太平洋北西部



日本列島ではこのところ梅雨空が続き、大雨で洪水や土石流の被害も出ているが、北米大陸西海岸では雨が降らず歴史的な熱波に見舞われている。緯度では北海道より北で例年夏の平均気温が20℃前後のカナダ・バンクーバーで観測史上最高の49.5℃を記録。合衆国のオレゴン・ワシントン・ブリテイッシュコロンビアでも40℃を超える高温が続き、この3州だけで6月末の1週間に486人が高温で突然死したと報じられている。


この状況をワシントンポストでは、「北西太平洋での歴史的熱波のため、先週合衆国とカナダで数百名が死亡」との見出し記事で報じた。英文では“Historic heat wave in Pacific Northwest has killed hundreds in U.S. and Canada over the past week.”とある。何でもないタイトルだが一瞬「アレッ!」と感じた。


「Pacific Northwest (太平洋北西部)と言えば、我々日本を含む太平洋西側地域ではないか。米国・カナダの太平洋岸なら“Pacific Northeast”の筈」との軽い疑問である。


早速辞書で調べて見た。“Pacific Northwest”には「太平洋岸北西部(PNR)」とあるが、“Pacific Northeast”という単語はない。更に「太平洋岸北西部」をウィキペディアで見ると「太平洋から見た北西部でなく、北米大陸の陸地で見た北西部」とある。何のことはない、韓国がいつも苦情を寄せるように、韓国や中国の同意を得ないで国際的に「日本海」と呼ばれるようになったのと似ている。


私は世界の多くの国を飛び回った経験があるのに、中南米を活動拠点としていたため、日本との中継地点としてロサンゼルスやサンフランシスコ、マイミには良く立ち寄っていた。しかしそれも空港のみか空港近くのホテルで翌日便搭乗の待機のためだけで、米国内での仕事のための渡航は一回きりしかない。従って、米国社会の習慣や常識は殆ど知らない。本や報道から得た知識のみである。「太平洋北西部」という言葉が米国で常用されている意味は今回初めて知った。


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント