テーマ:日記

供給者の都合で使用者が迷惑を被る不合理

折角機嫌よく使っているのに、売った側の勝手な都合により変更され消費者が迷惑を被ることがよくよくある。特にハイテク製品に多い。先日のドコモの大規模な通信障害で200万人もの消費者が携帯電話を一時使えなくなったのは、ドコモのサーバー切り替え作業のトラブルによると発表された。より性能向上のために設備を更新する顧客サービスのためだろうが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

名前の漢字

デビュー直後の美空ひばりが「私は街の子」や「東京キッド」を歌っていた時は小学5~6年生の可愛い少女だった。春先に畠から囀りながら舞い上がって雲間に消えて行く可愛い「ヒバリ」を連想させる可憐な芸名を貰ったが、齢を喰って成人やバアサンになって「ひばり」では気持ち悪いではないか。どんな名に替えるのだろうか、それともプロデューサはそんな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

乾電池の再使用

我が家ではいろんな電化製品に乾電池を利用している。大きなものは単一電池でサイズにより単2、単3、単4の4種類が電池保管箱に整然と並べてある。他にボタン電池も何種類かあるが電池は封がしてある新品でも長期に保管している間に自然放電をしているらしいので、良く使うからと言って買い溜め出来るものではない。 しかし、電池切れを起こした場合…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

真夜中のオアシス「ラーメン屋台」が絶滅危機

我々の若い頃「支那ソバ」と気軽に呼んでいた屋台があった。繁華街の街角に夜になると現れて、屋台の軒先に赤提灯をぶら下げて小さな暖簾を垂らし、屋台との狭いスペースに床几を置き4~5人が横に並んで腰かけて食べさせる方式である。床几がなく立ち食いさせる方が多かった。 同じスタイルの路上屋台で「おでん」を提供する店もあった。今でいうキッ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マフィン大抽選会に特等2億円当選

手持ちの携帯電話の受信メールボックスの迷惑メールホルダーに多数の着信があり、未開封のまま残っているのに気が付いた。何気なく開けて見ると応募したことがないマフィン大抽選会にナント特等2億円に当選したとの案内である。同じ内容のメールが発信者を替えて3件あったので、確認の返事待ちかも知れないと、「もしや、もしや?」と思って指図されたu…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

食欲の秋、だが美味いものなし?

世界三大料理と称されるグルメがある。フランス料理・トルコ料理・中華料理を指すらしい。だが昨年秋に胃を切り取られた我が身にとっては寂しく響く。しかし、舌は健全なので口に入れれば美味いが以前のようにたらふく食べられた頃が懐かしい。 一方、「奈良に美味い物なし」との言葉があるように地方によっては食べ物の格差がある。私が仕事で英国に行った…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

後期高齢者になってからスマホ・デビュー

携帯電話のガラ携が2年先から使えなくなると発表され、長年使っていて不自由は全く感じないものの、契約しているソフトバンクのショップから早目にスマホに切り替えを繰り返し勧められ、この程シンプルスマホと言われるシルバー用の機種に切り替えた。切り替え手続きが終わってから、近く使えなくなるガラ携は3Gタイプで私が使っていたものは、以後も引…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

県内の100歳以上の高齢者は917人

今日は老人の日。滋賀県庁の発表では県内の100歳以上は917人で25年連続で増加、内男性115人・女性802人で女性が段違いに多い。昨年に比べて男性は9人、女性44人増え、男女間の人口は益々広がっている。 最高齢は110歳、次いで109歳でいずれも女性、明治生まれはこの2人だけとなり、男性では明治生まれは姿を消した。男性の最高…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

忘れたパスワードを見付ける方法

色んなサイトでパスワードの登録を要求される。多くの場合、他で登録したパスワードを使い廻ししないよう助言されるが、どのサイトでどんなパスワードを登録したか覚え切れるものではない。挙句の果ては、間違って投入してログイン出来ないことになる。 大概の場合、「パスワードを忘れた方はこちら」の案内の表示があり、先方から改めて通知を受ける道…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

遂にパソコンがイカレタかな?

今迄、代々使い継いだモデルを含めて、ニッチモサッチも行かない現象が今使っているパソコンに初めて現れた。一昨日の夜のことである。いつものようにブログの原稿を完成させるため途中まで完成していて一時保管しておいた原稿を呼び出すため、Windows10 Edgeトップ画面のワードのアイコンをクリックすると突然画面一面が青色になり、「デバ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夕刊が廃止になる

今日の夕刊の配達員から夕刊と共に下記のチラシを受取った。 夕刊発行休止のお知らせ  秋冷の候、皆様におかれましてはますますご健勝のこととお慶び申し上げます。平素は毎日新聞に格別のご愛顧を賜り厚く御礼申し上げます。  さて、毎日新聞は9月末日をもちまして当地区での夕刊発行を休止させていただき、10月からは月ぎめ購…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リモート同窓会

京都の企業に中卒で入社した同期の会合を早くから開催している。終戦後7年で当時の中学卒は「金の卵」と言われながらも超就職難時代で、入社合格率は社内でも記録に残る難関を突破した78人(内、女性10名)の集まりである。その内、多くは夜の大学を出た後に大卒の肩書で転職した仲間が多かったが、転職後もこの同期会に幾人かが出席を続けた。会社に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

今日読み終わった本―「風林火山」

今日読み終わった本: 「風林火山」 井上靖 国民の文学20(河出書房)昭和42年8月版  昨年秋、胃の摘出手術を受けて以降、コロナ対策で外出自粛の影響で定期的に利用していた市立図書館に行かなくなった。図書館で本を借りると返本の時に新たな本を借りることになり、三週間毎に通うことになる。勢い読書の機会が増えることになるが、それが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

連日の大雨の影響

テレビでは終日、佐賀・長崎・福岡・広島などで大雨特別警報を発令、最大級の警戒を呼び掛けると共に、各地の被害状況を生々しく報じている。 我が滋賀県もこの数日、昼夜を徹して大雨が続いており、全県に土砂災害警戒情報が発表されている。事実県内の一部で川の護岸崩れと流出、県道の冠水、住宅の床下浸水、河川の氾濫などの被害が出ている。 私…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハラスメント非難のウラに潜む不正

『注:今日のこのブログ記事には、現在では禁止されているセクハラ表現が出て来ます。当時の社会感覚では問題にならなかった時代に実際にあった例として引用するもので今、それを殊更取り上げるのは問題が現代社会に引き継がれていないかを考える材料とするためです』。 先週の毎日デジタル経済プレミア記事の中に、「男性の育休取得、なぜ7月末に集中…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

益々巧妙化するネット詐欺

パソコンでネットサーフィング中に突然ポップアップ通知が現れ、あなたのパソコンはウィルスに感染したとか、代金が支払われていないので裁判所から呼び出しがあるなどの警告メッセージや迷惑メールとして着信することもある。人の弱みにつけこむ脅かしが多いが、長年の経験で偽モノであることは直感的に判る。触らぬ神に祟りなしと、指定されたボタンをク…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

固定電話の利用

我が家に設置している固定電話(周囲では「家電」と呼ぶ人が多い)は、家族が在宅していても常に留守番電話に設定している。理由は、日常の知人との通話は携帯電話で済ましていて固定電話の利用は殆どないこと、従って固定電話に着信する多くは勧誘電話が殆どで対応するのに煩わしいからである。 着信音が鳴っても放置して置くと、「ピーッと鳴ったらご…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

熊は鮭を食べない?

滋賀県湖南地域の住宅や商店、工場などの入り口には必ずと言って良い程、信楽焼の狸の人形が立っている。似たような風潮として、北海道に旅行した人の多くは、熊が鮭をくわえた木彫りの土産物を買って来て、応接間や玄関に飾っている。我が家にも、大きくはないが信楽焼の狸は玄関の外側、熊の木彫りは玄関の内側の下駄箱の上に飾っている。 私が北海道…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自分の妻の呼び方

自分の妻が話題になった時の細君の呼び方がいろいろある。男として意外に面映ゆい気持ちが働くためか、当該の妻がその場にいない時は結構高飛車な表現をする人が多い。 一般には「うちの嫁は」と呼ぶのが普通かも知れないが、話している相手が女性の場合は何となく亭主関白めいた表現と見られると具合が悪いのか別の言葉を探す。私の周囲では住んでいる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

梅雨時の天気予報

テレビ番組で気象予報士による天気予報は一定の評価を得ている。誰もが旅行やスポーツなどの催しで外出する機会を持っており、天気予報は大きな存在になっている。特に戸外での催しでなくても、毎日の洗濯やスーパーやコンビニでの買い物、通勤・通学などの日常生活に毎日の空模様、週間天気の動向には大きな関心がある。 気象衛星やスーパーコンピュー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コロナ流行下のオーケストラ

昨年6月、英国の二大指揮者であるサイモン・ラトル(ロンドン交響楽団)とマーク・エルダー(ハレ管弦楽団)が連名でガーディアン紙に「コロナ・パンデミック下では英国交響楽団は生き残れない」と題した公開状を寄稿した。交響楽団だけでなく、クラシック音楽界に従事するアーティスト達は演奏会の取消しによる収入源を失い、500年以上に亘って継承さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

良く利用した会社の保養所が流された?

まるで津波が押し寄せたような熱海の土石流の光景をテレビニュースで見ていて、現場が熱海市の伊豆山地域とのアナウンサーの声に仰天した。勤務していた会社の厚生施設の保養所「熱海荘」があった場所なのである。 慌ててグーグルのストリート・ビューとテレビニュースで映し出される現場近辺の光景を交互に見比べた。テレビニュースに表れるいろんな惨…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

加齢と共に進まない断捨離

ある日の毎日新聞朝刊の読者投稿川柳欄に、その日の優秀作品10句と上位3句に対する選者のコメントにこんな記述があった。 最優秀句:「目に付かぬ場所に移して断捨離と」選者評: 「気持ちは“断”しているので結構ですが、物理的に“捨離”出来ていません。一年間使っていなかったものは思い切って捨てましょう。そして必要になったら買い戻す、そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

継続は力

数十年前の現役時代に、韓国の代理店に聞いた話では、当時の韓国では企業規模の大小に関わらず、毎日始業前の15分間、全従業員に日本語・英語・中国語のいずれかを選択させて外国語会話の訓練を行うことが通例との話を聞いたことがある。複数の韓国取引先からの裏付け話もあった。日本企業による「朝礼」のような企業文化として定着していたものらしい。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コロナ・ワクチン接種後の副反応

コロナ・ワクチンを接種したと話す人が私の周囲にも増えて来た。その後の副反応は、日常生活に支障を来したとか接種後は2~3日安静にした、特に異常はなかったなど男女差に関わらず人によりまちまちである。中でも多いのは2回目接種後に注射した場所に痛みがあったというのが一番多く、中には暫く腕が上げられなかったとの極端な経験をした話も聞いた。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

写真はイメージです。

新聞折込みチラシや新聞・雑誌に掲載されている広告写真には、必ずと言って良い程「写真はイメージです」と小さな文字で注記がある。極端な場合は、百貨店やスーパー、量販店で販売されている商品を包む内包装紙にまで記載されている。日本特有の傾向と言われて外国にはその例がないが、この習慣はどこから来たのか、過去に何か実物と異なるとの違法騒ぎが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

飲酒可否は医師の嗜好次第

病院や診療所での診療或いは検査日前後に飲酒が禁止されるケースが結構多い。前日の飲酒が禁止される場合は事前に厳しい通知が出される。病院・診療所側の自衛のために書面で通知される。問題は手術など大袈裟な治療でなく、軽い治療や検査で飲酒可否が不明か微妙な場合、吞兵衛は必ず医者に確認するが、同じ治療や検査でも医者が下戸か上戸かによって指示…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

コロナワクチン接種予約騒動

周囲にワクチン接種の予約で苦労した話をいろいろ聞かされた。話として聞けば面白い経験だが、ご本人達には真剣だったそうだ。 まず最初は、市から初めて対象の高齢者がいる家庭に接種案内が配布された当日。予約受付は市の中央部の市民運動場にある市民センターで行うとある。我が家からは車で10分かかる場所だが、当日は近くまで無料シャトルバスが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最も憂鬱な検査の日

昨日はかねて予告されていた大腸ファイバー検査を受けた。病院での検査の中で最もイヤな検査で今回が3回目。胃の切除手術で大量の輸血を受けて以降、術後の経過検診で一向に改善しない貧血症状の原因を探るためである。専門的に言えば、血液検査で血色素濃度が基準値の半分以下の状態が続いていて、担当の消化器内科部長も体内のどこかに異常な出血がない…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

我が家の庭の草花

上掲の写真は、毎年今頃の季節に顔を出すドクダミの花である。一日に2時間位しか日が当たらないお隣さんとの境の植え込みに咲いている。花が咲かなくなると雑草と一緒に根ごと引き抜いてしまうが、何も世話をしないのに毎年生えて来る。開花と符号したように、毎日新聞朝刊の「余禄」に参考になる寄稿が出たので借用する。 『家の近くの散歩で道ばたの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more