今日読み終わった本―「報道被害」



今日読み終わった本:


『報道被害』 梓澤和幸   岩波新書 2007年1月刊


京都アニメーション放火殺人事件の犠牲者実名公表の可否問題に触発されて、図書館の閲覧棚から選んだ本である。普通は、時事問題に関わる書籍は発行日が古いと流行遅れで現実味がなくなるものだが、本書のテーマは、長年社会問題と提起されながら現代に引き継がれているだけに新鮮味がある。


但し本書は発行後12年を経ているだけに、引用されている例は松本サリン事件や桶川ストーカー殺人事件など古いものが多い。しかし、例としては古いものの現代の報道被害に共通する点は、被害者や容疑者、遺族に対する報道陣の「集中豪雨型取材」による肉体的・精神的・心理的影響である。最近は報道陣に加え、ネットやSNSの姿を見せない人達からの執拗な脅迫や中傷が加わっている。


その主な原因は、かっては「実名報道」は5W1Hの報道原則、国民の知る権利で正当化されていたが、逆に容疑者や犠牲者家族への人権侵害が指摘されるようになり、今では容疑者の加害事実の確定までは実名公表は禁止、家族の同意なしの被害者及び被害者家族の名前の公表は禁止されている。


いずれも報道被害を最小限に食い止める手段であるが、実名公表にはいつも報道関係者より強い要望が出る。


本書で弁護士である著者は「報道被害」を『テレビ、新聞、雑誌などの報道によって伝えられた人々がその名誉を毀損されたりプライバシーを侵害される人権侵害』のことと定義して解説を進めている。


これら人権侵害とメディアの報道・表現の自由の相反する主張の中で著者は、①被害救済制度の構築、②警察情報構造の変革、③商業主義に過度に傾斜するメディアの経営陣、編集幹部へのメス、④メディア内部に人権思想を浸透、の4点を提言しているが、メディアからは反論がありそうである。