新型コロナ菌は男性を差別している



「これ程男女格差が激しい病気は他に思い付かない」とニューヨーク大学医療センターの医師のコメントがある。新型コロナウィルスの感染者及びその死亡者の数で、男性が女性に比べて格段に多いことが世界各地から寄せられる報告で明らかになっている。


新型コロナ発生当初、中国武漢からの報告では死亡者の75%が男性だった。続いてイタリーでは8:2で男性の方が死者の数が多かったと報告されている。米国NY州でも死亡者の60%が男性だったなど、各地から寄せられる情報は男性の方が新型コロナ菌に対して弱いという点で共通している。死者数だけでなく、感染者の数でも同様の傾向にある。


この理由は当初、男性の喫煙や飲酒が多いためと推測されていた。喫煙が呼吸器系、消化器系器官に対し脆弱であり、新型コロナ感染と共に呼吸困難や肺炎になるリスクが高いからである。しかし、女性にも喫煙者が多いことや、例えばスペインでは男女の喫煙率がほぼ同数の中で、感染後の死亡者数が男8:2の差があり、他の要因も探られていた。新しいデータによる分析から、男女の生物学的要因や生活文化規範の違い、人体の免疫システムの差があるとの説も出ている。


生物学的要因としては、女性ホルモンであるエストロゲンが強力な抗ウィルス機能を果たすことが実験結果でも実証されているところから、女性は男性に比べてウィルスに強いと言える。


また人体の免疫反応システムのX染色体は女性には2個あるが男性は1個だけで、新型コロナだけでなく「一般的に女性はウィルスだけでなく他の病気に対しても免疫反応に優れており、免疫システムにも生物学的差がある」と感染病専門家の説明がある。


出典:ABCニュース電子版(こちら英文)


この記事の別の項には、「一般に女性の方が長生きする理由」としても記述されている。対症療法では解決出来ない女性優位の性差別が見えない所で存在している。男がいくらあがいても解決にならない問題である。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

面白い
ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント