クラクションを鳴らされて暴行


熊本八代市で、交差点で信号待ちしていた車が青信号で発進しないため、後続車の男性がクラクションを鳴らしたところ、走り出して暫くして突然車を止めて行く手をふさぎ、男二人が出て来て運転手を引きずり降ろして暴行を加えた事件が発生した。


信号待ちをしていた車が、青信号に変わっても直ぐに発信しないケースは日常良くある。後から見ていると、多くは俯いてスマホを操作しているか、助手席の人と話に夢中になっているケースが多い。こんな場合、後続車はクラクションを鳴らして気付かせるのが普通で日常茶飯事である。後続車が鳴らさなくても、その後ろに続く車が鳴らすこともある。後続車列の2台以上が同時に鳴らすこともある。鳴らされた車は、急発進してスピードを上げ交差点を通り過ぎるのが通例である。


交通量の多い交差点だから、後続車の運転手は降りて前の車に行って催促する訳には行かない。特に先を急ぐ後続車にとってはクラクションが唯一の注意喚起の手段である。それがケシカランと運転席から引きずれ下ろされて殴り蹴るの末、怪我をさせられては堪ったものではない。しかし、これに刑事罰を適用する法律はないらしい。


確かに、自分では悪いことをしていないのにクラクションを喰らうのは気分が良いものではない。私も、横丁から飛び出して来そうな車を見た時、自転車が急に車の進行レーンに飛び出して来た時は反射的にクラクションボタンを押したことがある。前の車が信号が変わってもスタートしない時は何回かクラクションを鳴らした。そうするのが人情である。ただ今回の熊本の事件だけではなく、他府県でも同じ事態が過去に起こっていることはネットの記録にも残っている。


前の車からイカツイ顔の男が降りてきて近づいてくると思わず「なんでしょうか?」と運転席の窓を開けたり、ドアを開けるのは自分の正当性を示すための反射的行動と相手への恭順を示す礼儀の心理らしい。そんな場合は、ドアをロックし窓を閉めることが第一との助言があった。勇気のある行動だが自分でも出来るか、その場にならねば分らない。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント