テーマ:ニュース

東京五輪は日本社会の人種観を変えるか?

子供の頃、白人社会の印象が強い米国やフランスが、オリンピックやスポーツの世界大会では決まって代表選手に黒人を送り込んで来るのに違和感を持ったことがある。それから半世紀以上も経って似たような印象を今回の東京五輪の日本選手の中から感じた人が多いに違いない。 米紙NYタイムズは「今回の日本の多様な五輪選手スター達は同国の“その”変化…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

観客聴衆も舞台の主役

本来は歓呼の声に背中を押されて意気揚々と行動している筈の晴れの舞台が、森閑とした場所に包まれた。最も晴れやかな筈の東京オリンピックの開会式である。入場行進する選手達も、大きく手を振って呼応する応援席に誰も相手がいないという文字通り振り上げた手を下ろす場所がない拍子抜けの場面である。レイチェル・カーソンではないが「沈黙の五輪」の印…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

住みにくい日本だが海外から見れば天国

東京オリンピックの事前合宿で16日、滞在していた大阪・泉佐野市のホテルからいなくなったウガンダの選手が20日、三重県内で見つかった。「生活の苦しい国には戻らず、日本で仕事をしたい」のが失踪の理由。選手はホテルの最寄り駅から新大阪駅を経由して新幹線で名古屋に向かい、その後、三重県四日市市内で見つかった。選手は合宿中にオリンピックに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トヨタの不正車検

交通網の発達した大都市の住民は別として、地方に住む人達には自家用車が必須である。長年京都に住む友人が息子の滋賀県への転居に伴う新築住宅を見に行った時、周囲の各住宅には最低2台以上のマイカーが置いてあると驚いて話してくれたことがある。市バスの路線はあっても一日に5回しか回って来ないなら生活の助けにならない。自家用車保有は止むを得な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

社会常識の変遷とその評価

東京五輪の開会式で作曲担当に委嘱されていた小山田圭吾氏が、小学生から高校生時代の長年に亙る障碍者生徒に対する虐め・暴行を繰り返していた事実を26年前の音楽雑誌に掲載されていたことが指摘され、東京五輪の制作メンバーとして不適当と批判されて開会式直前に辞任した。 公表された暴行行為の内容は、本人も「今考えると本当に酷いことをしてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

知らない者同士の心の交流

京都アニメーション(京アニ)の惨事から昨日で二年目、今は更地になった宇治市の現場で追悼式が行われた。私は京都に長年住んでいたが、アニメは全く見ないので事件があるまでは会社の名前も事業内容も全く知らなかった。ましてやどんな作品を提供していたか全然知識がなかった。事件後、同社が日本だけでなく広く世界に進出し幅広いファンを持っているこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

説明能力が低下した社会

学術会議任命拒否の理由を聞かれても答えない、説明しないで力で抑え込んで済ますなど、強権国家社会の様相が当たり前のように展開されているが、一方で説明する能力や説得力の不足が背景にある場合もある。最高裁まで持ち込まれた大阪の「表現の不自由展かんさい」が施設利用が認められて開催もその一例である。 元々は「あいちトリエンナーレ」の企画…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

グラウンドゴルフ場付近での落雷事故

良く利用しているグラウンドゴルフ場の直ぐ傍で落雷があり通行人が直撃を受けて死亡した。下記は事故の翌日に地元紙に報道された記事の一部である。 『滋賀県守山市で40代の男性が橋の上で倒れているのが見つかり、その後、死亡しました。警察はランニング中に“雷に打たれた”可能性があるとみて捜査しています。 7月11日午後3時半すぎ、滋賀県…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

辻久子さん死去

稀代の天才少女バイオリニストと評されたらしい辻久子さんが95才で亡くなった。「らしい」という言葉をわざわざ付けたのは、辻さんは私より丁度一回り年上で、少女時代の彼女は知らなかったからである。 しかし、私が20才前後の若い頃、京都勤労者音楽協議会(京都労音)の企画副部長をしており、辻さんとは当時の演奏会場であった弥栄会館や京都会…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

民主的で判り易い候補者選び

この秋の衆院選に自民党は世代交代を目してベテラン議員が勇退、新規に後継者を立てるが、多くの場合は息子や親族に地盤を譲って世襲議員を増やすことになる。国会議員はことある毎に、国民の信を得て選出された国民の代表と胸を張るが、そこで言う国民とは選挙区の有権者のことである。 但し、世襲議員の多くは必ずしも選挙区民の信を得た訳で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安倍前首相「自民に厳しい風」

新聞休刊日で手持ち無沙汰の今日、毎日デジタルに『安倍前首相「自民に厳しい風が吹いている」衆院選に危機感』との見出しで次のような短い記事が配信された。 自民党の安倍晋三前首相は11日、北海道苫小牧市で講演し、秋までにある次期衆院選への危機感を強調した。不調だった東京都議選に触れ「自民党に対し、厳しい風が吹いている。都議選の結果も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

肝心な人の名がない

今秋の衆議院選挙を控えて、申し合わせたように自民党のベテラン議員の不出馬表明が続いている。高齢を理由とした引退が目立つのは、党内部にある73才定年制がちらついているのかも知れない。 そんな目で見れば、不出馬を表明した現議員は7月10日現在、伊吹文明(83)、川崎次郎(73)、塩崎恭久(70)、宮腰光寛(70)、小批木八郎(56…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本で二大政党制は望み薄

自民党による長期政権に貢献しているのは弱小野党のだらしなさによるところが大きいとは一般的に認められている評価である。お山の大将的なコップの中でのせめぎ合いに終始している印象がある。今の時代に二大政党制が良いかは意見の分かれるところであるが、英国や米国で長年続いている政治形態から見れば、原点に戻って考え直すのも必要である。 今の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ここまで毒された日本の選挙制度

一昨年の参院選での大規模買収事件で、東京地検特捜部は元法務大臣の河井克行被告から現金を受け取った地方議員ら100人全員を不起訴処分とした。買収目的と知りながら多額の金を受け取っても罪にならない、検察はそんな規準を作った。 選挙買収事件では、現金を受け取った側も被買収罪で起訴されるのが通例で法の下での平等の筈である。100万円単…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

検証をしない党

自民党及び自民政権は結果に対しそれを検証しないで済ましている。検証する能力や気持ちに欠けるのが理由らしい。今回も都議選を終えてメデイアから次のように喝破されている。 『政権幹部や自民執行部は、党内の動揺を抑えるため、都議選と衆院選を切り離そうと躍起だ。最終段階で小池都知事が「都民ファーストの会」の応援に駆けつけたことから、「小…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

良く利用した会社の保養所が流された?

まるで津波が押し寄せたような熱海の土石流の光景をテレビニュースで見ていて、現場が熱海市の伊豆山地域とのアナウンサーの声に仰天した。勤務していた会社の厚生施設の保養所「熱海荘」があった場所なのである。 慌ててグーグルのストリート・ビューとテレビニュースで映し出される現場近辺の光景を交互に見比べた。テレビニュースに表れるいろんな惨…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

太平洋北西部

日本列島ではこのところ梅雨空が続き、大雨で洪水や土石流の被害も出ているが、北米大陸西海岸では雨が降らず歴史的な熱波に見舞われている。緯度では北海道より北で例年夏の平均気温が20℃前後のカナダ・バンクーバーで観測史上最高の49.5℃を記録。合衆国のオレゴン・ワシントン・ブリテイッシュコロンビアでも40℃を超える高温が続き、この3州…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不祥事のデパート

三菱電機が鉄道車両用空調機器の出荷前検査を省略して架空のデータを記入するなどの不正検査を35年以上も前から繰り返されていたことが判明した。挙句の果ては不正検査データの自動化という確信犯罪めいたシステムも開発していたとの驚いた事実が判明した。同社は直前の株主総会でも報告せず、株主より「三菱電機は不祥事のデパート」と酷評され、杉山社…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

大袈裟でもなかった月亭八方の落語

今年のプロ野球オールスターゲームのファン投票の結果が発表された。新聞や多くのウェブニュースには「オールスター・ファン投票、阪神から佐藤選手ら最多の7人選出」の題字が躍っている(毎日新聞、NHK News Web など)。私は特にタイガース・ファンでもないが、これを見てもう何年か前の月亭八方の落語「オールスターゲーム」を思い出した…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「赤木ファイル公開」NYタイムズが報道

国が頑強に抵抗していた「赤木ファイル」の存在を認め、その写しを遺族の「弁護士事務所に提供した。この経緯を米国の有力紙ニューヨーク・タイムズが「圧力に耐え切れず自死した官僚、その経緯を記述した書類を公開」の見出しで報じた(こちら英文)。 我々日本人が誰もが知る内容である。これをNYタイムズがどう見たかの同社の論調として報じたもの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夫婦同姓制度は合憲判決に関する米国紙報道

夫婦は同姓でなければならないと定めた民法の規定は合憲との最高裁判決に米国CNNニュースの速報記事が出た。 記事の骨子は「19世紀に制定された同法では、夫と妻のどちらが姓を変えるべきかについては定めていない。(中略)しかし圧倒的多数が夫の姓を選んでいるのが現状だ。こうした規定については、女性や両性の平等の専門家、さらには国連の委…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

「コメントは控えさせて頂きます」の法的根拠

最近のニュース報道で、理由を説明しなくても了承される社会になっている感じがする。例えば、東芝の「もの言う株主」に対する経産省の圧力疑惑が大々的に提起されているが経産省はダンマリを決め込んでいる。DHC化粧品会長の人種差別発言が世間からの批判を受けホームページから削除してもその理由は発表されていない。他の疑惑事件でも理由を述べるこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジャーナリスト立花隆氏死去

「知の巨人」との代名詞があるジャーナリストの立花隆氏が4月30日に亡くなっていたことが今日のウェブニュースの速報で知った。最近は有名人の訃報が遅れて発表されることが多い。従来のように本格的な葬儀の習慣が廃れ、相当の有名人でも家族葬で済ませるため遺族が積極的に発表しないためだろう。今迄私より2才年長と思っていたが実際は1940年生…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

令和の禁酒令

コロナ感染者拡大予防の一環として、酒を提供する飲食店の営業時間制限や営業停止、アルコールを伴う会食の人数制限などの施策がとられている。飲食業界はチェーン店や個人営業など全国で数万の店舗があると言われ、コロナ伝染初期に集中的に敵視されたパチンコ店より店舗数が多い。その業界で生計を立てている人達への影響は深刻なものがある。 相次ぐ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

東京五輪費用が4兆円近くまで膨張?

こんなとんでもないニュースは本当か?「米国の経済専門家が東京五輪の経費が4兆円近くまで膨張する、日本は身動きが取れない状況」との予測情報である。発言者は米国マサチューセッツ州スミス大学のエコノミストでスポーツビジネス分析の専門家、これをCBS放送が紹介したと東京スポーツ・ウェブが報じた。 「日本は大会のために300億ドル(約3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

全く狂気の沙汰、トランプ前大統領の悪あがき

米国のトランプ前大統領が未だに選挙戦での敗北を認めず、開票作業に不正があったと言い続けているが、同氏と側近が最高裁に司法省に手を変え品を替えて抱き込みを図った経緯を示すEメールや文書の一切合切を米政府改革委員会から発表された。 公表された内容はワシントンポスト電子版で、司法省が雨霰のようなトランプ氏の工作に丁寧に対応した様子を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

驚くべきカラスの賢さ

カラスの頭の良さは誰もが知っている。カラスは人間の住む環境にも入り込んでいるので、その生態を直接見聞きした人も多いに違いない。 私もかって馴染みの河川敷のグラウンドゴルフ場で、ある仕草を見て驚嘆したことがある。市協会主催の月例大会のゲームが終わり、参加者の成績集計をされている待ち時間に目撃したもので、同じ光景を見た仲間も多かった。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

僅少差の分断社会

最近のニュースで社会がほぼ同数で分断されているケースが目に付く。やや過去に遡るが、2016年の米国大統領選挙では投票数でクリントン候補が48%、トランプ候補が46%を獲得、トランプ氏が投票数では260万票下回るものの同国の選挙制度により州単位の選挙人を多く獲得して大統領に選出されている。 米国大統領選挙では歴代似たような実績が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「ワンサカ娘」生みの親が逝く

「♪ドライブウェイに春が来りゃ~」、余りテレビを見ない私が知っている数少ないCMソングの内で最も好きな曲だった。歌っていた歌手がシルヴィー・ヴァルタンという国際的に人気な少女で、今でこそ日本ではどこにでもいる女性だが、当時はまだ見かけないオキャンな風貌と振る舞いが新しい女性像として新鮮な印象を与えた。その作曲者が小林亞星だったこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歩きスマホ事故予防の新製品

韓国の産業デザイナーが、歩きスマホが止められない人の事故防止対策として「第三の目」を開発した。 歩きスマホをしてつまずいたり、人にぶつかったり、果ては混雑する駅のプラットフォームで歩きスマホ中毒者同士が衝突して転落し、入線して来た列車に轢かれて命を落とす悲惨な事故も度々伝えられている。 「第三の目」はロボット式の目玉で、歌舞伎…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more