我が家の裏庭にセアカゴケグモ来襲?



病院で診察が終わって受付け前で診療費請求書と薬の処方箋が出て来るのを待っていると手持ちの携帯電話のバイブの振動が伝わって来た。内容はカミサンからのメールで「裏庭にセアカゴケグモらしい大きな蜘蛛がいる。怖いので直ぐに返信してくれ」との内容である。直ぐに市役所のしかるべき部署に連絡するよう依頼した。


帰宅して市役所の返事を聞くと、「市役所のホームページにセアカゴケグモの写真を掲載しているので比較確認して欲しい。絶対に手で触らないように」とのことだった。市役所のホームページは複雑怪奇な仕組みになっていて簡単には目的のページに到達出来るものではない。改めて電話をかけ、担当部署名とそのページに至る手順を聞き出してやっと目指す写真を見付けた。


裏庭の蜘蛛 (5).JPG

我が裏庭で巣を張っている蜘蛛の写真を撮り市役所のホームページと比べると良く似ているようだが僅かに縞模様が違う気がする。市役所の担当部署は環境政策課でメールアドレスを聞き出して、自分の撮影した写真を5枚添付ファイルで送り判定を依頼した。上掲の画像はその内の一部である。


翌日市役所から電話があり、「セアカゴケグモではなさそうで、女郎蜘蛛と見られる。念の為、ウェブサイトの情報と比較して欲しい」との返事だった。早速女郎蜘蛛で調べて見ると、成程こちらの方が近い。ただ「女郎蜘蛛はコガネグモと良く間違えられる」とあり、双方と比較して見ると脚の形状が異なり、我が家の来訪者は女郎蜘蛛だったようである。


尚、市役所の担当者の話では、「例えセアカゴケグモだったとしても、大量に見つからない限り市役所からイチイチ出かけることはしない。絶対に手を触れず、熱湯を浴びせれば駆除出来る」とのことであった。


今朝裏先で確認して見ると珍客はいなくなっていて細い蜘蛛の巣の糸だけが朝風に揺らいでいた。