テーマ:日記

熊は鮭を食べない?

滋賀県湖南地域の住宅や商店、工場などの入り口には必ずと言って良い程、信楽焼の狸の人形が立っている。似たような風潮として、北海道に旅行した人の多くは、熊が鮭をくわえた木彫りの土産物を買って来て、応接間や玄関に飾っている。我が家にも、大きくはないが信楽焼の狸は玄関の外側、熊の木彫りは玄関の内側の下駄箱の上に飾っている。 私が北海道…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自分の妻の呼び方

自分の妻が話題になった時の細君の呼び方がいろいろある。男として意外に面映ゆい気持ちが働くためか、当該の妻がその場にいない時は結構高飛車な表現をする人が多い。 一般には「うちの嫁は」と呼ぶのが普通かも知れないが、話している相手が女性の場合は何となく亭主関白めいた表現と見られると具合が悪いのか別の言葉を探す。私の周囲では住んでいる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅雨時の天気予報

テレビ番組で気象予報士による天気予報は一定の評価を得ている。誰もが旅行やスポーツなどの催しで外出する機会を持っており、天気予報は大きな存在になっている。特に戸外での催しでなくても、毎日の洗濯やスーパーやコンビニでの買い物、通勤・通学などの日常生活に毎日の空模様、週間天気の動向には大きな関心がある。 気象衛星やスーパーコンピュー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コロナ流行下のオーケストラ

昨年6月、英国の二大指揮者であるサイモン・ラトル(ロンドン交響楽団)とマーク・エルダー(ハレ管弦楽団)が連名でガーディアン紙に「コロナ・パンデミック下では英国交響楽団は生き残れない」と題した公開状を寄稿した。交響楽団だけでなく、クラシック音楽界に従事するアーティスト達は演奏会の取消しによる収入源を失い、500年以上に亘って継承さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

良く利用した会社の保養所が流された?

まるで津波が押し寄せたような熱海の土石流の光景をテレビニュースで見ていて、現場が熱海市の伊豆山地域とのアナウンサーの声に仰天した。勤務していた会社の厚生施設の保養所「熱海荘」があった場所なのである。 慌ててグーグルのストリート・ビューとテレビニュースで映し出される現場近辺の光景を交互に見比べた。テレビニュースに表れるいろんな惨…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

加齢と共に進まない断捨離

ある日の毎日新聞朝刊の読者投稿川柳欄に、その日の優秀作品10句と上位3句に対する選者のコメントにこんな記述があった。 最優秀句:「目に付かぬ場所に移して断捨離と」選者評: 「気持ちは“断”しているので結構ですが、物理的に“捨離”出来ていません。一年間使っていなかったものは思い切って捨てましょう。そして必要になったら買い戻す、そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

継続は力

数十年前の現役時代に、韓国の代理店に聞いた話では、当時の韓国では企業規模の大小に関わらず、毎日始業前の15分間、全従業員に日本語・英語・中国語のいずれかを選択させて外国語会話の訓練を行うことが通例との話を聞いたことがある。複数の韓国取引先からの裏付け話もあった。日本企業による「朝礼」のような企業文化として定着していたものらしい。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コロナ・ワクチン接種後の副反応

コロナ・ワクチンを接種したと話す人が私の周囲にも増えて来た。その後の副反応は、日常生活に支障を来したとか接種後は2~3日安静にした、特に異常はなかったなど男女差に関わらず人によりまちまちである。中でも多いのは2回目接種後に注射した場所に痛みがあったというのが一番多く、中には暫く腕が上げられなかったとの極端な経験をした話も聞いた。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

写真はイメージです。

新聞折込みチラシや新聞・雑誌に掲載されている広告写真には、必ずと言って良い程「写真はイメージです」と小さな文字で注記がある。極端な場合は、百貨店やスーパー、量販店で販売されている商品を包む内包装紙にまで記載されている。日本特有の傾向と言われて外国にはその例がないが、この習慣はどこから来たのか、過去に何か実物と異なるとの違法騒ぎが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

飲酒可否は医師の嗜好次第

病院や診療所での診療或いは検査日前後に飲酒が禁止されるケースが結構多い。前日の飲酒が禁止される場合は事前に厳しい通知が出される。病院・診療所側の自衛のために書面で通知される。問題は手術など大袈裟な治療でなく、軽い治療や検査で飲酒可否が不明か微妙な場合、吞兵衛は必ず医者に確認するが、同じ治療や検査でも医者が下戸か上戸かによって指示…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

コロナワクチン接種予約騒動

周囲にワクチン接種の予約で苦労した話をいろいろ聞かされた。話として聞けば面白い経験だが、ご本人達には真剣だったそうだ。 まず最初は、市から初めて対象の高齢者がいる家庭に接種案内が配布された当日。予約受付は市の中央部の市民運動場にある市民センターで行うとある。我が家からは車で10分かかる場所だが、当日は近くまで無料シャトルバスが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最も憂鬱な検査の日

昨日はかねて予告されていた大腸ファイバー検査を受けた。病院での検査の中で最もイヤな検査で今回が3回目。胃の切除手術で大量の輸血を受けて以降、術後の経過検診で一向に改善しない貧血症状の原因を探るためである。専門的に言えば、血液検査で血色素濃度が基準値の半分以下の状態が続いていて、担当の消化器内科部長も体内のどこかに異常な出血がない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

我が家の庭の草花

上掲の写真は、毎年今頃の季節に顔を出すドクダミの花である。一日に2時間位しか日が当たらないお隣さんとの境の植え込みに咲いている。花が咲かなくなると雑草と一緒に根ごと引き抜いてしまうが、何も世話をしないのに毎年生えて来る。開花と符号したように、毎日新聞朝刊の「余禄」に参考になる寄稿が出たので借用する。 『家の近くの散歩で道ばたの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歩行中にまたまた転倒

昨日は久し振りの梅雨の晴れ間。このところ雨続きで実行出来なかった朝のウォーキングに出かけた。トシの精でもあるが、加えて鉄分補給不足による血色素濃度が異常に低い貧血症状で歩行中に軽いふらつきを自覚しており注意して歩行しているが、昨朝は近来になく快適な足運びである。 ウォーキング・コースは定例の農道中心で1時間コース。途中のラップ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

やっぱり偽メールだった

この3日程前からVpassの名前で毎日メールが入るようになった。タイトルには「<重要:注意喚起>【重要なお知らせ】」とある。Vpassとは何か知らないので、また迷惑メールでないかと中を見ないで削除していたが、余りに毎日入って来るので今日初めてメールを開いて見た。こんなメッセージがあった。 『このたび、ご本人様のご利…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

国連機関から突然の寄付依頼

国連機関UNHCR(国連難民高等弁務官事務所)よりカミサン宛に立派なA4版封書が届けられ取扱いについて相談を受けた。差出人は同協会東京事務所だが、切手も宅配便通知もなく郵便受けに入っていたという。勿論カミサンは差出人に心当たりはない。 封書表面には赤地白抜きで「バングラデッシュからの緊急メッセージ」として青色ペン書きの女性文字…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

観測史上最速の梅雨入り

5月16日、近畿地方に梅雨入り宣言が出された。1951年の統計開始以来最も早い梅雨入りという。昨年は6月10日で平年の6月6日より4日遅かったが、今年は昨年より25日、平年より21日も早い記録的な年になった。 時あたかも近所の田圃で田植えの時期。私の毎朝のウォーキング・ルートは田圃や畑の中を突っ切る農道が大部分である。田圃に沿…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新聞連載小説「恋ふらむ鳥は」

長らく耳にすることがなかった「恋ふらむ」という言葉を見付けた。毎日新聞夕刊に連続掲載されている小説の題字である。中学生の頃、初めてこの言葉に行き当たった時は「こいふらむ」と読んで何の意味か分からなかったことを覚えているが、正しくは「こふらん」と読み「恋をするらしい、恋をするといわれている」という意味らしい。出典は万葉集にある「い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

胃を取られて胃カメラとはこれイ(胃)カニ

本日は昨年10月に胃の摘出手術を受けて初の胃カメラ検査だった。昨日のこのブログページで述べたように、血液検査で赤色色素濃度(鉄分)が基準値の半分以下の貧血というレッドカードが出て、食事の鉄分摂取不足以外にどこか出血している箇所がないか調べるためである。 貧血の元凶となったのは輸血が必要な程の胃の切除手術だった。私の場合は全摘で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鉄分が不足しています

昨日の胃切除手術後の経過観察で血液検査の結果、「鉄分が極端に不足している」と言われ、精密検査のため胃カメラ及び大腸検査を行うと言い渡された。いずれも過去2回づつ経験がある。中でも大腸内視鏡検査は前日よりの検査食や検査当日の腸内を洗い流す薬を2リットルも2時間かけて飲む過酷な準備があり、今から憂鬱になって来た。 胃カメラによる検…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

誰も判らないことだらけ

全世界数十億人の誰もが等しく初体験の新型コロナ及びその変異株である。元々の発生源や伝染経路、感染伝播の原因など夫々論議されているがいずれも推測の域を出ない。ワクチンが開発されたが、感染が防止される確たる証明はされてはいない。現段階ではトライ・アンド・エラーで要するに試行錯誤の状態である。 スペイン風邪やサーズなど、歴史上でパン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

パソコンに予想外の防御機能

私が今使っているパソコンはNECのノートLAVIEである。NECのPCは他のメーカー製に比べてやや高価だが、同社のサポート体制の良さで使い続けている。 そのLAVIEに4月に入って「LAVIEアップデート 更新プログラムのお知らせ」というポップアップが入るようになった。長年LAVIEを使用していて初めての経験である。更新プログ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トランプ元米大統領陣営よりの来信

米国共和党議員やトランプ元大統領陣営、またはトランプ氏自身の名で毎日のようにメールによる来信がある。その殆どは活動を支援するための寄付依頼であるが、昨日受け取った来信は寄付依頼ではなかった。 “friend, you have 20 minutes to tell Trump you're joining his social m…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

脳の一部が壊死

このところ快晴の汗ばむ程の陽気が続く中で所属しているグラウンドゴルフの例会に出席した。河川敷の常設コースは他のクラブの例会も多く、コースを回る順番を待つ程の盛況である。平日にも関わらずコースを埋めている人達は全て現役を退いた高齢者ばかりである。 ご機嫌のコンディションの中で談笑しながらコースを回っていて、同じパーティの女性から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

孫のような年代に力を貰う

                                                                           昨年秋に胃の切除手術を受けて退院以降、体重が10キロ近くも落ちて急激に体力が落ちている。医師の助言により激しい運動は避け、朝のウォーキングはそれまで1時間半、7kmが日課だったところ、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

Windows10 の隠された不具合

強引にバージョン変更させられながら、数々の使い辛さや不具合、お節介機能に悩まされているWindows10のパソコンだが、また一つ難儀な不具合に遭遇した。ワードで文章を作成中、何も操作していないのに突然画面がチラチラと揺れ動き、入力した文章が全て選択された状態になったと思うと、自動的にワードが異常終了してしまうトラブルである。折角…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

病院食

胃摘出手術のため1ヵ月半の入院生活から解放されて丁度4ヶ月過ぎた。大事な消化器官の一部を失ったにも関わらず、このところ食事が極めて美味しい。胃を失くした人はダンピング症候群を防止するため、三度の食事の間に必ず三度の間食が義務付けられる。栄養機能食という意味不明の名称を持つ菓子のようなものの他、一般のビスケットやカステラなど要する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

携帯電話ショップの役割を勘違い

私の携帯電話は未だにガラケーである。契約の当事者は私の娘で、私は家族割引の一員として彼女の名前にぶら下っている。その娘宛に、契約先のソフトバンクから「2024年1月下旬の3Gサービスの終了に伴い通話・メールなどの全てのサービスがご利用頂けなくなります」として、私の携帯電話番号を記載してスマホへの機種変更を勧める案内状が来た。娘は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

購読料より手数料の方が高い

今迄ネットに掲載されている新聞記事の電子版は無料で読めたが、最近は有料化されているものが多い。初期の頃は記事の内容が電光板ニュースのように速報を重視した短いものから、新聞のようにスペースの制限を受けない利点を利用して論説や解説が質・量ともに充実した内容に移行している点と、宅配の定期購読者や駅売りの減少による業績低下を補うためと思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

葬儀社の誤算

                                                           私の家の近くに葬儀会館がある。かっての広大な農地の所有者が世代交代で後継ぎがいなくなり、止む無く不動産業者に売り出し始めた初期の頃に私が移り住んだのが後で判ったのだが、相前後して地元の葬儀社も土地を買取り葬祭会館を建…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more