Windows10は困ったもの



科学技術は年々発展し、電化製品も新しいモデルごとに便利になっているが、技術の先端を走っている筈のパーソナル・コンピュータのOSはバージョンが新しくなる毎に不便になっている。その最たるものがWindows10で、その不便さはこのブログでも再三触れたし、ネット上でも指摘されている。


画面の文字が薄くて読み辛いこと、今までモニターのタスクバーやメニューバーの直ぐ目に付くところにあった操作ボタンが隠されてしまって、QAサイトでも「コントロールパネルのボタンはどこにありますか」など初歩的な操作すら手を喰う設計となっている。パソコン操作の最も基本的なシャットダウン・ボタンすらしまい込まれている。


今回の苦情は、『自分で作成し保存したファイルがどこにあるか判らない』ことである。極く最近に保存したものは良い。「クイックアクセス」から最近保存したファイル名が並んでいる。ところがここからはみ出たファイルがどこにあるか探し出すのに一苦労である。


現在の保存場所は、「OneDrive」に26項目、その下にぶら下がっている「ドキュメント」に2種類あり、その1つには248項目、もう1つには13項目ある。加えて「PC」フォルダーの中にある「ドキュメント」に23項目が保存されている。複数のフォルダーに重複して保存されているものもあれば、これら4種類のフォルダーのどれかにだけ入っているものがある。


夫々に入っている項目が多いので、イチイチ目で追って行くだけで時間がかかる。面倒な時は、タスクバーの虫眼鏡マークの「ここに入力して検索」にファイル名を入れて探すことにしているが、古いファイルの場合は保存したファイル名を覚えていないのでどうしようもない。


ネットで解決法を探すと「保存場所のフォルダーを指定すれば良い」とあるが、その保存場所を指定する方法の記載がない。


という訳で、今のところは保存する場合の保存先はパソコン任せになっている。Win7までのように、保存先は一ヶ所だけなら能率的だったが、ここにもWindows10のお節介機能が隠れている。困ったものである。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント