熊は鮭を食べない?



滋賀県湖南地域の住宅や商店、工場などの入り口には必ずと言って良い程、信楽焼の狸の人形が立っている。似たような風潮として、北海道に旅行した人の多くは、熊が鮭をくわえた木彫りの土産物を買って来て、応接間や玄関に飾っている。我が家にも、大きくはないが信楽焼の狸は玄関の外側、熊の木彫りは玄関の内側の下駄箱の上に飾っている。


私が北海道を旅行したのは十代の終わりの頃なので、木彫りの熊は半世紀以上も我が家に居座っており、転居を重ねたにも関わらず常に同行した。従って、北海道の熊は産卵を終わって川を遡行する鮭を待ち構えて食べるものとの強い固定観念があった。しかし後年、「熊は鮭を食べない。食用にすることはない」との話を聞き吃驚したことがある。


この話が本当かどうかを調べるには、インターネットが発達して、知りたいものは何でもネット上で情報を探せるようになるまで待つ必要があった。まず第一に目に入ったのは「知床のヒグマはサケを意外に食べない」と題した記事である。北海道大学農学研究院の論文に京都大学やニュージーランド・マッセー大学も共同研究の結果とあるから科学的な裏付けがある。熊は鮭を食べるという通説があったのに衝撃的な発見との記述があるので、熊は鮭を食べるものとの通説があったことも述べられている。


次の記事は、鮭を食べるのはエゾヒグマでそれも鮭の皮と卵だけで肉は食べないとの記事があった。エゾヒグマだけでなく、アラスカに生息するヒグマも同様で、鮭の皮と卵に栄養分があるからとされている。そう言えば私も塩鮭の切り身の焼き物の皮が大好きだが、栄養分があるとは知らなかった。熊よりもグルメ知識に欠けるようである。


いろんな情報が飛び交っているが、熊は鮭の肉は食べないとの意外な事実に驚いた。実際、熊が川の中で待機して鮭を咥える写真は良く見るが、誰でも肉を食べると理解するがそうではないみたいである。


何故今頃これを話題にするかと言えば、今月のJAFの機関紙に川の中で鮭を咥える熊のお馴染みの写真が出ていたので、昔に調べたことを思い出したからである。






"熊は鮭を食べない?" へのコメントを書く

お名前
ホームページアドレス
コメント