説明能力が低下した社会



学術会議任命拒否の理由を聞かれても答えない、説明しないで力で抑え込んで済ますなど、強権国家社会の様相が当たり前のように展開されているが、一方で説明する能力や説得力の不足が背景にある場合もある。最高裁まで持ち込まれた大阪の「表現の不自由展かんさい」が施設利用が認められて開催もその一例である。


元々は「あいちトリエンナーレ」の企画展で昭和天皇の写真を燃やす光景や韓国慰安婦の少女像展示だけが大きくクローズアップされて右翼団体の暴力的な反対運動を招き一時中止となったいわく付きの展示会だが、その意図や趣旨の説明が説得力不十分な点にある。政治的な意図はなかったとしても、そのウラには世論の動向を窺い炎上させる狙いがあったと思われても仕方がない説明もあった。


「あいちトリエンナーレ」の騒動が持ち上がった時のニュースに、「主催者は“表現の不自由展”で何を目指したのか。開幕前に語っていた“企画意図”」の記事(こちら)に詳しい主旨説明があるが、一般には何とも判り辛い抽象的な内容である。


その趣旨説明の中に勘ぐって解釈すれば「公立美術館で撤去されたものを、『表現の不自由展』という展覧会を持ってくる体にして全部展示してやろうという企画」という下りがある。具体的に昭和天皇写真や慰安婦像がいつどこの美術館で、撤去されたのかの説明がない。この際、企画展の主旨に名を借りて世間を炎上させてやろうと邪推する狙いも感じられる。


しかし、今回の「大阪展」を見学した人の感想の多くは「話題になっていたので、見に来ました。実際に見てみると、そこまで反対するほどの内容ではないと感じました」など概ね問題外との見方である。昭和天皇や慰安婦はむしろ話題の向こうに押しやられている。主催者側ももう少し一般大衆に説得力のある主旨説明があったのなら名古屋での一時中止騒ぎはなかった筈である。


わざと具体的な主旨説明を避け、世論を炎上させて「不自由展」に関心を寄せさせる高等戦術があったのなら話は別である。







ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント