孫のような年代に力を貰う


                                                                          

昨年秋に胃の切除手術を受けて退院以降、体重が10キロ近くも落ちて急激に体力が落ちている。医師の助言により激しい運動は避け、朝のウォーキングはそれまで1時間半、7kmが日課だったところ、退院後は少しづつ距離と時間を延ばして来て今では1時間にまで伸ばした。医師は私の年齢からみてそれ以上増やす必要はないと言う。


他に趣味のグラウンドゴルフを退院後は自粛していたが、公式コース32ホールのところ医師の助言で16ホールを限度として練習を開始していた。当然、所属クラブとその上部組織である市の協会の公式行事は5ヶ月欠席を続けた。


4月に入って晴天が続き、市グラウンドゴルフ協会の新年度行事も始まったので久し振りに月例大会と翌日の所属クラブのコンペに出席した。久し振りの参加で協会所属の他のクラブの顔見知りから声をかけられたが、私の顔色を見て随分痩せて老け込んだように見えると無理をしないゲーム運びの助言を受けた。


流石は皆んな年齢を重ねた年の功で見立ては正しく、ゲーム後半には息切れを覚えた。終了時にはベンチの席を譲って貰う程に疲れ感じ、この時に飲んだスポーツドリンクが美味しかった。今迄にない経験である。


仲間からは、もう暫く様子を見た方が良いのではないかと話かけられ、一時はそのように思ったりしたが、この時思い出したのは昨日・今日に大々的に報道された池江璃花子選手の4冠達成のガンバリである。私の場合、入院生活は精々1ヶ月半だったが彼女の場合は10ヶ月、体重は12キロも落ちたと言う。体力の消耗は私の比ではない。


私と違うところは、若さや最高レベルの医師団、トレーナー陣もあるが、何と言っても報じられている強靭な精神力である。どのようなリハビリや体力強化を行ったかは報道されていないが、相当過酷なメニューをこなして来たに違いない。


このニュースを聞いて、孫のような年代の若い女性から年甲斐もなく力を貰った。年齢差による体力の差は庇うべくもないが、精神力だけは見習いたいと思っている。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

この記事へのコメント