ホワイト国除外騒動



現役時代、精密機器メーカーの輸出部門に所属し、対共産圏輸出統制(ココム)など当時の輸出貿易管理令の厳しい法規の下で、法令順守に努めながら輸出の仕事をして来た経験から、昨今の韓国のホワイト国除外騒動の報道や韓国の姿勢に一部的外れを感じている。

ホワイト国とは、大量破壊兵器や通常兵器に転用或いは開発に使われる可能性のある貨物の輸出、技術の海外への提供に際し、事前に経産大臣の許可を受けるキャッチオール規制(補完的輸出規制)が導入された「国内法規」である。精密機器メーカーの輸出部門とあって、私も霞が関の経産省や大阪の経産局に呼び出されて説明を何度も受けたので良く知っている。

その時の担当官の話では、兵器に転用されるのは何も精密機器だけではない、ボールペンでも軍事に使用されて規制を受けると聞いたことがある。その時の輸出先が兵器開発や転用の心配がないとして優遇措置を取っている国をホワイト国と規定したもので、日本国独自の調査と判断の結果で、国際的な合意の裏付けは何もない。

当初、韓国はこのホワイト国には含まれていなかったが2年後に追加された。何故韓国がホワイト国に追加されたのか、今回韓国ホワイト国除外騒動のいろんな記事を見ても、この最も大事な点に言及した記述は見当たらない。重要事項決定に関わる検証資料を残さない日本政府の欠点がこんなところにも見られる。

いずれにせよ、ホワイト国リストは日本政府が独自に自主規制のために設定したもので、国際的な評価基準は何もない。海外に公表されても、各国は「あぁそうか」で済ますだけで喜んだり嘆いたりはしていない。今回韓国が目くじらを立てて騒ぎ立てるのは自作自演である。

尤も、日本で一旦決めたホワイトリストから外すのは今回が初めてであり、気位の高さでは中国以上と言われる韓国で、顔にドロを塗られ、誇りをけなされたのが根底にあるのかも知れない。

いすれにせよ、ホワイト国は日本政府が定めた、日本国内企業向けの輸出管理の判断基準であり、その修正・改定に他国が騒ぎ立てる問題ではない筈である。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2019年08月03日 14:26
日本は自衛隊哨戒機へのレーダー照射を受けても「遺憾です」で済ませてきました。残念ですで済まない韓国の密輸156件の摘発です。
輸出管理見直し、グループBに格下げは日本の当然の権利であり、義務です。