テーマ:ニュース

日本でコロナによる死者が少ないミステリー

英国のBBCニュースが「日本では新型コロナによる死者数が不思議なほど少ないのは何故か」と題する記事を出した。人口10万人当たり死者数が世界で一番多い英国としては何としても知りたい事情だろう。同社の日本特派員が日本での数多くの実例、専門家の意見を蒐集した報告である(こちら英文)。 コロナによる死者の数がダントツに多いのは米国の1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

米大陸諸国の独立記念日

昨日7月4日は米合衆国の独立記念日。その他の中南米諸国は今日7月5日がベネズエラ、7月9日アルゼンチン、7月20日コロンビア、7月28日がペルーと今月は独立記念日が多い。8月にはエクワドルとウルグワイ、9月にコスタリカと集中している。先月6月にはメキシコだった。合衆国を除くその他各国は、それまで植民地として支配していたスペインを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レジ袋の有料化

スーパーで買い物をした籠に、レジで支払いを済ませると店員が購入品を収納するに足るビニール袋を目測して一緒に放り込んでくれた。コンビニでは店員が買ったものをビニール袋に入れて渡してくれた。この袋は店の無償サービスだったが、これが去る7月1日より有料になった。 私の周囲で白いビニール袋を手にして歩く人を見始めたのは約50年前。私が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安倍擁護言論人の店仕舞い

今も現役のある自民党古参議員が「安倍政権は長く続いたが、足跡となる遺産は結局何もない。一番の功績は、国民に政治を諦めさせたことだ」と言うように、この政権も愈々終りに近づいた感がある。 あるウェブサイトに毎年「安倍政権御用ジャーナリスト大賞」が発表されるように、安倍ヨイショ言論人は多数存在する。今まで歯の浮くような論調で安倍首相…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

豪NSW州のコアラが向こう30年で絶滅の恐れ

中国のジャイアントパンダが他の国には棲息しない動物として世界に知られ愛されているのと同様、オーストラリアだけにしかいない動物で世界中で人気のあるコアラがいる。カンガルーも同国の代表的動物だが、こちらはオーストラリアの他にニューギニアなどでも広く棲息している。コアラは広いオーストラリア大陸の中でも、ニューサウスウェルズ州とビクトリ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

学歴詐称が炎上する社会

あるウェブニュースに面白い記事があった。見出しは「農業高校卒ライター、『早大卒』と詐称した後の針のむしろの人生」とある。記事を読まなくてもある程度内容の見当が付くが、中身は意外なものだった。(詳しくはこちら)。 このライターは自分から詐称したのではない。ある「人の学歴好き」のS子という女性から無理矢理、というか自然に学歴詐称を…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

余り騒ぐ必要のない「ハイオク混合出荷」問題

今朝の毎日新聞朝刊のトップ記事に、「『独自』のハイオクガソリン、実は『混合』」の大きな見出しが目を引いた。石油元売り5社がオリジナルブランドで販売し、業界団体も「各社が独自技術で開発した」と説明していたハイオクガソリンが、スタンドに出荷する前段階で実は他社製と混合されていた。20年前から行われていたと報じた。 一見、スクープ風…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人の前で足や腕を組む習慣

上掲の写真は、米国政府のある高官の執務室の光景である。取り立てて奇異な風景ではないが、目に付くのは上司である高官の前に座って話を聞いている担当官が、男女を問わず例外なく足を組んでいることである。政府高官とのミーティングと言えば堅苦しい雰囲気を想像する日本人から見れば、如何にもくだけた印象を受ける。 昔、米国映画で上司に呼ばれて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

指示に従い成果を出した忠臣を斬る非情

河井元法相夫婦の選挙違反容疑による逮捕前後から、日々の報道は両名の手段を選ばない数々のカネで買収の実態が報じられている。その際限のなさには呆れるばかりである。説明責任を求められてもダンマリを決め込むだけでなく、公の場に姿を見せない逃げの姿勢が世間の反論を買っている。 報道に用いられる案里議員の顔写真も、本来は美形の若い女性らし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一部の国産ウィスキーは日本製ではない

私は古くからのウィスキー・ファンである。20才を過ぎて胸を張って飲酒が認められた年頃に、トリスバーに連れられたのが始まりである。ジョニーウォーカー黒ラベルが一瓶1万円、赤ラベルが5~7千円の時代だったので、外国ブランドには手が届かなかったが、サントリーレッドとかニッカ黒ラベルクラスがその対象であった。 長じて、社用で海外出張の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

油断大敵、NZでコロナ感染者再発

厳しい行動規制と国民の一致団結した努力で過去24日間、コロナ感染者が一人も出なかったことで、世界に先駆けてコロナ封じ込めに成功したとして全ての規制を解除し、国民挙げて祝った一週間後にニュージーランドでまたまた感染者が2名出た。英国からの帰国者で、規制解除の影響で入国管理に手抜かりがあったと見られる。 コロナ禍がまだ猛威を振るっ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

子供の頃の危険な悪戯

最近、あるウェブニュースに次のような記事が出ていた。 『千葉県鴨川市のJR外房線で5月、普通電車の先頭車両が脱線した事故で、現場近くのレール上に置き石をしたとして、千葉県警が19日、往来危険の疑いで、小学生の男児(10)を児童相談所に書類送致したことが捜査関係者への取材でわかった。 送致容疑は、5月8日午後、脱線した現場から約…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「肌の色」の表現自重の行き過ぎた風潮

今月初め、米国ミネソタ州で起きた白人警官が黒人男性の首を膝で抑えて窒息死させた事件を契機に、人種差別に抗議するデモが全米に拡がり一部は暴動に発展している。抗議運動は世界各地に飛び火し、東京や京都でも抗議デモがあった。この運動が、肌の色の表現まで差別につながるとして禁止されようとしている。 今日の毎日新聞の「余禄」に、「オコエ瑠…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「任命責任は私にある」とシレッと何度も言える人

昨18日、通常国会閉会を受け安倍首相の記者会見がテレビ放映された。冒頭、現職国会議員の河井夫妻が逮捕されたことに「かって法相に任命した者として、その責任を痛感している」と述べて頭を下げた。多くの家庭の夕食時間帯でテレビを見ていた国民が多いと思うが、その顔の表情から「責任を痛感」していると読んだ人は何人いるか。「聞き慣れたセリフ」…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

逃げ切り国会

第201回通常国会が昨17日閉幕した。ただすべき課題が山積しているにも関わらず、未解明のまま放置して、会期期限を待ち兼ねたようにして遁走した印象がある。本来なら安倍首相は懸案の憲法改正に向けて論議を尽くすべく、自分の方から会期延長を提案したいところだが、自分で蒔いた様々な種の疑惑の釈明に耐えきれないと見ての逃げ切りである。 学…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

有権者の無責任

昨年の参院選に広島で選出された河井案里議員の秘書が選挙違反で有罪判決が出ると、広島県内の有権者や政界関係者から選挙違反を主導した夫の河井克行議員や案里氏に猛烈な批判が高まった。今までに報道されて来た違法な選挙運動の内容は有権者の知るところで、それにたいして司法が判断を下したことに対する率直な反応だろう。 多方面の有権者や政界関…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

経産省のトンネル会社の事業

新型コロナ対策として中小企業などに支払われる「持続化給付金」の支払い業務を経産省が委託する先が、活動実態のない名前だけの組織であることがバレて、経産省はその釈明に大わらわになっている。 その組織とは「サービスデザイン推進協議会」という社団法人で、政府からの給付金支給という単純な実務を769億円で受託し、何の仕事もせずに749億…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韓国の国境越え風船ビラ散布運動

韓国の活動家及び脱北者グループが、北朝鮮の体制などを非難するビラを風船にくくりつけて韓国側から軍事境界線越しに北朝鮮側に送り込む活動を続けている。これに激怒した北朝鮮の金与生党第1副部長(金正恩党委員長の妹)が、「祖国を捨てて逃げた人間のクズどもの卑しい行動」と激しく非難した。 韓国政府も、かかる行動は南北間の緊張を高めるとし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旅の土産は和菓子が主流

地方へ旅行した時に買い求める土産物と言えば、海岸地域の水産物や地方特産の漬物、蕎麦などの麺類を除けば殆どが和菓子である。その地方独特の銘菓の表示がある菓子箱が土産物店、高速道路のサービスエリア、道の駅などにズラリと並べられている。 私が生まれ育った京都は和菓子の老舗がひしめき、全国的にも名の知れ渡った多くの銘菓の集積地である。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一時的な社会運動に抹殺される歴史的遺産

文学作品の中で稀代の名作とされ、映画史上では最高傑作作品として80年に亘り高い評価を受けていた「風と共に去りぬ」が、南北戦争前の奴隷制度と人種差別を美化するものとして、米国の動画配信作品から取り下げられることになった。米国の白人警察による黒人市民の殺人事件から発展した全米規模の人種差別撲滅デモなどによる社会変化と価値観の移り変わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ある民度の低い人の「民度が違う」発言

麻生財務大臣が、日本の新型コロナウィルスによる死者数が欧米諸国より少ない理由を「国民の民度が違う」と述べた。こう聞くと誰でも「欧米諸国は民度が低い」と言っていると理解される危険があり、またまた物議を醸している。 「民度が低い」を辞書で調べると、『人格など卑しいさま。スケールが小さい。低レベルな。みみっちい。低劣な。人間が小さい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一寸ガッカリ、NYタイムズのOp-Ed コラムの姿勢

NYタイムズにOp-ed のコラムがあり、毎号4~5件の論説がある。このコラムは、どの新聞にもある「社説」が新聞社の代表意見を述べているのに対し、社内でも別の意見を持つ論説委員の寄稿を紹介する署名入りの言わば少数意見コーナーであり、社外の評論家も含んでいる。一方に偏向しないジャーナリズムの姿勢を示すもので、どちらを支持するか読者…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「丸投げ」は日本経済界の企業文化

新型コロナ対策として中小企業などに支払われる「持続化給付金」や需要が落ち込んだ観光や飲食産業を支援する「Go To キャンペーン」の事務事業が、次々と異なる企業に委託され、巨額の予算がその都度ピンハネされて渡り歩く実態が明らかになり、国会でも問題になっている。 この図式は、元請け・下請け・孫請け・曾孫請けと揶揄される建設業界の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

検察庁法改正案、国会での成立見送りへの原動力

検察幹部の定年延長を可能にする検察庁法改正案の今国会での成立見送りが決定された。元々、黒川元東京高検検事長を次の検事総長に据える目的で法の解釈変更を閣議決定したのが発端になっている。この曲解とも言える解釈変更を正当付けるための改正案だった。 その根源となった閣議決定の内容すら、その後の国会での安倍首相の説明まで法務大臣も官僚も…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

爆竹入りのパイナップルを食べた象が死亡(インド)

インド・ケララ州で、胎児を宿していた象が爆竹入りのパイナップルを食べて死亡した。ニュースはSNSで広まり、インド全土から怒りの声が上がっている。 食べたパイナップルが口の中で爆発し、大怪我をした結果何も食べることが出来なくなって川の中で立ち尽くしている象を発見した救助隊が、別の象を連れて来て引き揚げようとしたが、傷ついた象は動…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

大統領に反する意見が出せる米国閣僚

米中西部ミネソタ州で起きた白人警官による黒人男性拘束死事件の抗議デモの対応を巡り、エスパー米国防長官は3日、連邦政府の軍の投入に反対する意向を示した。トランプ米大統領は1日の演説で、場合によっては州兵だけでなく「軍も動員する」と強硬な姿勢を示していた。米軍関係者の間ではトランプ氏の発言に批判が高まっており、エスパー氏は国防総…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

議事録は歴史の語り部

今に伝えられる歴史は、それが世界史であれ日本史であれ、今に残された古文書や歴史家・文学者の著作などの記録から編纂されている。巌や洞窟に刻まれて残された記録もある。企業ホームページには必ず登場する会社の沿革などは、創業以来書き継がれた日誌や製造・販売記録などを資料にまとめられたもので、その中には各種議事録もある。 私は新入社員の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安倍首相は即快諾したがメルケル首相は辞退

トランプ米大統領がG7首脳会議を6月にワシントンで行うことを提案、各国首脳に招待案内した。安倍首相は、言うにゃ及ぶと即快諾の返答を出したが、ドイツのメルケル首相はコロナ禍の中での不要不急の旅行自粛を理由に招待を辞退した。 新型コロナウィルスが原因で世界で36万5千人、米国だけで10万人の死者を出しているが、トランプ大統領はピー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

匿名による卑怯なネット中傷発言

若い女子プロレスラーが、「ネットリンチ」と呼ばれる中傷非難を集中的に浴びたのを苦に自殺した事件で、またまた誹謗中傷した人を処罰する法整備が検討されている。過去に何度も取り上げられながら、憲法の「言論・表現の自由」など国民の権利を守りながら解決法を探る難しさを抱える問題である。 私はかねがねネット上を飛び交う下品で野卑な言葉遣い…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒットラーのペットだった鰐が死亡、84才

サターンの名で世界から注目されていた鰐が5月22日、モスクワの動物園で死亡した。84才だった。国際的に知られていた理由はサターンがアドルフ・ヒットラー総統のペットだった可能性があるとの噂とその数奇な生涯からである。 野生の鰐の寿命は30年から50年とされている。サターンは1936年に米国ミシシッピーで野生動物として生まれ、捕え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more