歴代首相や議員を騙した原子力発電



現役時代、率先して原発推進を先導し国民を説得していた議員が、第一線から退いたり引退すると一転して反原発派に転向する例が続いている。ブレがないことが身上の政治家としては、己の恥を覚悟の言動である。


「原発再稼働は犯罪的。亡国の政策だ。全部ウソだったとからですよ。原発の『安全』『安価』『安定』、すべて虚構でした」と話したのは、現役時代に国の原子力委員会委員長として精力的に原発推進に動いた中川秀直元自民党幹事長である。毎日新聞デジタルが報じた(こちら)。


元々中川氏だけではない。国の宰相として原発推進を声高に叫んだ元小泉首相が掌を返したように原発廃絶をぶち上げた時、多くの国民はあっけに取られたが、これに呼応するかのように細川、村山、鳩山、菅直人の元首相も続いた。


国家政策として率先して原発建設を推進し実行して来た国のリーダー達が、責任がなくなると一転して水を差す反対運動に転じるのは無責任この上もない。その理由が中川氏の言う「騙されていた。政府も東電も我々も皆、間違っていた。政治、行政、司法や産業界、学界、労働界、マスコミまでが安全神話を振りまき、とりつかれてきた」の意見で共通している。


では騙したのは誰か、原子力の安全神話を振り撒いたのは誰かについての究明はない。専門家は研究テーマの実現、政治家は利権、官僚は天下り先の確保、地元は巨額の補助金収入、電力会社は脱炭素、誰もが原発建設推進で利益を享受していたのである。


「原子力発電」という名は誰もに魅惑的な響きをもたらした。誰もが放射性廃棄物処理の問題を認識していながら先送りにしていた。今の国の国債累積問題を子孫に引き継いで自分達は現下の利益を享受しているのと良く似ている。


我々の後輩、子孫の批判と恨みを買うのは、丁度先の戦争責任を検証せず今の世代に先送りにしているのと良く似ている。日本は総無責任時代にどっぷり浸かっているのである。