関西人と関東人の味覚の違い



ある人のブログに、「関西の餃子の王将ファンの皆様への注意」というタイトルが目に留まったので、餃子の王将ファンとして早速読んでみた。「東京の餃子の王将へ行って天津飯を注文する場合は必ず『京風ダレ』と言い添えないと酷い目にあう」とある。


この大阪人の経験では「関西と東京は味が違うので、東京に引っ越したら不安になるので京都が発祥の餃子の王将に入り好物の天津飯を注文したら、舌に馴染みのあった天津飯とは全く別の味のものが出て来て驚いた」とある。店員に聞くと東京では一般に「甘酢餡ダレ」が一般的で、特に指定がなければこのメニューで提供しており、店では別に関西出身の人のため「京風ダレ」を用意しているのでその旨指定頂きたいと言われたという。


私も東京に転勤した当初は味の違いに驚かされた経験がある。メン類が好きだから東京の食堂で「うどん」を頼むと必ず濃い色をしたスープに入れて出てくるので一挙に食欲が減退したことがある。支社の近くのJR神田駅西口に「大阪うどん」の幟を立てた屋台があったので、良く出向いたものである。そこで出される「うどん」は薄い色の出し汁だったので懐かしかった。


この逆の話もある。東京から京都本社に転勤して来た男も麺類好きで、社員食堂で提供される「天婦羅ソバ」でも薄い出し汁で出されるので、「ソバのスープとは色が濃いものだ」と言って折角の美味しい「京だし」の上から濃い口醤油をぶっかけていつも食べていた。「京都の人は出し汁を全部飲むが東京人は飲まないから平気」とうそぶいていた。


味だけではない。名前は一緒でも内容が異なるものがある。東京で「たぬきうどん」と注文すると「天カスうどん」が出てくる。寒いこの季節に美味い「餡掛けしたきつねうどん」は東京には存在しない。普通の「きつねうどん」も京都では細かく刻んだ油揚げが「うどん」の上に乗っかっているが、東京では味を付けた大きな油揚げが無造作に乗って来る。


こんな東西の味覚の違いがあるためか、即席めんでも東と西で出しスープを変えていると聞く。例えばエースコックの「ワンタン麵」では「関西だししょうゆ」と銘打ったものが出ている。元々からあるワンタン面より格段に美味しいので私の好物である。東京に住む関西出身者への手土産としても喜ばれているらしい。貰う方も嬉しいし贈る方も安くつく手土産である。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント