大阪市職員、1000人超が集団・深夜会食


大阪市の松井一郎市長は23日、1000人を超える市職員が、3~4月に市職員同士で、5人以上または深夜まで会食をしていたと明らかにした。市民に自粛を求めている最中の行為に、松井市長は「市民の皆様に本当に申し訳ない。全て厳重に対処する」と陳謝した。

 職員同士の会食で新型コロナウイルス感染者が相次いだことから、市が調査していた。非常勤などを除く約2万人を対象に、3月1日~4月4日の期間中、「5人以上」または「午後9時以降」の会食の有無を聞き取った。

 緊急事態宣言が解除された3月以降、市は市民に対し、少人数での会食などを呼び掛けていた。(毎日新聞デジラル)

「全て厳重に対処する」とあるが、具体的にどうするかは述べていない。橋下市長時代なら、例の「入れ墨職員」に対する厳しい懲罰のような対策と行動を伴うだろうが、松井市長は最近とみに元気がないように見える。「吉村寝ろ」と言われるように、連日テレビに生出演し全国に発信している吉村知事と比べて精彩に欠ける。都構想の修正版のような条例を市会で通して一息ついたのかも知れない。ただ住民投票に敗れて辞意を表明した「日本維新の会」の代表辞任の次回衆院選挙及び現在の市長職任期満了の2023年4月までまだ十分時間が残っている。

今回の調査結果は今年3月一杯の実績で、コロナ感染者数が急上昇して東京を追い越した現状との因果関係が証明された訳ではない。ただ、飲食店や市民には犠牲と我慢を要請しながら、これを無視する市職員の姿勢は強烈に非難されて良い。「知事や市長は勝手に吠えてろ」との平気で要請に反する行動が一般市民に蔓延し、大阪の感染者が急増して医療崩壊寸前となったのも無理はない。

専門家が「感染力の強い変異株が広がるなか、感染拡大防止と両立し得る人出の水準がどんどん低くなってしまった。それがいまの関西で起きていて、東京でも起ころうとしている(朝日新聞)」と指摘する由縁である。

上掲の毎日新聞記事に「職員同士の会食で新型コロナウイルス感染者が相次いだ」とある。松井市長は陳謝するだけでなく、この調査からどんな場所の会食で何人の感染者を出したかを分析・公表し実効ある対策を講じるべきである。