供給者の都合で使用者が迷惑を被る不合理



折角機嫌よく使っているのに、売った側の勝手な都合により変更され消費者が迷惑を被ることがよくよくある。特にハイテク製品に多い。先日のドコモの大規模な通信障害で200万人もの消費者が携帯電話を一時使えなくなったのは、ドコモのサーバー切り替え作業のトラブルによると発表された。より性能向上のために設備を更新する顧客サービスのためだろうが決済や通信など消費者の日常生活に大きな影響を与えた。使用者が関知しない理由で犠牲になったのである。


性能向上のためにグレードアップされるのは何も新たに供給される製品だけではない。使用者がなに不自由なく使っているものまで勝手に侵入して来て使い勝手に影響を与えるものにマイクロソフトによるパソコンの自動更新がある。その夜のパソコン操作を終わってシャットダウンしようとすると「更新してシャットダウン」の表示が出ると憂鬱になる。なかなか更新が終わらず長々と待たされて就寝時間が遅れるだけではない。翌日パソコンを立ち上げようとしても中々立ち上がらない。やっと立ち上がったかと思うとどこかの機能が変更されている。「自動更新されたらタスクバーの入力モードが消えてしまった。どうすれば良いか」などの質問がQAサイトに出たりするのはその影響である。


私が利用しているインターネットのプロバイダーであるKDDIから「重要なお知らせ」と表記した封筒が郵送されて来た。「ダイアルアップや3Gなどの低速回線向けの一部サービスについては、昨今の光回線の普及や4G LTE スマーフォンの浸透による利用者の減少に伴い、サービスの提供を2022年3月31日をもって終了させて頂くことになりました」と一方的な通告である。


冗談じゃない。私がこのサービスを契約したのはまだ光回線が普及する前で既に18年前である。その後、今の居住地域に光回線が来た時に直ぐに切り替えたが契約そのものはダイアルアップ時のメールアドレスをそのまま引き継いだものである。従ってサービス終了以降はこのアドレスが使えなくなるらしい。このアドレスは広く海外の知人・友人やNYタイムズなどの無料購読契約に登録してあるため簡単には変更出来ない。


以降も月額利用料を払えば引き続き今のメールアドレスを利用出来るらしいが、供給者の勝手な理由で出費を強要されることになる。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント