検証をしない党



自民党及び自民政権は結果に対しそれを検証しないで済ましている。検証する能力や気持ちに欠けるのが理由らしい。今回も都議選を終えてメデイアから次のように喝破されている。


『政権幹部や自民執行部は、党内の動揺を抑えるため、都議選と衆院選を切り離そうと躍起だ。最終段階で小池都知事が「都民ファーストの会」の応援に駆けつけたことから、「小池氏は天才的なプレーヤーだ」(ベテラン)などと指摘し、小池氏人気に負けたとの総括に終始。党を挙げて選挙戦術の課題を洗い出し、敗因分析を進めようとする姿勢は見られない』。


全くその通りである。ここまで言うのであれば、では何故小池氏に人気があるのか、応援に駆け付けた理由は何かを究明する姿勢はない。また、『首相は告示日に党関係者向けの出陣式に顔を出しただけ。「トップとしてなぜ必死な姿を見せなかったのか」との恨み節も出ている』と言うが、首相が出ると選挙戦に不利だからと消極的だったのは自分達である。『それでも党内で選挙の顔を変えようと「菅降ろし」を始める動きはない』ともある。検証能力欠如はこんな所にも出ている。


「政治とカネ」の不祥事が止まるところがない現状に対し、その原因を調べることなく、いつも「国民の政治不信を招いたとの批判は党として重く受け止める」と同じ紋切型表現で逐一その経緯を検証することなく離党させて済ますだけではいつまでも党内粛清は出来ない。自民党の自浄能力とは本人を離党させて党を守ろうとするだけである。


それでも、長期政権が維持されているのは弱小野党のお陰と言われるが、自民党内部も主義主張の異なる派閥の寄り合いで表面上は結束しているようでも決して一枚岩ではない。単に閣僚の椅子が得られる政権与党であるとの魅力で集まっているだけである。今回の都議選でも、党内対立で同じ選挙区で同時擁立し共倒れになった結果も検証する雰囲気はない。現在の野党各党もこの内情を見て、少々の主義主張の違いには目を瞑って連合し、二大政党政治を実現すべきである。





ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント