テーマ:ブログ

パソコン2台かけてのブログ投稿

このブログページの更新も、いままでのようにサクサクと作成投稿という訳には行かない。パソコンがネットに繋がらないので新品購入したPCが、1週間の悪戦苦闘の末に何とかネットに繋がったものの、Windows10のため従来のOSのように、セットアップ完了しても全て稼働可能状態にはならない。 まずワード・エクセルのようなオフィスソフトが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブログのメインテナンス日決定

この梓川河童のブログページは、インターネット・プロバイダーであるビッグローブ社のサービス(ウェブリブログ)を利用している。ブログを始めた時はKDDI社を利用していたが、同社がサービスを停止し、引っ越し先数社の案内の中から選んだもので、乗り換えて丁度5年になる。かねて大規模なメインテナンスを行うとの予告があったが、いよいよ実施日が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

延期!命が延びた

このブログの運営企業が来週に大幅メインテナンスとリニューアルを行う予定を受け、この梓川河童のページも場合によっては存続可否に関わる問題と覚悟していたが、本日次のようなメール連絡を受けた。 去る5月14日に、ウェブリブログの大規模メンテナンスとリニューアルを「6月4日」に実施する旨をお知らせしましたが、諸般の事情により実施日を変…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

我がブログ継続に黄信号

ブログ運営会社より気になる案内が入った。 日頃よりウェブリブログをご利用いただき、ありがとうございます。 ウェブリブログは2004年3月のサービスの開始以来、少しずつ機能強化を加えながらサービスのご提供を続けてまいりました。しかしながら、システムが老朽化しておりこのままではサービスの維持が難しいため、来る6月4日(火…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブログ更新は生存証明

昨年末までは、この“梓川河童のページ”は殆ど毎日更新していたが、今年に入って休みがちになっている。毎日が休日の年金生活者で生活のリズムには変化はないのでブログ更新のペースは続けられる筈だが途絶えがちの理由は何か。 ブログ投稿をサボリ気味なのは、寒くなってそれまでは日課になかった“昼寝”が入り込んで来たためである。昼寝は精々…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

短くて如何に意を尽くすか

昔、ある知人の結婚披露宴で冒頭に媒酌人が新郎新婦の紹介に30分かけた。続く新郎側の来賓挨拶も負けじと同じく30分喋りまくり、この二人だけで一時間を費消した。たまりかねた司会者は、続く新婦側来賓を指名する際、「数語で新婦の美点を紹介するお言葉を・・」の依頼に応え、来賓は見事に1分以内で達意の挨拶をやり遂げ喝采を浴びた。 我が国には、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

郷土名物のバージョンアップ?

毎々拝見している名古屋近辺のブロッガーの方の、「紅白の赤福」と題する記事を拝見した。伊勢の老舗「赤福」が、従来の赤いこし餡でお馴染みの赤福餅に加え、白い餡を使った赤福餅を製造販売し、紅白ペアとして売り出すという(こちら)。 赤福餅は一時、売れ残り品の使い回しや賞味期間改竄問題で社会を賑わせたが、全国に販売され人気のある伊勢の名物土…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

他にも灯台があったらしい

今年年頭のこのブログページで、友人が送ってくれた熊野灘の初日の出の写真を冒頭に掲げ、旭日を浴びて建つ灯台を、大王崎灯台と書いたところ、ご本人から「あれは波切の灯台で、大王崎の灯台ではない」と連絡があった。“波切”とは、この辺りの地名である。 彼のマンションは、大王崎灯台から北方向の絶壁の上にあり、灯台からも良く見えたので、写真と同…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「保育園落ちた、日本死ね」の説得力

「保育園落ちた日本死ね」の匿名ブログが、待機児童を持たない国会や地方議会の議員により無責任と見られる対応をされて、実際に同じ境遇にある父兄の反発を買い、大きな社会問題となった。保育園児を持つ年代をとっくの昔に過ごしてしまった私であるが、問題の「何なんだよ日本」で始まる匿名ブログを読んで見た(こちら)。 短いぶっきらぼうな文…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三月は何かと気忙しい

「三月に入って今年も残り295日か」、「そうですね、何かと気忙しいですね」と掛け合う漫才がある。気忙しいと言えば師走の代名詞だが、三月も私にとっては、今も昔も結構忙しい。 現役時代は、営業部に属していたので、三月は売上予算達成の最終月で、殆ど毎日が残業の連続であった。生産部門や経理部も同様であるが、技術部や総務・人事などの管理…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

660字の制約

元々、この梓川河童のブログページは、だらだらと長いので友人・知人から苦情を買っていた。字数を制限するために、新聞の「天声人語」や「余録」の660字を目標とすることにした。 昨年8月以降、今日に至るも660字をこのブログページの字数制限としている。元来、書き殴りの傾向にあった駄文が短くなり、友人より「キーボードを叩く時間も短…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

またまた携帯に詐欺メール

カミサンの携帯電話に次のようなメールが入って来た。電子商取引などやったことなく、ましてやECContents なる相手は知らないのに、どうして正しいメールアドレスを入手したのかと気味悪がっている。 最 終 通 告 書 電子商取引端末設定アドレス [カミサンのメールアドレス]殿へ通知 電子商取引による利用履歴に基づき、貴殿…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

『あんたの文章は難しい』

概して長ったらしいこの「梓川河童のページ」を短くする動機となった市老人会連合会の会報が配布された。500字以内にまとめた原稿を依頼された背景は、8月初めにこのブログページで紹介した。この会報は、各地区老人会の動きを紹介するだけの無味乾燥な記事が多いので、今まで私は殆ど読んでいなかったのである。 それでも丹念に読んでいる人が多いらし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

500字ブログから10日

500字に制限された老人会会報への投稿を機会に、従来の長ったらしいこのブログページを500字に収めるよう自分で制約をかけてから10日が過ぎた。毎日が原稿の削除作業の連続で結果的には文脈がなく意が尽くせない投稿であった。 この間、原爆の京都標的問題や安倍談話など、この字数では到底収め切れないテーマがあり、結果的にはブログのタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

制限内に収めることの難しさ

町内の老人会の会長がやって来て、言い難そうに頼み込んで来た。市の老人会で発行している機関紙に記事投稿の順番が廻って来たが、我が町内には昔からモノを書くという習性がない。手紙なんか書かないものだから、今でも町内に郵便ポストがないのに誰も苦情を言わない。 それではと二つ返事で引き受けた。自由題で文字数は450~500文字以内の条件がつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「梓川河童のページ」再開します。

私の長い人生の中で、身体に七転八倒の激痛を覚えたのが1983年の腎臓結石の時と今回の椎間板ヘルニア・坐骨神経痛同時発症だった。人体にこれ程の痛みが発生するものだと知って絶望的になったものである。 去る4月15日未明、腰の左側から左脚の踝にかけて、引き吊るような痺れと痛みに目を醒まされた。起きようとしても左脚の痛みで起き上がれない。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

パソコンに残る故人の足跡

私が会社でパソコンに接したのは結構早く、それまでワープロで文書作成していたのが、MS-DOSで稼動するパソコンが登場した時から、直ぐにパソコンに乗り換えた。勿論、まだ各自に一台と言う訳には行かず、課に二台のパソコンを共用で使っていたのである。起動するのに、フロッピー・ディスク三枚を入れ替える手間はあったが、マルチ・プランとかマルチ・ファ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

良くある質問、『ブログで多くの人に見て貰うには...』

ブログ関係のサイトの”良くある質問(FAQ)”で、『最も良く見られる確率の高いブログはどこか』とか、『より多くの人に見て貰いたいが、どうすれば良いか』と言う質問が、それこそ良くある。自分の考え、意見を多くの人に聞いて貰いたいのなら、ブログよりも新聞の読者の広場のような投稿欄に投書する方が余程読者が多く、効率も良い。 ブログは、時間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

不充分なブログサイトのマニュアル

あるブログサイトで、初めてブログを開設した。そのサイトの開設ガイダンスに従って、「次へ」、「次へ」と辿って行くと、意外と簡単に記事投稿まで漕ぎ付けることが出来る。その内に、カテゴリーを変更したい、デザイン・プレートを変更したい、自分のオリジナルの画像をタイトルに入れたい、BGMを付けたいと、次第にこちらも欲が出て来る。 マイクロソ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more