怪しげなメールに働く勘



頼んでもいないメルマガを含めて毎朝数十件のメールが我がパソコンに入電しているが、中には一目見て怪メール、詐欺メールと分かるものがある。現役時代から始業一番に開いたパソコンに「戦慄の入電ラッシュ(in-box horror)」と呼ばれる入電量を浴び続けた悲しい経験から、通信内容の質を判断する習性が身についているのかも知れない。


この2~3日、我がパソコンに次のようなメールが入った。


あなたの三菱UFJ口座にリスクが検出されましたので、口座の資金安全を確保するために一時的にこの口座を制限します。正常な利用に影響しないようにご自分で制限を解除して下さい。下記のurlをクリックしてログインを解除して下さい


私は三菱銀行と呼ばれていた時代から口座を持っていた。その後、海外駐在時代に現地で口座を持っていた東京銀行にドル預金があり、帰国して東京銀行が三菱銀行と合併した時はドル預金口座を三菱東京銀行に移していた。ただ、ドル預金口座は金利が良かったというものの、本人が死亡した場合は家族といえども会計士事務所の介添を必要とする程の、殆ど相続権を放棄しなければならない複雑な手続きが必要と聞かされ、私の目の黒い間に円転して他の銀行に移してしまった。従って、その後三菱銀行、今の三菱UFJ銀行には口座はない。


にも拘わらず、こんなメールが入るのは同行に口座があるかないか無頓着に発信されたメールであることは直ぐ判る。


口座の有無は別としても、来信メールに「ご自分で指定のurlからログインを解除して下さい」の文言で嘘メールであることが判る。銀行がこんな要請を取引客に要請することはあり得ない。そのurlは個人の口座番号など個人情報を入力させてフィッシングする意図がミエミエである。


念の為、三菱UFJ銀行のホームページを見たら、案の定同じ内容のメールを例に挙げて「詐欺メールにご注意」の警告が出ていた。


「千三つ(せんみつ)」と言って、誰もが怪しいと無視しても千人に三人くらいは引っかかってくれれば良い」とのメールである。あれ程喧しく警告されても「オレオレ電話」に引っかかる人がある。人間には人知れない弱みがあるものである。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント