外出自粛下で臆面もなく旅行、昭恵米国版



世界中で猛威を振るう新型コロナウィルス感染症。政府が拡大を抑えるため外出を避け、出来るだけ家に閉じこもるよう訴えている中を、無視する形で旅行していたことがメディアにすっぱ抜かれた。「昭恵さん、またかよぅ」とウンザリするところだが、今回は明恵夫人ではなく、米国イヴァンカ・トランプ大統領補佐官。昭恵型行動の米国版である。


すっぱ抜いたのは、トランプ大統領が目の敵にしているニューヨーク・タイムズ。ホワイトハウスはこの事実を認めたが、イヴァンカ氏がこの旅行では「三密」を避けた自宅にいるのと同程度だったと釈明、「問題ない」と片付けようとする姿勢がどこかの国とソックリである。


イヴァンカ補佐官は先に、「家にいることが出来る人は、どうか家に居て下さい。感染拡大の抑制のためには、我々一人一人に役割があります。ソーシャル・ディスタンス(他人と距離を置くこと)は命を救います」と政府の要請に従うよう国民に訴えていた。


そのご自身がワシントンの自宅から他州のニュージャージー州にあるトランプ一家が所有するゴルフリゾートに行っていたことが判り国民は怒ってSNS上で非難の大炎上である。


旅行の目的は、夫のクシュナー大統領顧問との結婚でイヴァンカ氏が改宗したユダヤ教の祭りを一家で祝うためだった。丁度、クリスチャンのイースター祭の時期で、例年なら多くの人が家族や親戚集まって祝うが今年は外出自粛令で足止めを喰っている中、自分で在宅を依頼しておきながらの行動だけに。怒りを通り越して呆れる声も上がっている。


丁度、昭恵夫人と丸写しの行動だが、「問題ない」と釈明したホワイトハウスの弁明の内容は、「ゴルフクラブはコロナ渦で休業中で人との接触はない。車で移動したので通常の出勤と変わらない。ゴルフクラブのある場所は人口が少なく過密していない」とまるで菅官房長官が話しているみたいである。


州によっては外出自粛どころか外出禁止令が出て無為に在宅して欲求不満に陥っている国民が納得する筈がない。今後どんな展開があるかは不明である。


参考出典:NBC配信Yahooニュース(こちら)






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント