ネットの助けなしでパソコン修復(その2)



一昨日の同タイトル記事の続き。PCトラブルが起これば、ネット上の情報を参考に対処しているが、インターネットにつながらなければ取りつく島もない。前回はPCの電源を入れてもWindows が立ち上がらなかったケースについて述べた。今回はWindowsは立ち上がったものの、Internet Explorerが起動しないトラブルが起こった。

私のPCはInternet Explorer Ver.11(以下IEと略)で動いている。過去に“ページでエラーが発生しました”とか“IEではこのページは表示出来ません”のエラーが出てきたことが何度もある。大概は電源プラグを抜き差しするとか、ルーターの接続を抜き差しするお馴染みの放電措置で解決したことが多かった。

今回はいつもと少し事情が違う。Windowsを立ち上げるといつものようにSkype画面が自動で開く。IEが接続されていなければSkypeのアイコンに黄色い印がつくので判る。今回はその警告マークはない。次にメールソフトを立ち上げてみると、受信トレイに来信の表示がスラリと出る。IEが起動していなければメールはつながらない筈だが、接続に異常はない証拠である。それでもIEは起動しない。さぁ~どうするか。当然のことながらネットにはつながらないので参考になる情報を見ることは出来ない。

こんな時はPCの取説が唯一の拠り所であるが、該当の項を見ると「詳しくは電子マニュアルを参照下さい」とある。電子マニュアルはネットにつながらねば見られない。

ここから座頭市のように盲滅法の手探りが始まる。幸いにしてPCハードは動いているので、コントロールパネルからの情報は得られる。“システムとセキュリティ”から“ネットワークとインターネット”の各項目を片っ端から試して見る。

途中「バックアップ領域の確認」の項目に来て、そう言えば最近暫くバックアップ・ディスクの整理をしていなかったのを思い出し、調べてみると2017年からのバックファイルが残っている。2018年までのファイルを迷わず削除した。

ついでに「ごみ箱」や「Temp」フォルダーに保存されているファイルもバッサリ削除した。コントロールパネル内の各項目を終えた時点で結構時間も消費して疲れたため一旦作業を中止し、PCをシャットダウンして、暫くして改めてパソコンを立ち上げた。

結果はどうか?IEを立ち上げて見ると見事!起動した。数々の手順の内どの作業が功を奏したのかは判らない。兎に角、問題は無事一件落着を見たのである。







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント