テーマ:グルメ

鶏卵業者に無用の雄ヒナ

日本人には今や鶏卵は毎日の常食になっている。我が家でも、朝食のテーブルには必ず卵焼きが付く。スーパーのチラシには特価の卵を目玉商品として客寄せの材料に使う。価格は長年概ね安定していて、物価の優等生と言われている。 その鶏の卵であるが、大規模鶏卵業者により大々的に生産されていて、我々はスーパーのワゴン棚に積み上げられている大量の卵の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

意外と気付かない日本人の食後の習慣

日本とは衛生状態が格段に落ちる中南米の屋台や大衆食堂でも、デーブルクロスすらない木肌が剥き出しのテーブルに必ず紙ナプキンの束が置いてある。それも柔らかな上質の紙でなくザラザラしたものが多い。では日本ではどうか。普通の食堂では置いていない所が多い。いや、置いてあったかどうかにも関心が向いていないのが普通ではないか。 食事をすると口許…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

キムチ冷蔵庫を金庫に転用

韓国では、今日ほど高度化された生活でも、キムチは各家庭で漬ける風習が残っているらしい。韓国の友人の話では、十数年前までは、陶器の甕に白菜や胡瓜などのキムチをギッシリ詰め込んで、家の床下の地面に埋めていたが、高層マンションなどに住む生活環境の変化から、今ではキムチ専用の冷蔵庫を殆どの家庭が持っている。 勿論、普通の電気冷蔵庫もあるの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

金太郎飴的調理でなくなった即席麺

スペインや中南米では、今でも一日の主要な食事は昼で、夜は軽食で済ませる国があるが、日本では夜食が主で、昼は軽いのが普通である。私は麺が好きなので、会社の社員食堂では定食よりもうどんか蕎麦を二杯が常食であった。東京勤務時代は、オフィス近くの中華料理店でラーメンと小ライスで済ませた。 その習慣が定年後の今でも続き、夏はソーメン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

名古屋名物の手羽先

元勤務の企業に同期入社の仲間と一泊二日のバス旅行で浜名湖方面へ出かけた。その途上、名古屋市内で旅行社が準備した食堂での昼食は、きしめんと手羽先など名古屋名物のメニューだった。 若いギャルの店員が、手羽先には食べ方があると言って説明してくれた。手羽先の両端を持って関節を反対側へ折り曲げると骨が出てくる。なおも下まで引き下げると骨と肉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

加工肉の発ガン警告にドイツの反論

世界保健機関(WHO)が、ソーセージやハムなど加工肉の摂取が大腸ガンにかかる確率が高いと発表した途端、ドイツが真っ赤に怒って反論した。そうだろう、ドイツからソーセージを取ったら何が残るか。 私が良く読ませて貰っている愛知の元地方議員の方が、「米国に美味いものなし」との言葉を引用したブログが以前にあった。そう言えば、米国に行ってこれ…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

一人でも美味しく食事する方法

昨日の毎日新聞に、「一人の食事でも、鏡に映る自分の姿を見ながら食べると、鏡なしの場合よりも食べ物を美味しく感じる」との実験結果の記事が出ていた。 「日本では一人で食事する“孤食”が高齢者を中心に多くなっており、今回の研究結果を応用することで、食事の質を高める効果が期待出来る」とある。果たしてそうだろうか? 私は食事、特…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一人で食事するのは恥?

サザエさん一家は、三世代が丸いお膳を囲んで一緒に夕食を共にする。典型的な一家団欒の食事光景で、一人で食べるのは後ろめたさと暗い孤独感があると思われていた。ところが単独食事の習慣の人は結構多い。それも年々増えているという。日本の話かと思ったら米国も同じらしい。 我が身を振り返ると実は自分もその内の一人だった。東京勤務時代は通勤が片道…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

最低賃金が過去最大の引き上げ

今年度の最低賃金を全国平均で一時間当たり18円引き上げ、798円とするよう厚労省の審議会の答申が出ることになった。最低賃金は、各都道府県ごとに決められていて、引き上げ巾も東京や大阪のAランク都市で19円から、Dランクの16円までとすることになっている。元々、大都市の最低賃金実額と地方都市のそれとは差があり、この格差がまた拡がることになる…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

夏には一番危険な食べ物

梅雨から夏にかけて食欲が落ちるので、口当たりの良い、食べやすい食べ物を求め勝ちだが、そんな中で”夏に食べると極めて危険な食べ物”と題する米国紙の記事が出ている。米国人に対するアドバイスだが、大部分は我々日本人の食卓にお馴染みのものである。 米国では6人に一人が食べ物に起因する病気にかかり、その内12万8千人が入院している。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

京都の料亭

京都で老舗と言われる歴史が長く格式の高い料亭で、独特の客あしらいで有名なのが、「一見(いちげん)さんお断り」である。観光客がブラリと立寄っても受入れてくれない。著名人でも、初めての場合は馴染みの客と一緒に連れて貰わねば入れない。この手の料亭は、馴染みの客から現金で支払って貰うのは失礼にあたるとしてツケが原則なので、身元の判らない客だと支…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ビール離れ

暑い夏に、細かい露が付着した冷えたグラスに入った冷たいビールを飲むのは至福の時である。冬でも、スキー場で喉がカラカラになるまで滑って、リフト小屋横の売店で売っているビールを我慢して旅館に帰り、温泉でスキーの汗を流した後、熱い湯に浸かって新しい汗をかく頃には、喉にヒビが入る思いをする。その時に飲むビールの味は何物にも替え難い。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

食品に異物混入は米国にも

米国で製造された冷凍加工日本食品に、金属片が混入されているのが判り、22トンもの商品が自主回収されたと米紙が伝えている。 日本製ではなく、ロサンゼルスのユニブライト・フーズ社で製造され、米国内のアリゾナ、カリフォルニアなど7州で販売されている「すきやきビーフ」と「しょうがやきポーク」の冷凍加工食品で、イリノイ州のレストランでス…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

理屈より習慣が優先

今年は大晦日から新年にかけて、日本列島は大雪に見舞われると気象庁が注意を呼びかけている。寒い時や積雪のある時に自動車で出かける場合、多くのドライバーはスタートする5分から10分程前にエンジンを暖めるクセがある。実はこれが不必要な行為であると専門家は繰り返し述べている。 一昔前の車の駆動部にはキャブレターを使用していて、エン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

世界で一番インスタント・ラーメンを沢山食べる国

世界で数億の人達を飢餓から救ったと言われる即席麺(インスタントラーメン)は日本が発祥の地である。今や世界中で食されていて、年間一人当たりの消費量のトップは韓国であると、韓国中央日報が報じている(こちら)。 第一位の韓国は一人につき毎年74.1食、第二位がベトナムの60.3食、第三位がインドネシアの57.3食と続く。意外と本家の日本…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コメを食べなくなっている

私が京都からこの滋賀県に転居して早くも17年になる。我が家の裏庭に拡がっていた田圃は、新しい住宅が立ち並んでいる。我が家の裏だけではない。良質の近江米の産地として有名であった、広大な近江平野に拡がっていた田圃が殆ど姿を消したのは、新幹線の車窓からも明らかに判る。 日本人がコメを食べなくなったのも理由の一つであるが、高い相続税を支払…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

左手で箸を使うのを見る違和感

川柳に、”食べている、チャンネル替えても食べている”とか、”リモコンの どれを押しても あぁオイシイ!”とある程、最近のテレビ番組にはグルメ番組が多い。その中で、左手で箸を使っているタレントや女子アナが多いのが目に付いた。 私の小学生時代の友人で左利きがいた。ただ、箸を持ったり、鉛筆で字を書く時は、右手を使うよう物心がつく前か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旅館の宴会メニュー

旅の楽しみは、なんと言っても温泉と夜の豪華な食事である。気の知れた仲間同士の団体なら、その楽しさは倍加する。温泉旅館でのメニューは和食と決まったもので、宴席で自分の座っている前の小さな御膳に、乗せきれないほどのメニューが並んでいると、格別の食欲をそそられるものである。 ところが、普通は料理はそれだけではない。最初に出されたもの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

魚の正しい食べ方

魚を常食する人は、心臓疾患、脳卒中、鬱病、アルツハイマーなどにかかる率が低いとされている。しかし、それも料理の仕方によるとの研究発表が出ている。 魚を多く食べる人は、その他に記憶力や認識力を司る脳の部分の容量が大きいことが判っており、加えてウェスト・ラインを良好に保つという良い事尽くめであるが、それも魚の料理の仕方次第らしい。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワサビは殆どがマガイモノ

「寿司バーで出されるワサビは、殆どが偽造品ですよ」、日本人なら誰もが先刻ご承知の事実だが、米国では殆どが初耳らしい。本物のワサビなんかお目にかかれませんよという啓蒙の記事が、米紙ワシントンポストに出ている(The wasabi sushi restaurants serve is pretty much never actual was…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゴキブリはスタミナ料理

地球に生物が出現した時には、既に地上を這い回っており、人類が滅亡しても生き残ると言われるゴキブリである。人間に直接危害を加える訳でもないのに、長い触角とギラギラ光る羽根、巧みに人の目につかない場所に素早く逃げ込んで捕まらないので嫌われているが、実はお隣中国では、万能の漢方薬でありスタミナ食でもあるとして重宝されているとの見聞録があった。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

犬食文化が衰退気味(韓国)

私の中学校登校区域に、韓国人が集って住んでいる小さな社会があり、その中に同級生もいた。その友人の話では、その社会に食用の犬肉を定期的に売りにくる業者がいて、犬の肉を常食していると言っていた。その社会に住む人の多くが、常に目やにが溜っているのは犬食によるものとの噂があった。 日本人が土用の丑の日に、暑さに負けないよう鰻を食べる風習が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

懲りない中国でまた汚染食材発覚

中国の食品加工業者が、期限切れの鶏肉や腐った手羽先を原料とした加工品を、マグドナルドやKFCに販売していたとして世界を騒がしてから一ヶ月。食品の安全性が常に疑われている中国で、また似たような事件が摘発された。今度は、食用の鶏の足を漂白剤で、白く清潔に見せるよう細工したものである。 国営新華社通信は、殺菌や漂白に使われる過酸化水素に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第三に慣れてビールが苦くなり

時々、このブログページに引用させて貰う毎日新聞朝刊の読者投稿川柳欄に、下記のような句があった。ウロ覚えなので原文と表現の違いがあるかも知れない。 『第三に 慣れて ビールが苦くなり』 ここで言う”第三”とは、勿論第三のビールとか、新ジャンルと呼ばれる「ビールの風味があるアルコール飲料」のことである。 従来のビールの税率…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

田舎饅頭

グラウンドゴルフで一汗流した後、知人の一人が疲れ安めにと饅頭をメンバー達にご馳走してくれた。菓子箱には、桜餅、蓬餅、大福餅、田舎饅頭などが色鮮やかにに詰められている。和菓子、それも餡の入っている餅や饅頭には目が無い私のこと、迷いながらも紅色が目を引く桜餅を選んだ。 干菓子と違って、饅頭は一度に一個食べれば十分である。一寸大きなもの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

一人用サイズのピザが欲しい

我が家の郵便受けに、殆ど毎日のように宅配ピザのチラシが入っている。ポスティングという、各家庭の郵便受けに放り込まれる広告宣伝ビラの一つで、本来は迷惑な投函物であるが、私はピザが好きなので良く見ている。いろんな種類のピザがカラフルで小さな写真でズラリと並んでいるアレである。 私はピザが好きだと言っても、私以外の家族はピザがキライなも…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more