京都成章、全国高校ラグビー大会で準優勝



全国高校野球は春・夏共に地元の代表として長年にわたり人気を博している。まるで高校野球の都道府県別選手権の様相すらある。故郷を離れ地方に住んでいても、地元故郷出身の代表を応援するのが人情である。私も京都から滋賀県に移り住んで20年になるが、未だに関心は滋賀の代表より京都の代表校の活躍の方に強い。


今日、全国高校ラグビーの決勝戦があり、京都代表の京都成章高校が初めて決勝戦に進出したが惜しくも神奈川の桐蔭高校に敗れ準優勝に終わった。今回の選手権が始まって以降、初めから滋賀県の代表より京都代表を応援していたのは野球同様に故郷心理だろう。ところが、京都成章の名は最近でこそ良く聞くが、どんな学校か、どこにあるかも知らない。この機会に調べて見た。


知らない筈である。設立年月日は1986年(昭和61)とあるから、私の高校時代より30年も後の新設高校で、場所は京都市の愛宕山・嵐山から連なる西山連山の近く、西山ニュータウンと呼ばれる新開地にある。京都大学の一部の学部も国道を挟んだ反対側に進出している。京都市と言うより隣の亀岡市・向日市に近い。登校のためには最寄りのJR・阪急の駅からバスで20分とあるから不便なアクセスの私学である。


今回のラグビー選手権準優勝の前に、夏の甲子園での高校野球でも準優勝している。京都のラグビーと言えば何度も全国制覇した伏見工業高校が有名だが、それ以前にも洛北高校・同志社高校など強豪を輩出した歴史がある。今回は残念ながら優勝を逃したが近い将来、再び全国制覇し京都の名を轟かせるチームになって欲しい。関係のない滋賀県より応援している。






                                      

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

面白い

この記事へのコメント