社名変更、読売を安倍売新聞へ



ジャーナリズムは不偏不党、厳正中立の姿勢が原則、とのキレイ事が通じないのが日本の報道界というのは今では誰もが知っている事実である。しかし、権力に対する監視との社会責任は常に求められている。特定の組織・機関に偏重した新聞は、単なる機関紙であり広報紙である。我が国の一流新聞社の一つが、その広報紙に成り下がった一例を示す記事があった。

読売だけが「首相写真」のナゼ 「令和発表」各紙1面は官房長官会見だが....

新元号「令和」を伝える新聞各紙の紙面では、読売新聞の「独自路線」が際立った。発表直後の2019年4月1日の夕刊では各紙が1面トップで新元号を伝え、多くの社が新元号を発表する菅義偉官房長官の写真を使った。そんな中で、読売新聞の1面トップを飾ったのは、直後に行われた安倍晋三首相の会見写真(東京本社最終版)。菅氏の会見写真は2面に掲載された。

これは必ずしも偶然ではなかったようで、翌4月2日朝刊でも、全国紙では読売新聞だけが安倍氏の会見写真を1面トップにした。

読売だけ前文で首相会見に触れる

1日夕刊の時点で、読売は1面の写真以外でも「独自路線」だった。朝日、毎日、日経は1面の前文(リード文)で新元号の出典、施行までの手続きなどを説明する中で、読売新聞は唯一

「安倍首相は決定後に記者会見して首相談話を発表し、新元号に込めた意味などを説明した」

と安倍氏の会見に触れた。(中略)

東京本社管内で夕刊を発行していない産経新聞は、2日朝刊で「新元号『令和』」の大見出しとともに、菅氏の写真を中央に配置。この日の産経新聞の紙面には安倍氏の単独インタビューが掲載されたが、掲載した産経新聞ですら、扱いは1面の2番手だった。

過去には「読売を熟読して」首相発言も

読売新聞と安倍氏は比較的密接な関係にある。安倍氏は憲法記念日にあたる17年5月3日の読売新聞朝刊1面のインタビューや、同日に開かれた改憲派の集会に寄せたビデオメッセージで、2020年までに憲法を改正し施行を目指す意向を表明。このことが5月8日の衆院予算委員会で取り上げられた際、安倍氏は

「自民党総裁としての考え方は、相当詳しく読売新聞に書いてありますから、是非それを熟読していただいてもいいのでは」

と答弁。野党が

「新聞読めって言うのかい!」

「そんなバカなことないでしょ!」

などと反発した経緯がある。     (J-CASTニュース)

読売新聞社の報道姿勢が見事に炙り出された記事であった。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック