じ

    Excerpt: 関西オレンジ(荒井啓)の『家畜の王』のあらすじを詳しくお知らせ。女子高生が相手でもまったく容赦なく、ほぼ無抵抗な美少女JKがねっとりと凌辱されていくシーンにゾクゾクさせられます Weblog: 家畜の王【無料試し読み】と読んだ感想 racked: 2019-03-18 16:22