テーマ:クルマ

高齢者の運転は罪悪か?

良くない事件は何故か連続する傾向がある。航空事故、テロ、地震災害、いじめによる小中学生の自殺、路上での無差別殺傷事件、通学列への暴走車など、平素は起こらない事故が相次ぐ説明のつかない因果関係がある。最近は、高齢者による自動車加害事故がある。 コンビニに突っ込んだ、横断中の歩行者をはねた、走行車線を逆走したとのニュースを聞くたびに、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

お隣の国も高齢者運転手が増加

自動車運転の経験年数が自慢の筈の高齢者に、自覚のないハンドル、ペダル操作のミスで交通事故を起こすケースが増えている。かくいう私も、恥を忍んで“もみじマーク”を貼り付けて走っている。増え過ぎる高齢者ドライバーに、免許証自主返納制度も導入された。お隣の韓国でも、ドライバーの高齢化が顕著になっている。 韓国では、65才以上のドライバーが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高齢者の自動車運転

コンビニの駐車場から、ブレーキとアクセルを踏み間違えて店に突っ込んだとか、高速道路で逆走した報道に接すると、高齢者によるミスだとピンと来る。報道を良く聞くと、確かに間違いはない。本人達が意図しなくても、加齢による運動動作機能の狂いから来たものである。 高齢者が運転している傍を走るドライバーの注意を促すため、もみじマークとか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

免許証にキズをつけないように

娘の自動車保険は、免許を取ってからずっと大手損保で、毎年自動的に継続更新されていた。保険料の安いダイレクト保険が主流の現代に、バカ高い大手損保の代理店型を継続するのは不経済と、今流行りの一括見積もりで調べて見た。 昨年大手損保に支払ったのは\42,450、今回同条件でダイレクト保険6社からの見積もりは最も安いのが\27,270…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

8年振りに赤字の三菱自動車

燃費試験不正問題の影響で、三菱自動車が8年振りの最終赤字見込みと発表された。問題となった軽自動車だけを見ても、三菱のekワゴンと同車種のデイズを日産が3倍多く販売していたという圧倒的な販売力の非力がありながら、8年も健全経営を続けられたのは軽自動車以外と海外販売及び三菱ならではの企業結集力が貢献していたと思われる。 私の住む守山市…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愛車が段々小さくなる

昨年7月、長年乗っていたため税金が跳ね上がるブルーバード・シルフィに見切りを付け、娘に新車を買ってやる代わりに、彼女が乗っていたムーヴを引き継いだ。乗り心地が格段に悪くなったが、もう遠乗りする年齢でもないので我慢していた。そのムーヴも次の車検から税金が跳ね上がる時代ものになって来た。 今までより高くなると言っても、軽自動車のことで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三菱自動車会見記事の裏側

毎日新聞に、『「力のない子会社」に燃費向上を丸投げした三菱の罪』の見出しの記事がある。素直に読めば、全て三菱自本社の責任と理解されるが、このケースに限っては必ずしも当たっていない。大企業・子会社・下請け・孫受けという日本の企業集団の実態が見事に浮き彫りになっている。 私も大企業と言われた会社に勤務し、他の製造・商業などの分野の大企…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

危ないとは判っていても、ツイ!

危険であることは十分承知していても、自分は大丈夫だろうとついついやってしまう危ない行為がある。自意識のある範囲では、横断歩道でない場所で、車列の途切れるのを確認して斜めに道路を渡るなどがその類である。 やかましく言われていながら中々なくならないものに、運転中の携帯電話やメールがある。平成25年は全国の検挙数だけでも116万件あ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

免許証自主返上適齢期に新車購入

運転免許証の自主返上の誘いがかかる年齢の私が、今更乗り換えすることもないと、娘が乗っていたムーヴを引き継いで丁度一年になる。その車が、下取りの出来ない廃車段階に来ているので、車検前に乗り換えたら?とディーラーから耳打ちがあった。まだ3万2千キロしか走っていないので惜しいと言ったが、自動車の価値は走行距離もさることながら、中古市場では年代…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三菱自動車の企業体質(私見)

昨日のブログに続いて三菱自工の話。三菱系と呼ばれた企業に新入から定年まで身を置いた中で経験した私見である。メディアでは三菱の隠蔽体質と形容しているが、「隠蔽」という語はある種の悪意を示す批難めいた言葉である。三菱企業が何故こんな言葉で形容されるのかを考えて見た。 私が勤めていた企業は三菱系と言ってもグループ会社である。創業…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三菱自動車、妄想の自作自演

三菱自動車の燃費不正データが、提携先の日産から指摘されて初めて公表したことで、過去二回のリコール隠しと関連して同社の隠蔽体質が強く非難されている。 今回の問題は、カタログに記載している燃費の数字がウソだった点にある。確かに現代のエコ時代に、自動車メーカー各社は燃費に関する技術向上に鎬を削っており、その数値が企業の技術水準を表す指標…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

どの車も同じ模様のフロントガラス

一昨日は一日中降り続いた雨が砂埃を含んでいたのか、或いはその前に自動車のフロントガラスに付着していた砂埃が、雨のためドロになったのか知らないが、我が愛車の窓ガラスには乾いた斑点が点々と付着していた。フロントガラスだけではない。周囲の窓ガラスだけでなく、折り畳んであった筈のサイドミラーも見難い。 フロントガラスは、ウォッシャ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

恐ろしい運転中の発病

大阪梅田のヨドバシカメラ前で、歩道にノーブレーキで突っ込んだ運転手は、運転中に突然発症した動脈瘤解離だったらしい。日頃は元気そのものの健康体だったと言われている。 私がこのブログページを開設したのは、会社時代の先輩の薦めだった。彼は早くからブログを初め、ゴルフやドライブを愛する元気な人だったが、ある夜自宅で晩餐中に突然倒れ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

道交法を遵守して捕まることがある

“飲んだら乗るな、乗るなら飲むな”という標語がある。飲酒運転、酒気帯び運転には道路交通法で厳しい罰則があるのは洋の東西を問わず同じである。米国に、飲酒したので法に背むくことは許されないと運転を諦めたのに御用になった夫婦がいる。 この夫婦は、無謀にも安全を危うくし、子供に対する注意を怠った疑いで逮捕されたが、裁判所では道交法を厳格に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

努力しても回復しない能力

高齢者が運転免許証を更新するためには、高齢者講習受講の必要がある。75才以上となれば、更に講習予備検査を受けることが義務付けられている。別名「認知機能検査」なる判りやすい表現もある。今日、この講習と検査のため、指定された自動車教習所に行った。 集められたのは11人で、明らかに私より年長者が多かった。中には、耳の裏に掌をかざして聞き…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

横断歩道で車列の通過を待つ歩行者

私は車で横断歩道に差し掛かる時、車の通過を待つ歩行者を見かけると必ず一旦停車する。ただ、親に手を引かれた幼児がいた場合、車を停めたのが良かったのかどうか、いつも反省してしまう。横断歩道手前では車は必ず止まるものと子供が覚え込んでしまうと、却ってその子に危険を及ぼす可能性があるためである。 道交法の規定に関わらず、横断歩道手前で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

正月三が日の飲酒運転

高速道路はUターンラッシュで渋滞する正月三が日であるが、街中を走る車は極端に少なくなる。殆どの企業が休業しているので、トラックの数がスーパーやコンビニへの配送する車を除いては走っていないためである。走っているのは殆どが乗用車であるが、時節柄お屠蘇が入ったドライバーは平素より多いに違いない。 正月くらいは大目に見てやろうとの親切…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マイカーの自動車保険

自分の車の自動車保険は、会社勤務時代に仕事上で取引があった大手保険会社から、社員割引があると言われて契約して以来、定年退職後もOBとして毎年継続して同じ特典を受けて来た。他社との比較検討などしなかったので、自動車保険はこんなものかなと思っていた。 ある日、「走った分だけの保険」と繰り返すテレビCMに、面白半分にネットで自分…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今月のガソリン給油価格は本年最安値

私は6月に普通車から軽自動車に乗り換えたため遠乗りをしなくなった。そのため、ガソリンの給油は25日に一回で済む。およそ一ヶ月毎である。いつも利用するガソリンスタンドでは、一回の給油で次回はリッター当り5円引きの特典券を発行してくれる。この有効期間が一ヶ月だから、私は毎月給油する毎にこの恩恵に預かっている。 今年の6月以降、下がり続…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

選挙カーと道路交通法

滋賀県の我が小都市で現在、市会議員選挙の運動期間中である。定員22名に対して27名が立候補している。内、現職17名、新人12名で、落選者が5名出るという、無投票当選という無気力な地方選が多い中では激戦の中に入る。 まだ選挙戦半ばと言うのに、早くも「苦戦中です」と悲鳴に似たウグイス嬢の声が選挙カーから聞こえる。 その選挙カ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

