旭日旗は日本の国旗ではない



旭日旗に強烈な反発を示す韓国の肩を持つ訳ではないが、それに抗弁する日本の支持派の言動に理屈に合わぬ点が多々ある。日本の国旗はあくまで日章旗(通称日の丸)が唯一無二のものであることに間違いはない。


旭日旗は以前は日本の軍旗、軍艦旗であり、今では自衛隊機、自衛艦旗として選定されたもので国旗ではない。諸外国でも国旗の他に海軍用旗を別に規定しており、外国の港に寄港する場合の国籍を示す時などに掲揚されている。


海外、特に韓国から旭日旗が特に誤解されるのは、オリンピックやスポーツの世界大会の時に観覧席に持ち込んで応援旗として使用しているためで、本来なら日章旗を利用すべきものである。それが証拠に、日本選手が優勝した時にウィニングランで肩にかけて競技場を一周する時は常に日章旗であり、旭日旗を背にして走る姿は見たことがない。


また、諸外国の応援団が日本の旭日旗に相当する海軍旗や陸軍旗をサポーター席に掲げて声援するのも見ない。


不味いことに自衛隊旗として使用されている旭日旗は、旧日本帝国陸海軍が使用し、東南アジア進出途上で広めまくっていたものである。今はその恐怖を直接見聞きした世代は少なくなったが、その体験記は子々孫々の現世代に受け継がれている。


その軍旗のイメージを今のスポーツの国際競技の場に持ち出す意味が分からない。日本選手団を応援するには何と言っても日章旗、日の丸である。旭日旗を持ち出すのは日章旗を軽視することになる。


こう言うと旭日旗支持派は、軍旗の枠を超えた日本古来の文化で「天晴れ」を示すサインであるといつも言う。漁業の大漁旗にも使われ、朝日新聞の社旗とかアサヒビールのデザインなど広く使われているという。しかし、京都市に生まれ滋賀に住む私のように海の恵みに疎い人間には大漁旗をなびかせて意気揚々と還って来る漁船を見たことがない。従って、大漁旗など旭日旗を見て意気を鼓舞されることはない。国際試合の応援席で大漁旗や朝日新聞の社旗を見て張り切る選手は何人いるか?


こんな訳で国際試合の応援席で旭日旗を持ち込むのは無意味である。ここに昨日始まったラグビーのワールドカップで旭日旗が全く問題にならない興味ある記事が(こちら)にある。先日のこのブログページの刺青問題だけでなく、他のスポーツにないラグビーのノーサイド精神が見事に説明されている。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント