テーマ:日記

今の時代の回覧板

郷ひろみを知らない中学生がニュースになる現代、「♪とんとんとんからりと隣組 格子を開ければ顔馴染み 廻して頂戴回覧板 知らせられたり知らせたり♪」の歌い出しで始まる「隣組」の唄を知っている人は現在の日本に何人いるだろうか。私は長い間この唄の題名を「回覧板の唄」と思っていたが、実は「隣組」だったそうだ。 いずれにせよ、隣組制度も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

警察が道交法違反を放置

車を運転中にスピード違反や一旦停止、信号無視などで我々にキップを切り罰金を払わせる警官が、自分達も緊急出動でないパトロール中に駐車違反や一方通行違反で市民から通告されるニュースに時々接する。この場合、当該の警官が罰金を払っているのか、免許証の色が替えられているのかの報道は見たことはない。 上掲の写真は、一見何の変哲もない街…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

「折角の機会なので」で思わぬ発見

「知らなければ済んだのに」と思ったことで一仕事出来た。歯の痛みが上顎と下顎の骨折によるものと判らず歯科医や耳鼻咽喉科を歴訪して診て貰った末、歯科口腔外科の領域と判り紹介状を発行して貰ったのだが、耳鼻咽喉科での診察は初めてであり今後も世話になることはないと思い、「喉の痛みも覚えているのでついでに診て欲しい」と漏らしたのが一言多かっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ネット上にはびこるCM

ウェブ・サーフィンをやっていると、どのサイトにもうるさい程のCMが画面に出て来る。それもその頻度が鰻上りに増えている。テレビのCMのように否応なく見さされる程ではなく、大抵のCM画面に「閉じる(X)」ボタンがあって自由に消去出来るが、中にはこの選択ボタンがなくてCM動画が終わるまで消えないものもある。ただ、5~10秒程で自動的に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高齢者は狙い目

『「アレッ?家の鍵かけたっけ?」、「アレッ?何しに来たっけ?」、「アレッ?財布どこに置いたっけ?」、「買った物を置き忘れて来た」』。イチイチ身に覚えのある出来事であるが、これは認知症予防のサプリの新聞広告である。他にも、「膝・関節の違和感を覚える方へ」、「ノコギリヤシ、夜中に何度も・・・」、「背筋がシャンと伸びて若々しく歩ける」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

効く薬と効かない薬

退院後、経過観察の病院通いの増加と共に、毎日服用する薬の種類がまた増えた。今まで就寝前の血圧降下剤だけで済んでいたのに、今は朝食後に一種類、夕食後に二種類、就寝前に一種類を毎日服用している。 薬の歴史は人類の歴史と共に歩んで来たと言われる。一万数千年以上も昔の縄文時代の住居の遺跡から薬草と見られる化石が発見されたとの話がある。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まだ薄暗い朝

一年で夜が最も長く、昼が最も短いと言われる冬至から丁度一ヶ月が過ぎた。言葉通りなら今頃は夜明けが早くなっているのだが、夏だと太陽の光が降り注いで明るい午前6時頃でも今は真っ暗である。 なお、1年で日の出の時刻が最も遅い日・日の入りの時刻が最も早い日と、冬至の日とは一致しない。我が滋賀県では、日の出が最も遅い日は冬至の約半月後で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

SMSによる宅配便の不在通知は詐欺メール

先程、次のようなメールが私の携帯電話に入電した。『ご本人様不在の為お荷物を持ち帰りました。ご確認下さい。http://nnnsxztbkf.duckdns.org』とあり、発信人電話番号は08030848935と出ている。 たまたま、義妹より私宛に退院見舞いの品物を送るとのメールを受け取っていたので気にしたが、今日は一日家族の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

次々と新しい病状

胃の摘出手術の後、連鎖的に色んな新しい後遺症の影響が出て来て、その都度今迄診て貰ったことのない診療科通いが続いている。今度は咽喉の食道に映し出された気味の悪い影である。最悪の場合は癌細胞の可能性があると医師は懸念している。 何故胃の手術と関係のない部位の異常に至ったかと言えば、まず長期退院後のリハビリのためにウォーキング中、足…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

26年前の今日

近畿では未曽有の阪神淡路大震災が起こって今日で26年目。京都に住んでいた私は、その日は東京に出張中で少しの揺れも感じなかった。神田のビジネスホテルで目を覚まして、テレビをつけると「京都で大地震」の字幕が目に飛び込んで来て驚いた。着るものも着ないまま部屋の電話機で自宅に電話したが通じない。テレビカメラはまだ現場の状況を映しておらず…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

