自分の妻の呼び方



自分の妻が話題になった時の細君の呼び方がいろいろある。男として意外に面映ゆい気持ちが働くためか、当該の妻がその場にいない時は結構高飛車な表現をする人が多い。


一般には「うちの嫁は」と呼ぶのが普通かも知れないが、話している相手が女性の場合は何となく亭主関白めいた表現と見られると具合が悪いのか別の言葉を探す。私の周囲では住んでいる地域の関西弁の影響からか「うちのヤツ」と言う人が結構多い。こちらの方が亭主関白的な印象がもっと強いが、話をしている相手に対して自分を誇示する気持ちが働くのかも知れない。恐らく実際に家に帰ると奥さんの前では態度や振る舞いが真逆になる可能性が高い。恐妻であることを糊塗する表現とも見られる。


その他に、「うちのカミサン」、「ワイフ」、「うちの山の神」、「うちの女房」、「うちの細君」、「うちの家内」などの呼び方が多い。単に「嫁が」と古めかしい呼び方をする人を一人知っているが、驚くことに結構若い男性の表現である。


このように表現方法が多彩なのは、何となく恥ずかしい気持ちが働いて表現方法に苦労している証左である。従って、自分の細君のことを話題にするのを嫌う人もいる。


ではそんな男が家で、自分の細君に向ってどう呼びかけるか。これが上述の細君のことを話題にする場合よりもっと厄介である。単に「美智子」とか「花子」と直接名前で呼ぶのは少なくなっていると言う。「お前」と呼ぶと叱られそうだし、「あんた」と呼ぶのもよそよそしい。結局「オイッ」で済ませると「オイッとは何よ」を逆ねじを喰らう。そうかと言って今更「ダーリン」と言い合うトシでは更々ない。


一般生活の中で一番身近な間柄でも厄介な難しい問題である。そんな中で我々は平和に生活しているのである。女性の地位向上という社会の動きがこんな所にも現れている。






ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい

この記事へのコメント