待ち時間なしの本年初検診



今日1月5日は、市内最大の総合病院でかねて予約済の歯科口腔外科医による本年初の検診があった。大病院での受診は長時間待ちの検診時間3分というのが常識であり、私も市内の別の大病院で指定予約時間より最大2時間半待ちの経験がある。受付嬢に受付が漏れていないか苦情の確認をしたことがあるが、前の患者の診察・治療が長引いていると言われた。ところが今日は待ち時間ゼロで意外な気持ちになった。


新年早々の開院からまだ日がないためか、病院の駐車場はほぼ満車。誘導員の案内で本館入口からかなり遠い所に何とか駐車場所が確保出来た。今日は診察に結構待たされると覚悟して、いつもの通り指定の受付場所で診察券を通し受付票を貰って診察室の前の待合席に座を占めた。案の定、待合席には10人程がスマホをなぞったり本を読んで待っている。私も文庫本を取り出してページを開こうとしたら、ポロンポロンと軽やかな音がして、診察室入口に備えられたモニターの上に入室を促がす予約番号が表示される。反射的に目をやるとナント私の番号ではないか。


前から待合席で待っている患者に、「オマエ、今来たばかりじゃないか」との顔付きをされながら、画面の見間違いかもと疑って入室すると室内には4ヶ所の受診席があり夫々カーテンで仕切られている。その中の一ヶ所から看護師が顔を覗かせて私の名前と受診票を確認した。間違いがなかったとアッケにとられて診察椅子に座った。担当医師がにこやかな顔をして新年の挨拶と同時に、「その後、歯の痛みはどうですか?」話しかけて診察が始まった。


かくして、新年初の受診は理解を超える速さで終了した。診察室を出る時は、前から待っている人に気兼ねをしながら元の受付場所に向かった。察する所、診察室には四人の医師が診察していて、私の担当医はたまたま前の予約患者がいなかったためと思われる。


毎回の診察はかくあって欲しいと思って病院を後にした。