身近でも目が届いていなかった別世界(その2)

先月初めのこのブログページで、「身近でも目が届いていなかった別世界」と題して「紙おむつ」の経験を書いた。改めてそのページを読み直してみると「紙おむつ」なる言葉を連発している。しかし、正確な表現ではないらしいことが判った。 「紙おむつ」とは赤ちゃんが使うもので、大の大人が使用するのと同じ扱いにするのは大人の沽券に関わるとヘンな理…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カードケースを失くした

昨年末に多数の診察券を入れたカードケースを紛失した。何しろ小児科と産婦人科以外の殆どの診療科の医院及び近郊の二大総合病院の診察券を一つのケースにまとめたので、殆ど毎週のように医院に通う我が身にとっては不便極まりない。 紛失した場所は判っている。12月28日に済生会病院で診察を受けて受付で請求書と薬局の処方箋を受け取る時、同時に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

経験者に聞いた胃手術後の兆候

昨年出した年賀状に、ごく親しい友人・知人だけに手書きで昨秋に胃の摘出手術を受けたことを書き込んだ。川柳に「年賀状手書き部分だけを読み」とあるように、読んでくれた相手より相次いで4人より見舞いの電話を受けた。 最近の年賀状はパソコンで自作するのが多いが、挨拶文にいくら頭を捻って考えても印刷されたものは余り読まれない。そのために多…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

待ち時間なしの本年初検診

今日1月5日は、市内最大の総合病院でかねて予約済の歯科口腔外科医による本年初の検診があった。大病院での受診は長時間待ちの検診時間3分というのが常識であり、私も市内の別の大病院で指定予約時間より最大2時間半待ちの経験がある。受付嬢に受付が漏れていないか苦情の確認をしたことがあるが、前の患者の診察・治療が長引いていると言われた。とこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今年の初稽古

正月も三日目、今日も晴れで定例ウォーキングの後でグラウンドゴルフの初打ちを近所の公園で行った。退院後、暫くしてこの公園で少しづつ初めていたが、今日は15m・25mホールを各10回、計20ホールを練習した。ホールポストは町内の自治会からの借り物で、各ホールの距離は自分の歩幅と歩数で計算して設置している。 正月休みとあって、公園で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

83年目の正月

まさかここまでと思ってもいなかった2021年の正月を家族三人で無事迎えることが出来た。自分としては83年目である。東京五輪が決まった時でも、「その時はもう」と他人事に思っていたが、コロナ騒ぎがなければテレビでみることが出来た筈だった。若い頃は、21世紀を迎えた時が自分の人生の終わりとの目標だったが、それから20年を経過している。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アルパカのセーター

毎年冬になると押し入れの引出しから出して洋服ダンスに吊るしたまま着ることなく、春になると元の押し入れに引出しに仕舞い込む二着のセーターがある。稀少なアルパカの純毛セーターで1983年にペルーに駐在赴任した夏休みにマチュピチュを訪問した時、前夜に宿泊したクスコで買ったものでもう37年になる。 何故着ないかと言えば、気を付けて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

二日連続で病院に缶詰め

二日連続で済生会病院に缶詰めになった。退院したばかりの病院に再入院した訳ではない。外来診療で二日連続の昼食抜きの苦難にあったのである。二日目は予め判っていた。手術後の経過観察で4つの関連する診療科が、折角来院するなら同じ日に設定してあげようとの親切心で、1時間置きに連続する予約を組んでくれていた。 問題は一日目の予想外の外…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

儲け主義の医院

近所の皮膚科医院に行った。別に診察治療して貰うような症状は何もない。毎年この時期に出て来るパックリ傷と言われる「ひび割れ」が、右手指に5ヶ所、左手中指に1ヶ所出来て、前回貰った薬が良く効いたため、再び貰いに行ったのである。受付で、「忙しい先生に診て貰うような症状ではないし、後の患者も待っているので、薬の処方箋だけ発行して貰え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

驚きの喪中はがき

今まさに年賀状を作成中、驚きの喪中はがきを受け取った。故人の名で驚いたのではない。昨日に亡くなった人の喪中はがきが翌日の今日郵送されて来た、その時間的な問題である。 今日、12月9日に届けられた喪中はがきには、「実弟(名前入り)が12月8日73才で永眠しました」とある。差出人は私の古い友人で発送地は京都、私の家は滋賀県…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダンピング症候群

