号外の意義・効用



菅総理退陣発表に伴い久し振りに号外が発行されたらしい。インターネットが発達し、多くの人がスマホを持って外出中でも直ぐニュースが見られ、大都市ではビルの上部に設置された電光ニュースで瞬時に情報が伝達される時代になっても、現代の瓦版を彷彿させる号外の意義はどこにあるのか、一瞬考えさせられた。


情報伝達手段が豊富になった近代社会で、号外発行のための臨時に記事の作成・編集、予定外の輪転機の運転、出来上がった号外の主要駅前や繁華街での配布員の動員など、広告収入もなく購読料も取らない号外には私の気が付かない意義があるに違いない。


号外とは多くの場合、大都市で配布されるのが普通だが、私の場合、長く京都に住み、大阪に通学し、転勤先の東京にも10年を超える滞在経験がありながら、号外が配られる現場に居合わせた記憶はない。精々、友人知人が「号外が出たよ」と運良く貰って来たのを見せて貰った程度である。


号外とは速報性が売り物だが、貰った人は大概の場合一瞥しただけで鞄の中に捩じ込んだり路上に捨ててしまう。しかし、朝刊・夕刊などは一定期間後に縮小版が発売されて、歴史の記録として保存する手段があるが、号外に縮小版が発行されたとは寡聞にして知らない。重大事件の時だけ特別に発行されるものだけに、本来なら号外の方が縮小版を発行され保存されてしかるべきと思うが、冷たい扱いである。電光ニュースやスマホ・パソコンに登場するウェブニュースは手許に残らないだけに尚更である


テレビ番組の放映中、突然テロップで流れる速報ニュースを含め、迅速な情報伝達手段の多くがその場限りの掃き捨てという点で共通しているが、号外が出るということは、例え路上に捨てられるとしても内容は特別な別格の重大ニュースであるとの印象を与えるだけで意味がある。








                                                                   

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント