テーマ:スポーツ

日本人にラグビーを再認識させたWカップ

現在行われているラグビー・ワールドカップで日本チームの活躍は、他のスポーツに比べて比較的注目度が低かった日本に一挙にラグビー熱を燃え上がらせた。表面上は乱暴で野蛮な印象を与える競技の中に、意外と紳士的な選手達のふるまいと厳格なルールに気付いた人が多いと思われる。 尤も、我々には決して新しいスポーツではない。社会人ラグビーや大学ラグ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

話題の多いサッカー・ワールドカップ

次回サッカーW杯は2022年にカタールで行われる。大会に向けてアジア予選が早くも6月6日から始まった。現在は2次予選が各地で開催されている。サッカーW杯は何かと話題が多いが、早くも今月10日のイラン・カンボジア戦でイラン女性が史上初めて直接観戦が認められた。但し、1万人収容可能のスタジアムで3500人に限定されたため、場外では熱…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

通り一遍の勝利ではない

ラグビー・ワールドカップA組最終予選で、日本チームがスコットランドを下し、史上初めて決勝トーナメントに進出を決めた時は、国内を興奮と感動で沸き返らせたが、相手国の有力紙である英国ガーディアン紙も、「勝利の質が違う」と絶賛した記事を世界中に配信した。 ラグビー日本代表チームは桜のジャージで代表されるように「桜」のCherry b…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旭日旗は日本の国旗ではない

旭日旗に強烈な反発を示す韓国の肩を持つ訳ではないが、それに抗弁する日本の支持派の言動に理屈に合わぬ点が多々ある。日本の国旗はあくまで日章旗(通称日の丸)が唯一無二のものであることに間違いはない。 旭日旗は以前は日本の軍旗、軍艦旗であり、今では自衛隊機、自衛艦旗として選定されたもので国旗ではない。諸外国でも国旗の他に海軍用旗を別…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

海外紙が報じた大坂なおみ

女子テニス全豪オープンで大坂なおみの優勝は日本の全国紙でもトップ・ページにスポーツ新聞並みの大見出しで大々的に報じられた当日、ネット上の海外紙には見出しにすらも表れなかった。時差の関係と土・日曜日という事情もあったかも知れない。 最初に目に付いたのは日本時間の昨27日夕、英国ガーディアン紙(こちら)、グリニッジ標準時1月2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

勇み足だったスポンサー

即席ラーメンの日清食品が、自社とスポンサー契約をしているテニスの大坂なおみをモデルにしたCMアニメが“差別”、“粉飾”と批判され、「その意図は全くなかった」と陳謝するハメになった。日本人の母とハイチの父親を持ち肌が褐色なのに、CMに登場する大坂は白人として描かれていたのである。 米国CNNニュース(こちら)及び英国ガーディ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高齢者とグラウンドゴルフ

町内の知人に誘われ70才になってからグラウンドゴルフを初めて今年で丁度10年になる。河川敷の常設グラウンドゴルフ場まで車で6~7分という地の利もあって、天候に恵まれれば町内の同好会及び所属のクラブに各1回ずつ、週に2回プレーに出かける。 所属クラブは市の体育協会傘下のグラウンドゴルフ協会に属している。協会加入会員は約6百名、平…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

巨人にFA移籍することの功罪

FA資格を得た選手の多くが読売巨人への移籍を希望する。大観衆の中でプレーしたい、テレビの実況中継が多い試合に出たい、ネームバリューが高い球団の選手との誇りをバックに自分の能力を示したいなどが表向きの理由だろうが、何よりの魅力は他球団とは比較にならない年俸に違いない。 広島の丸選手が巨人にFA移籍する。試合の観客動員数では、今の巨人…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

知らなかったサッカーのルール

我々高齢者の子供の頃の遊びは野球が主流だった。学校の運動場に行かなくても、街中の狭い道路のアチコチで野球が行われていた。四角形のフィールドが取れる程の幅がないので、二塁ベースを省略した「三角ベース」が多かった。ボールは柔らかいゴム製で、時々内部の空気が漏れて飛ばなくなると、自転車の空気入れポンプで補充した。 このボールを蹴…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドラフト会議は人身売買の場か

今日は恒例のプロ野球ドラフト会議の日である。今年の春夏の高校・大学野球、社会人野球で活躍した選手達をプロ球界が一本釣りする行事である。テレビで中継されるプロ球団の監督による籤引きの光景を見て、米国の南北戦争前の奴隷売買を連想するという人がいた。 奴隷売買、買われる人間の意志は全く無視され、札束を懐にした買主が集まって、勝手にお目当…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

この画にどこか間違いがあるか

上掲の漫画がオーストラリアで読者の多い新聞に掲載された当初、現地では殆ど無反応だったが、米国人がツイッターに取上げてから瞬時に世界を駆け巡り大騒ぎになった。黒人女性テニスプレーヤーが地団駄踏んで怒っている光景で、脇には投げつけて壊されたラケットが転がり、横には乳児用のおしゃぶりも見える。出産後久し振りに登場した女性であること…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ケチをつけられた栄冠

女子テニス全米オープンで、大坂なおみ選手が女子テニス界の女王、セリーナ・ウィリアムスを破り、日本人で始めて優勝した。世界中で大々的に報じられたが、日本ではその偉業の結果だけが大きく取上げられ、その決勝戦が異常な雰囲気の中で展開され、全米オープンの名前を汚すものであったことは余り問題とはならなかった。 日本の新聞報道で、表彰式におけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金足農旋風と判官贔屓感情

夏の高校野球で準優勝を達成した金足農高野球部に、秋田県が県民栄誉章を授与すると発表した。「県民に夢と感動、希望を与えてくれた」のが理由であるが、本来なら一地方のニュースに過ぎない報道が全国ニュースになるのは、日本ならではの国民感情がありそうである。 確かに、秋田代表が103年振りに準優勝旗を獲得したのは偉業であるが、本来は甲子…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界で一番早く沈没する都会

東京オリンピックの前哨戦と言われる第18回アジア・スポーツ大会が、インドネシアの首都ジャカルタで本日開幕する。ジャカルタで行われるのは、1964年の第4回アジア大会以来56年振りで、現地では高速鉄道建設を初め交通インフラの整備、国民の歓迎振りなど大変な盛り上がりと伝えられている。将来的にはオリンピック招致も見据えた大会とも言われる。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

祝 平安高校甲子園100勝!

先日、このブログ・ページに夏の甲子園で地元滋賀県近江高校の勝利を書いた。続いて今日は、元地元京都の平安高校が鳥取城北高校に3-2でサヨナラ勝ちした。これで、甲子園春夏通じて通算100勝を達成、しかも夏の甲子園第100回記念大会での偉業である。 平安高校は、甲子園春夏通算74回出場で全国最多である。その内、夏の大会では出場34回で優…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

全国高校野球近江が初戦突破

全国高校野球選手権大会は今回が第100会の記念大会。地元滋賀県からは近江高校が出場する。と言っても、京都から滋賀へ転居して20年になりながら、応援するのはいつも京都の代表校であり、今年は甲子園最多出場の平安高校である。 カミサンも同じで、まず京都代表、次いで滋賀代表、その次に近畿出身の代表校を応援している。一昔前までは、夏の高…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

迫真の事故現場実況録画

技術の発達で、事故現場の衝撃的なシーンが生々しく再現出来るようになった。監視カメラ、ドライブ・レコーダ、常時携帯しているスマホで現場に居合わせた人による録画などである。ただ問題の光景が、何故予期していたように撮影出来たのか疑問に感じた動画がある。日大のアメフト選手による反則タックルの光景である。 試合は日大と関学とのローカ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

悪質タックル、米紙報道の裏側

日大と関学のアメリカン・フットボール定期戦での悪質タックル問題は、米国の有力紙NYタイムズにも取上げられた。題して、「潰されるQB、アメフトの暴力に日本中が震撼」。記事は、無防備QBへのルール違反タックルの模様から、加害者の日大選手の記者会見及び監督・コーチのコメントなどを詳しく報道している。 「日本社会に深く根ざす上下関…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

NYタイムズが報じた衣笠訃報

「1987年にルー・ゲーリッグの連続出場世界記録を破った日本のプロ野球のスラッガー、衣笠祥雄が亡くなった。71才だった」と米国の有力紙NYタイムズも大々的に報じた。紙面には1996年に衣笠の記録を破ったリプケンに祝意を表するため訪米した時を中心に数多くの写真が添えられている(こちら)。 「彼は数多くの死球を受け、中でも19…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高梨選手1年1ヶ月後の54勝

高梨沙羅選手がドイツでのワールドカップで、遂に男女を通じて歴代単独最多となる個人通算54勝目を達成した。昨年2月の韓国でのW杯で優勝して以来実に1年1ヶ月振りである。 2012年3月、蔵王で開催のW杯に15才で初優勝して以降、出場すれば優勝するのが当たり前のように勝ち数を重ねた常勝高梨である。ソチ冬季五輪でも金メダル確実と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

競技途中で投げ出し

少年時代、テレビでプロ野球のオールスター・ゲームを観ていたら、当時最盛期の金田投手が、パ・リーグの打者から連続に猛打撃を受けて、苦笑いしながら自分でスタスタとマウンドを降りベンチに引上げたことがあった。解説者は、「お祭り試合だからと言って名投手でも許される行為ではない。降板は監督の指示によるものだ」と正論を吐いた。 普段の試合…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

難しいテレビの実況解説

「名選手必ずしも名監督ならず」とは良く言われる言葉で実例も多い。譬えは異なるが、英語が出来る人は誰でも通訳が出来ると短絡的に思う人がいるが必ずしもそうではない。「通訳術」なる特別の技術がいる。今回の平昌五輪で、引退したばかりの浅田真央がテレビの解説に出なかったのが一時話題となった。超一流の選手でも、解説者としては不向きと言うのが真相らし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

五輪ロス症候群

「宴の後」という言葉がある。熱中し、はしゃぎきった後の何とも言えない虚無感の表現である。平昌五輪が終了した。メダル・ラッシュに沸いた度合いが大きかっただけに、終わって見れば“五輪ロス”という言葉すら出始めている。ロサンゼルス五輪のことではない。家族の一員だったペットを亡くして味わうペット・ロス症候群と同じ、目的を急に失しなった状態で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

韓国でのオリンピックと金賢姫

金賢姫の名を知らない世代が韓国でも1/3を越えたとの報道もある。ソウル・オリンピックを妨害するため、北朝鮮の女工作員として大韓航空を爆破し、乗客・乗員115名を殺した女だが、事件後30年ともなると徐々に忘れられてしまう。時間の経過とは恐ろしいものである。 この大事件が、韓国でのオリンピックを阻止するために北朝鮮が仕組んだ国家的…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

日本の冬季五輪への関心度

平昌五輪開幕まで後二日となりメディアの報道も熱を帯びて来ている。ただ過去の日本の冬季五輪に対する関心は、地元の札幌と長野大会を除いては夏の五輪に比べて、概して低かったと思っている。 雪と氷を舞台にしたスポーツだけに、過去の開催地は北海道より緯度が高い欧州と米国に偏在している。参加国も世界規模という訳には行かない。南アジアや中東…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ローカルルール

グラウンドゴルフというスポーツがある。昭和57年に、高齢者人口の多い鳥取県の泊村教育委員会で生涯スポーツ活動として考案され結構歴史がある。今では全国に展開され、東京の公益社団法人日本グラウンドゴルフ協会(JGGA)を軸に、全国47都道府県の協会が普及に努め、約360万人の愛好者がいる。 JGGAが制定した統一ルールに基づき…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

人のため?自分のため?

いつも利用している河川敷のグラウンドゴルフ場は、国と市の委嘱を受けて、所属しているグラウンドゴルフ協会が管理している。河川敷だから、本来の治水目的に影響のない範囲で、ホールポストやスタートマット、ボール落下防止網など必要器具の設置の他、場内の芝生の養生、除草などの整備を協会所属の会員が行っている。 場内の一部にフェアウェイを仕切る…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サッカーファンと左翼思想

サッカーW杯アジア最終予選グループBで、日本はオーストラリアに2対0で勝ち、6大会連続、6回目のワールドカップ出場を決めた。昨日のテレビ実況で試合終了のホイッスルが鳴った午後9時25分の瞬間最高視聴率は35%(関東地区)だった。 テレビはその後の街頭やスポーツバーでの騒ぎやインタビューで、その興奮ぶりを繰り返し放映した。興奮し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高校生通算本塁打は公式記録か

早実清宮選手が、高校生として通算109号の本塁打を達成し、「新記録」として話題を呼んでいる。高校生活三年間にこれだけの本塁打を量産するのは、類の無い力量を有する証左である。高梨沙羅選手が跳べば必ず表彰台の中央に立つのが当たり前で、藤井聡太四段が対戦すれば必ず勝って当然の印象を呼ぶのに似て、清宮選手が打席に立てば必ず本塁打が出るような期待…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地元を応援する人情

甲子園での全国高校野球大会の熱戦が連日伝えられている。そんな中、次のようなウェブ・ニュースが目を引いた。 ネットに中京大中京高への爆破予告 愛知県警が捜査 全国高校野球選手権大会第4日(11日)の第1試合に出場し、敗退した中京大中京(愛知)について同日午前、インターネットの掲示板に「中京大中京高校を爆破する」などの書き込みがあり、見…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more