「ダンピング」とは海外取引に取り組む現役時代に良く聞いた言葉だったが、「ダンピング症候群」と聞いて意味が良く分からなかった。この言葉に接したのは、入院中の胃切除手術後に病室に訪れた栄養士からで、経済用語ではなく医学用語だったのである。それも、胃を切り取られた患者しか耳にすることがない特殊な言葉である。 「ダンピング症候…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

身近でも目が届いていなかった別世界

ドラグストアの商品棚の一角に、大人用「紙おむつ」の売り場がある。普通一般人は立寄ることのないコーナーだが、試みに一度覗いて見ると良い。「商品棚の一角」と言ったが、「一角」どころの話ではない。商品棚の端から端まで一列に亘ってズラリといろんなメーカーの「紙おむつ」の入った大きな袋が満載である。中には「尿漏れパッド」という「紙おむ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

余程頭の良い人が考えたに違いないソフト

長期入院から退院して一週間、気が付けば12月が目前に迫っている。カミサンから督促を受けて今年はまだ年賀状の作製に手が付いていないことを知らされた。体調はそれどころではないが、時間との勝負で気が進まないまま作り始めた。 賀状の作製はいつもパソコンの標準に付いている「筆ぐるめ」を利用している。ただこのソフトは余程頭の良い技術者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日読み終わった本―「仏教抹殺」

今日読み終わった本: 『仏教抹殺』 鵜飼秀徳 文春新書 2018年12月 「今日読み終わった本」といつものタイトルだが、実は入院中に読んだ本である。入院が長引いたため、図書館の返却日をはるかに過ぎ、家族に返本を依頼せざるを得なかった。 本の内容はショッキングなものだった。明治維新に神仏分離令、それに伴う廃仏毀釈…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

入院していました

このブログページは、昨10月14日より更新なく、それ程殆ど毎日更新していたのが急に沈黙してアクセスして貰っている友人・知人に心配をおかけしたことをお詫びする。 10月14日、かかりつけの医師より電話あり、血液検査の結果が良くないので大病院で精密検査を受けるため紹介状を渡すので取りに来いとのこと。急ぎ受け取りに行くと、明日に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最近の医者は病気を治してくれない

死者の検死などを専門とする法医学関係を除いて、医者は一般に『修理屋』と言われている。病気の原因を究明し、病巣・患部を除去して治してくれる、つまり身体を正常な状態に戻してくれるところから来ている。ところが、最近の医師の多くは患者の診断・治療はしてくれず、単なる薬の処方箋発行が主体となっている。 私も毎月一回、コロナ騒ぎが始まって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

目立ちがり屋の逼塞

私の朝のウォーキング・ルート途上に日本コカコーラの守山工場がある。隣にダイハツ・ディーゼル工業があり、双方共広大な敷地を持っているが、両社を挟む道幅は約3m、中型乗用車がやっと通れる程度で殆ど寄り添っている。 コカコーラと言えば、列車の車窓や街中の自動販売機などどこからでも目に付く赤い商標がこれでもかと言う程派手に表示されてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

怪電話コール受信

今日の午後3時23分、手許の携帯電話に着メロが鳴った。待ち受け画面には相手の電話番号“+1866731xxxx”と表示されている(下4桁は敢て非表示とした)。携帯の電話帳に登録されていないため実数が出たので元より心当たりはない。不審に思って応答しないで放置すると21秒で切れた。さぁ~誰からの電話か。 冒頭に「+」とあるので国際…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

光らない反射テープ

夕食後、腹ごなしを兼ねて約20分のウォーキングに出かける。前半は近所の小学校を一周、後半は幅2m位の車も通れない田畑をジグザグに貫く小道である。秋の日の暮れるのは早く、周囲は真っ暗なので懐中電灯片手に反射板テープを貼り付けたタスキを肩からかけている。 この襷は運転免許証更新の際、運転免許所からくれた高齢者用安全襷で「守山野洲交…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ガラケー睨んで「To be or not to be」

ソフトバンクより案内状が来た。「ソフトバンクでは周波数の有効利用による安定した品質かつ快適な通信サービス提供のため、2024年1月下旬に3Gサービスを終了します。サービス終了に伴い、お客様がご利用中の機種は、通話・メールなど全てのサービスがご利用頂けなくなります」とある。 “お客様がご利用の機種”とはガラケーである。こ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more