VW会長、退職で80億4千万円受給か

フォルクスヴァーゲン(VW)のディーゼルエンジン車排ガス規制逃れの不正車スキャンダルで引責辞任を表明したヴィンターコルン会長が、退職時に受け取る金額は、年収と退職金を合わせ約6千万ユーロ(約80.4億円)の見込みと米紙が報じた。 ヴィンターコルン会長は、昨年ドイツ企業のCEOとして最高額の年収を受け取っており、その後も企業を成長さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

流しのタクシー

長年京都で生活し、東京に転勤しても、街の中には流しのタクシーが走り回って、歩道から手を挙げると目の前で止まってくれるのが当たり前と思っていた。海外に出張しても大都市が仕事先だから条件は同じである。 その人間が滋賀県の小都市に移住して気がついたのが、駅前や大病院の玄関先には待機していても、手を挙げれば止まって乗せてくれる流しのタクシ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セダンから軽自動車に乗換えて一週間

長年乗り親しんでいた1800ccのシルフィから650ccのムーヴに乗換えて今日で丁度一週間。毎日乗ってはいるものの、まだ運転感覚は前のセダンが尾を引いている。 車のサイズが小さくなったこと、ホイールベースが短くなったことなどによるハンドル操作が容易になったため、狭い道の離合の場合など従来以上にラクになり、緊張の度合いも低くなった実…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

愛車を手放した日

我が家の足として、長年日産のブルーバード・シルフィの世話になった来た。早いもので、ホンダのシビックから乗り換えて、今月中旬の車検を受けると13年になる。ディラーからは、重量税が一挙に15%も上がって4万5千円を超えるので、この際新車にしては?とのお誘いがかかっていた。 シルフィを買った13年前には、今更ブルーバードでもないだろうと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

商売敵、競争メーカー

どんな業界によらず、商売敵とか競合メーカーはお互いに目の仇である。特に日本ではことの他厳しいし、陰険、子供の喧嘩の様相すらある。 私もあるメーカーに勤めていたが、主力製品は技術集約型多機種少量生産で、どちらかと言えばニッチの分野であった。しかし、国内だけでなく海外にも強力な同業メーカーがあった。私は営業畑だったが、開発技術者はこれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

75才以上のドライバー、免許取消し急増?

75才以上の後期高齢者を対象にした改正道交法が成立した。認知機能検査が強化され、認知症の怖れがあると診断されたら、交通違反をしていない優良ドライバーでも医師の診断を義務付けられることになる。 今でも75才になって免許更新する時には、認知機能検査を受けている。この時に、認知症の怖れがあると判断され、道路逆走や信号無視などの交通違…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春の日の洗車

細かい埃や西方から黄砂が飛んで来るこの時期に、自動車の洗車を行うのは労多くして効少ないものである。その精か、行き交う車の多くのフロントガラスが、ワイパーの作動範囲をクッキリと半円形に描き出して走っている。自分だけがズボラな訳ではなく、ドライバー仲間は皆同じなのである。 その意味で、自分だけではないという同族意識があるが、余りに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

段々肩身が狭くなる高齢者ドライバー

和歌山の白浜で、スーパーマーケットに乗用車が突っ込み、運転していた79才の男性が死亡した事件があった。ブレーキ痕がないため、アクセルとブレーキを踏み間違えた可能性がある。 最近、この種のニュースが絶えない。高速道路での逆走があれば、必ず高齢者と決まったものであり、酷いのは平面交叉の踏切から、線路内に入ってレールの上を走ったものまで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

渋滞道路での右折車両

毎朝のウォーキング途中に、片側一車線の県道を横断するが、通勤時間帯で両側車線とも車の列が絶えない。ところが、この道路を歩いて横断するのに何ら支障がない。というのは、片側の車線には車が連なって一向に動かないので、ラクラクとすり抜け、反対方向から来る車にだけ注意を払っていれば良いからである。 車が渋滞して動かない理由は、その先に信…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大手との自動車保険契約の愚かさ

前々回のこのブログ・ページで書いた自動車保険更新について、ネットの一括見積もりサイトで回答のあった四社の内、三社から確認の見積書が届いた。その中の一社が、テレビでマウス型の車に乗って走る女性のCMで知っているイーデザイン損保である。 この会社が東京海上グループだと知って驚いた。そう言えば、CMソングで”♪東京海上グループの~♪”と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more